すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:宗教上の理由で口 必須要素:純文学 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:984字
暇だった。とにかく暇で、暇でしかたがなかった。 私は大学の食堂で、一冊の文庫本を片手に窓の外を眺めていた。空きコマ、という響きに憧れて、作ってみたはいいものの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:隻蘭 お題:誰かは部屋 必須要素:純文学 制限時間:1時間 読者:35 人 文字数:1017字
三ヶ月ぶりの医者。三年も経てば切り落とすことになり失ってしまった足にも慣れるというもので。三ヶ月ごとの定期検診も今ではこうして一人で出かけることができるように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:忘れたい壁 必須要素:純文学 制限時間:30分 読者:79 人 文字数:1023字
本は嫌いじゃあ無いのだ。それは本当だ。自慢じゃないが、小学2年の頃、学級文庫にあったホームズシリーズを全部読破した事だってある。そもそも、何もないなら辞書だろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:小説の中の土 必須要素:純文学 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:948字
別になんでもよかった。この本は図書館のリサイクル本の場所に置かれていて、それをなんとなく持ち帰って放置していたのだろう。 自分が絶対に読まないような本。純文学 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:静かな食器 必須要素:純文学 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:930字
実家には食器がたくさんある。食器棚も結構ある。自身、子供のころは、変化を求めて毎日違うコップを使ったり、カレーの度に違う皿を使ったりして、つまらない平坦だと思っ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:箱の中の百合 必須要素:純文学 制限時間:1時間 読者:43 人 文字数:951字
甘栗色の髪も、真っ白で透き通るような肌も、淡い桃色の唇も。貴女の全てが愛おしい。ずっとずっと触れていたい。貴女を私だけのものにしたい。どこにも行って欲しくない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:僕の宇宙 必須要素:純文学 制限時間:1時間 読者:78 人 文字数:2785字 評価:1人
昨今では宇宙葬が人気である。宇宙葬というのはつまり、宇宙にポイという事だ。死んだ人間を棺に入れてそのまま土中に埋めるのではなく、燃え盛る業火の中に入れて骨にする 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:僕の宇宙 必須要素:純文学 制限時間:1時間 読者:104 人 文字数:1437字 評価:2人
別に信じてくれなくて構わないが、私はかつて、私だけの宇宙を持っていた。まだほんの5つか6つの頃だ。 それは限定的な方法でのみ観測できた。つまり、夜空を見上げる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:僕の宇宙 必須要素:純文学 制限時間:1時間 読者:95 人 文字数:3242字 評価:1人
僕は宇宙をまたにかける凄いヒーローで、手にした銃はすごい威力で、この公園は僕のものだった。「だから出てけ!」白いお城とお花畑となんか美形の奴がいるような『領域』 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:僕の宇宙 必須要素:純文学 制限時間:1時間 読者:94 人 文字数:2790字 評価:2人
人を指さしてはいけません、とお母さんには教わったものだけど、相手が人でないならその限りではない。対象をこれとわかりやすく示すためにはいい方法でもある。「あっち 〈続きを読む〉