すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:彼が愛した計算 必須要素:沖縄 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1503字
彼は空を眺めていた。雲一つない青。そこからゆっくりと視点を落とし続ける。空の青が太陽光と混ざり合い少しずつ白くなる。白の切れ目からエメラルドグリーンが姿を表す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:蓋然性のある女の子 必須要素:沖縄 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:368字
深夜だらだら検索していたら、ひとつの動画に目が留まった。まだ幼く見える女の子が写っていた。自分の部屋から中継録画したものらしい。肩越しに見える室内は、脱ぎ捨てた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:西瓜くん お題:あいつのヒロイン 必須要素:沖縄 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:748字
今僕は沖縄にいる。 沖縄。 それは九州から海をまたいだところにある列島だ。 正確には日本。 だが、昔は別の国だったからか日本とは別の国のように思える。 本土と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:墨鴉 お題:日本不動産 必須要素:沖縄 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:904字
沖縄にある不動産屋。そこの二階は生活空間として使われていた。そこの中学二年生になる息子が、途方に暮れていた。ふざけてトイレの詰まりを解消する棒を肛門に挿れたら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:めんこ お題:夜のゲーム 必須要素:沖縄 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:536字
海の色は青ではなく透明だ。ここの地区で生まれ育った人々の認識である。それほどまでにS郎の家先にある海は美しかった。「なあ、あの海にまつわる話を知ってるか? 」彼 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:可愛いセリフ 必須要素:沖縄 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:838字
「三寒四温ってなんか言葉のリズムだけ見るとかわいらしい」という様な事を考えていると、だんだんと脳内で三寒四温が擬人化されてきて参った。「まって!待ってストップ! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:残念な屍 必須要素:沖縄 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:1350字
「幽霊っていると思う?」使い回されて擦り切れまくったその質問に思わず笑ってしまう。「ちょっと、笑わないでよ」「ごめんごめん。……幽霊、ね。どうだろう。」幽霊、妖 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:残念な屍 必須要素:沖縄 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:804字
目が覚めたら砂浜の上で、目の前にはバケモノがいた。 そいつはアザラシのような見た目で、ヒレがない代わりに人間と同じような手が四本ついていた。腹ばいになりながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:酒井P@低浮上 お題:可愛い愛 必須要素:沖縄 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:737字
「センパイって本当にお馬鹿ですよね」「ど、どうしてそんな事をいうのさ。チエリ」「いや、冬に彼女の水着が見たいからって、沖縄に行くなんて馬鹿としか形容できないじゃ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:シュアルacua お題:誰かの消費者金融 必須要素:沖縄 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:27字
とある沖縄の町・・・一人の男がそこで誰かと喋っていた 〈続きを読む〉