すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:くぼまえ お題:僕が愛した表情 必須要素: 制限時間:4時間 読者:32 人 文字数:10631字
気恥ずかしい話になる。とても恥ずかしい話だ。それは私が幼かった頃のこと、近所にお絹さんという若いお姉さんがいた。若いとは言っても当時の二十八じゃ、行き遅れと言わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:裏切りの部屋 必須要素: 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:442字
「昆虫は、苦手なの」 愛らしい彼女はか細い声でそう言った。僕は驚きもせず喜びもせず、ただただ頷いた。無機質な動きだと思った。そうか、僕は、死んでいるのか。 辺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:急な内側 必須要素: 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:389字
暗い。というよりも漆黒、光のない世界。白く細い糸を束ねた繭のようなものにていねいに包まれ、さらにその上を金色のぺらぺらした紙のような膜で包まれて、空間に男は浮か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
独白 ※未完
作者:あきた お題:最後の悪 必須要素: 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:732字
ヒーローには様々なコンセプトがある。人類の未来のため、愛する人を守るため、己の価値を示すため、悪への復讐のためなど様々。同様に、その存在を示すために様々な生き物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ドイツ式の伝説 必須要素: 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:893字
「急にドイツ式とか言われても・・・」困る。とても困るという話だ。もしもこれが即興さんの一発目、しょっぱな。最初にチャレンジした際に出てきたら嫌になってもう2度と 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:闇の吐息 必須要素: 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:390字
「ジジッ、ジジイィィィィィ」雷に打たれ、セミが断末魔をあげる。だろうなぁ。電柱に張り付いてたら。俺は安堵のため息を漏らす。うるさかったからなぁ。闇の中、俺は吐息 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:破天荒なダンス 必須要素: 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:794字
蝉の鳴き声、田んぼを突き抜ける道路、そこから立ち上る陽炎。ここが側面を木々で囲まれている神社の石段であり、葉っぱが作り出す影によって多少癒されているといったとこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:書店員 お題:愛の耳 必須要素: 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:912字
カーテンの隙間を眺めると街灯の明かりが薄っすらと見える。隙間に人影が映ったら、こちらを覗く目と目が合ったら、など考えると怖くてそっと目を閉じる。 私は眠る前に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:神崎ひなた お題:子供のパラダイス 必須要素: 制限時間:2時間 読者:56 人 文字数:4972字
その当時、田舎っていうのは大人の知らない子供だけの遊び場が必ずあるものだった。もっとも俺に、一緒に遊んでくれるような友達なんていなかった。だから、俺は一人だけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:群馬の彼女 必須要素: 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:1536字
「うがんば、でこ、ばばば」目の前の男から急に話しかけられた我々撮影隊は恐怖していた…!男の服装は腰みのに動物の頭蓋骨を加工した首飾り、そしてその右手には黒曜石の 〈続きを読む〉