すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:youro お題:肌寒い挫折 必須要素:若者使用不可 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:2027字
鍵盤にそっと指を置き、軽く押してその感触を確かめる。ピアノに触れたのはもう何年ぶりだろう。子供のころには幾つかコンクールで賞を取ったこともあった。暗闇の中、自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:ロシア式のラーメン 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:466字
「夜、辺りが薄暗くなると、寒さと共に心細さが強くなる。だからか、小屋を見つけた時は泣きだしそうになったよ」観光に来ていた吹田は暖かなスープをすすりながら、遭難時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:息子 お題:ロシア式のラーメン 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:693字
全世界ラーメン職人コンテスト決勝戦。数多のラーメン職人が戦い、汗と涙と出汁を流した戦いの頂点を決める場には、二人の男が相対していた。一人は日本代表。雪雪軒の主人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:宗教上の理由で小説上達法 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:454字
真夜中、ガードマンをやっている。銀行とコンビニといくつかのオフィスとスポーツジムが入った複合ビルだ。オーナー会社に非正規で雇われているので、しかるべき待遇なのは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:日本式の失敗 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:361字
お互い還暦はとうの昔に迎え、妻にも先立たれた。胸に秘めたる思いは、もう秘める必要もない時代になったのだという。今後もこの思いを仕舞ったまま生を終えるか、あるい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:宗教上の理由で霧雨 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:618字
祭壇のその上に十数人の年老いた男女がひざまずいていた。さらに上の段、一人のおばあさんが手に白い笹みたいなものを持った。それを振りながら、大きな声で言った。「我 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぱるりんな。 お題:冷たい信仰 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:575字
「雪が降り始めたわ」薄暗い部屋に差し込む光を背に、その人物はやけに大きく見えた。一歩ずつ彼女が部屋に入ってくるに連れて影は広がり、光は細く薄暗くなっていく。起き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:素朴な娼婦 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:703字
(#75) あいことばを知らなければ相手にしてもらえない。 そんな噂が巷に流れているものの、性的な興味が芽生えていない私にとっては馬の耳に念仏だった。 大きな川 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:消えた天才 必須要素:若者使用不可 制限時間:1時間 読者:107 人 文字数:2534字 評価:2人
ある分野に秀た才能を発揮する人の事を天才と称することがある。人とは違う目線をもって最短距離、あるいは最長距離を恐るべきスピードで疾走する人の事を天才と称すること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:消えた天才 必須要素:若者使用不可 制限時間:1時間 読者:61 人 文字数:1407字 評価:0人
消えた天才中学の時、僕には一人、気になっている人物がいたその名は「鈴木太郎」彼は廊下に張り出されている成績表で常に1番を取っていたなんで1番なんだ、どこにでもい 〈続きを読む〉