すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:ぱるりんな。 お題:冷たい信仰 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:575字
「雪が降り始めたわ」薄暗い部屋に差し込む光を背に、その人物はやけに大きく見えた。一歩ずつ彼女が部屋に入ってくるに連れて影は広がり、光は細く薄暗くなっていく。起き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:素朴な娼婦 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:703字
(#75) あいことばを知らなければ相手にしてもらえない。 そんな噂が巷に流れているものの、性的な興味が芽生えていない私にとっては馬の耳に念仏だった。 大きな川 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:消えた天才 必須要素:若者使用不可 制限時間:1時間 読者:81 人 文字数:2534字 評価:2人
ある分野に秀た才能を発揮する人の事を天才と称することがある。人とは違う目線をもって最短距離、あるいは最長距離を恐るべきスピードで疾走する人の事を天才と称すること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:消えた天才 必須要素:若者使用不可 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:1407字 評価:0人
消えた天才中学の時、僕には一人、気になっている人物がいたその名は「鈴木太郎」彼は廊下に張り出されている成績表で常に1番を取っていたなんで1番なんだ、どこにでもい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
HERO✖ ※未完
作者:かぜの お題:消えた天才 必須要素:若者使用不可 制限時間:1時間 読者:54 人 文字数:651字 評価:0人
記憶というのは次第に薄れゆくものだ。 けれども、まだ幼かった僕にあの人がかけてくれた言葉だけは今もまだしっかりと記憶に残っている。あの人は言ってくれたんだ。「 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にい お題:消えた天才 必須要素:若者使用不可 制限時間:1時間 読者:42 人 文字数:2881字 評価:1人
瓦礫の山。事情を知らぬ者ならそう評するだろう。木材や鉄材、それに膨大な量の紙切れ。型落ちのコンピュータのなかに収まりきらなかったデータはすべて、紙に記された文 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:消えた天才 必須要素:若者使用不可 制限時間:1時間 読者:53 人 文字数:3143字 評価:0人
『天才』が消えた。もうどこにもいなくなっていた。あのふよふよと浮かんでいた光は五年三組のどこを探しても見当たらず、永久に消えてしまった。「誰だよ」一番最初にこの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:katakusu1714 お題:消えた天才 必須要素:若者使用不可 制限時間:1時間 読者:40 人 文字数:1990字 評価:1人
難しい試験だけの方が、課題をたくさん出される方がマシだ。梅雨明けしてまもない7月に、残ったオートマトンのレポートを書きながら風間は思った。これだけのソースコー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:消えた天才 必須要素:若者使用不可 制限時間:1時間 読者:49 人 文字数:3605字 評価:0人
「彼を探してほしいの」 そう依頼してきたのは、うちの大学で講師をしている青野という女性だった。青野はスマートフォンの画面に表示した「彼」の写真を見せた。「彼は赤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小栗ジョン お題:頭の中の小説練習 必須要素:若者使用不可 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:1023字
ピンポーンとチャイムが鳴った。 うーん、今いいとこなのになぁ…と思いながら腰をあげる。「はいー」「宅配でーす」 メガネのおじさんが荷物を持って待っていた。これ 〈続きを読む〉