すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:ていらー お題:悲観的な怒り 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:386字
「おかしい。白トリュフとは要するにキノコだ!菌糸類だ!」「作用にございます。」「それではなぜ、なぜ私は雑菌の仲間である此奴らを食して先程『美味である』などと言っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:安全な警察官 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:653字
食材を探すために山に入ったものの、自分は他の奴よりも入山時期が遅かったために、焦っていた。「こんなにすぐに冬が来るなんて思ってもみまかった」こんな風に噛んでしま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:思い出のお嬢様 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:878字
思い出せない思い出がある。 思い出せないというのに思い出、というのはおかしな話であるかもしれないが、しかし間違いなくあるのだ。 幼いころ、まだ家族がみな揃って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:誰かと動機 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1012字
「動機は」と俺は訊いた。目の前の猫に。机の上に行儀よく座ったソイツは顔を横へと背けながら、「いや、ね。旦那、考えてみてくださいよ――」言い訳めいた言葉を早口で喋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂((・x・))⊃ お題:ありきたりなライオン 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:677字
彼は白トリュフしか食べることができなかった。 白トリュフはたいへんに貴重だ。むかし、おおよそ千年ほど昔は、珍しくはあっても貴重ではあっても、手に入らないという 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:海の庵 お題:シンプルな小説トレーニング 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:259字
―小説を書きたいのなら、まずは書きなさい。と先生は田中太郎に言った。しかし、田中には小説の書き方なぞ知らなかった。田中は先生と呼ぶ者に方法を知らないものを書ける 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てんてん お題:シンプルな小説トレーニング 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:542字
白トリュフはかわいい。ごつごつしていて愛らしい。 そっと、やさしく白トリュフに口づけをして、暴力的な香りに酔いしれる。最高ですね。 学校の宿題、今回はなんとも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:前島香佐 お題:哀れな黒板 必須要素:白トリュフ 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:836字
本日のメニューを変更すると連絡があったのは開店から3時間前だった。オーナーの思い付きはよくあることだったが、今日の今日という変更は珍しい。 更に言うならばほん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
びびる。 ※未完
作者:あきた お題:臆病な姉妹 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:690字
「ちょっと! 本当に大丈夫なの?」 美樹は目元を青くしながら正面の席に座る妹・真樹にすがるように言葉を投げた。「わからないよ、私だってこんなに高そうな料理が出て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:見憶えのある闇 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:675字
楽に見えてもそんなに実は困ってないよね。えっ?全然よくわからないんだけど 白トリュフかけ放題30分¥2000 2名様~白トリュフって食べ放題で食べて美味しいもの 〈続きを読む〉