すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:西瓜くん お題:俺と出会い 必須要素:眼球 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:573字
目を閉じたら蘇る思い出。 走馬灯のように移り変わる思い出は明瞭。 まず出会った時の思い出。 その時の僕を色で表すならそれは赤。 花火のように突然打ち上がった僕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:塩辛兵八郎@エブリスタ? お題:素晴らしい狸 必須要素:眼球 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:752字
『よく見ていなさい。』まるで雲一つないような笑顔見せながら、教授は、実験対象である山道くんを見ながら私に言った。『本当にやるんですか?そんなことをして、社会に、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:限界を超えた村 必須要素:眼球 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:534字
おはよう、山口さん。おはよう、田中のボン。村民の朝は早い。皆、仕事や家事に大忙しだ。なにぶん、物も足りなく店も少ない集落で、自分たちでなんとかしないといけない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⭕ランド お題:夏の熱帯魚 必須要素:眼球 制限時間:4時間 読者:63 人 文字数:2540字
春先、高齢のため施設に行くことになったという客から、貰ってくれないかと言われ譲り受けた熱帯魚がいる。色鮮やかで、優雅で、正しく飼えばかなりの年月を生きると聞いた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:めっちゃ尿 必須要素:眼球 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:798字
(#14) 私はある診療所に通院している。 それまでに何百もの他の病院に行き、症状を訴え、治療を懇願してきたのだが、どの医療機関も同じように「治す手立てはありま 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:2つのホテル 必須要素:眼球 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:533字
そのホテルは街外れにあった。この街にはホテルは二つしかない。一方はラブホテル。もう一方はビジネスホテルである。これは古びたラブホテルの話だ。いつ頃建てられたのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今年の道 必須要素:眼球 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:636字
「今年の目標は目を飛び出して驚くようになることにしようかと思うんだけどどう思う?」「馬鹿か」「失礼な! 僕のこの崇高な目標の何が不満だって言うのさ!」「どこが崇 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:六華創作工房@アンソロ原稿優先中 お題:彼女の強奪 必須要素:眼球 制限時間:15分 読者:104 人 文字数:592字
「ああきれいな目だ。これぞ私のコレクションにふさわしい」今日私を買ったご主人さまは私の頬を撫でそう言った。私はこのままご主人の操り人形になってしまうのだろう。虚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:スポーツの別れ 必須要素:眼球 制限時間:30分 読者:74 人 文字数:1921字
「ここまで来れたのは、みんなの支えがあったからです」俺はこの言葉が大っ嫌いだった。前回のバドミントン、オリンピックの代表に選ばれ、意気込みを、と聞かれた時も決し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夜の旅行 ※未完
作者:有無 紅@エビフライ巻き お題:夜の旅行 必須要素:眼球 制限時間:15分 読者:110 人 文字数:795字
今日は久しぶりの旅行だ。それも深夜バスでの旅。昔、ローカル番組を見ていて、自分もやってみたいと思っていた。はたして私はそれに耐えられるのだろうか? とはいえ、 〈続きを読む〉