すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:嘘の第三極 必須要素:爆弾 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:405字
皆さんは嘘の第三極という集団を知っているだろうか。まあ、三銃士と一緒だと思ってくれればいい。人数は3人、爆弾使いの春雨(しゅんう)スナイパーの春(あずま)サム 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:ロシア式の伝承 必須要素:時限爆弾 制限時間:1時間 読者:36 人 文字数:888字
「腹の子は母を○すぞ」青年は言った。お前は誰だ。「俺はアルだ。お前の子供はお前の妻を○すがそれでいいのか。」いいかって良いわけないだろう。なぜそんなことが分かる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槇名有 お題:寒いガール 必須要素:時限爆弾 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:317字
それはとてもとても寒い夜のこと。売り物のマッチを自分で使い果たしてしまった少女の元に、青いくまのぬいぐるみが現れた。「ヘイ、ガール、寒さに震える可憐なガール、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恥ずかしい映画 必須要素:爆弾 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:679字
俺に『ザ・ロード ファイナル』の話はしないでくれ。恥ずかしさで去にたくなる。あの頃の俺は若かった。さしてカッコよくないのに、髪もボサボサのほうがいい、ヒゲはでき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黒尽くめの感覚 必須要素:爆弾 制限時間:1時間 読者:35 人 文字数:1262字
“ソレ”は唐突にやってきた。いつも感じているその感覚が、すっかりと無くなってしまったのだ。この感覚がないのはいつぶりだろうか。そんな事を考えながら部屋を出て、廊 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:24601 お題:幼い悪意 必須要素:時限爆弾 制限時間:1時間 読者:45 人 文字数:851字
弟がクラスメイトを突き飛ばし泣かせた、という報せを受けて、母が小学校へ飛んでいった。私はただただ風邪を引いて高校を休んで家で寝ていたから、ケイトが母に連れられ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しの お題:愛と死の秋雨 必須要素:時限爆弾 制限時間:1時間 読者:51 人 文字数:332字
いつのまにかサァッッッと降ったいい感じの秋雨が私の体の火照りを沈めた。肌には薄手のシャツが張り付いて、火照りが治ったかと思ったら次は湿り気を帯びており、くちゅ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:緩やかな恨み 必須要素:爆弾 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:754字
なぜそこまで恨むのかとあのとき誰かに聞かれれば「分からない」と答えてしまうくらい、僕が奴に抱いた恨みは緩やかで出所が不明なものだった。 きっかけくらいはあるだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:生きている団欒 必須要素:爆弾 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:803字
家々に団欒がいる。団欒というのは、家族で集まってテレビなどを見ながら楽し気に食事をすることだと思われがちだが、実はそれは正しくない。正しくないという事もないんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:高貴な夫 必須要素:時限爆弾 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:529字
私の夫は、常々「高貴であること」を問い続けていた。時に王公のように振る舞い、時に高徳の僧を真似て、あるいは深遠な智恵を持つ賢者のような言動をとった。 彼はしか 〈続きを読む〉