すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:10の電話 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:310字
アルファベースからの着信だ「10の電話の指令を君に預けよう」これは、私が反乱分子としてスパイ活動をしていた頃の話。この僅か10回の電話が世界を変えた。「新世界創 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ウルス(文芸部アカ) お題:何かの弁護士 必須要素:書類 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1004字
「これが浮気の証拠よ!」 事務所にやってきたその女性は応接室のデスクに茶封筒を叩きつけた。「奥さん、まあ落ち着いて、証拠になり得るかどうかは我々が判断しますから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:彼女の病気 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1054字
僕の彼女は、活字症候群だ。そういう病気が実際あるのかどうかは知らない。申告制のたぐいなのかもしれない。高所恐怖症みたいな感じで。「私活字症候群です。病気です」彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:闇のピアニスト 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:594字
―「パチパチ」―今の今まで静まり返っていた音楽ホールが拍手で包まれた。これであのときの夢がかなったのか…そう思うと涙が込み上げてきた。 そうあのときぼくのもとに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:苦しみの火 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:415字
「ここにサインを」半透明の今にも破れそうな頼りない紙が、ウッディなテーブルに張り付いている。目を泳がせながら、うるさい店だなあとオレは思う。ナチュラルおしゃれイ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:私の本 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1167字
本は好きなんだけども、どうしても置き場所が限られてくる。「多い。地震の時死ぬかもしれない」部屋の一角を陣取る本の山。それを見ながらそう思った。そのため遅ればせな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:殺された能力者 必須要素:書類 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:302字
「今日の書類は、これか。」「はい、殺人事件の可能性が高いですね。」俺もそう思った。だがしかし、遺体の姿が直視できない程ぐちゃぐちゃに刺されていた。一言で言うとグ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:走るドロドロ 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:1092字
夜中まで、会社で書類の整理をしていた。一応言っておくけどもブラックという事ではない。自分の勤めている会社がブラックという事はない。残業代も出るし。空調もフロア全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:24601 お題:許されざる夏休み 必須要素:書類 制限時間:1時間 読者:64 人 文字数:1019字
久しぶりに浩二と会った。春の終わりに会うのをやめて、そろそろ夏も終わろうとしていた。本当は会いたくなんかなかった。とても身勝手なのは承知の上だけれど、苦しいの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Aという友人 ※未完
作者:つくのきひめ@再開します お題:僕の好きな友人 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:981字
その人物は名前をAと言った。Aはいつも古びた一冊の本を手にし、決まってブラックコーヒーを飲んでいた。例えばそれが幕の内弁当のような和風の食事だったとしても彼は決 〈続きを読む〉