すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:少女の潮風 必須要素:映画 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:1172字
栗色の長い髪を揺らしながら、彼女は歩く。まるで海辺の乾いた空と白壁の街を吹き抜ける風たちがそこに在るかのような空気感は、この監督の作品ならではだ。 楽しんでく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:意外な平和 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:401字
なぁなぁと、放課後僕はただ一人の親友に声かけた。そいつは振り返ってどうしたと聞いてきた。「明日さ、映画見に行かない?」彼は頷いた。「いいけど、どんなやつ見に行く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
if
作者: お題:意外な平和 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:308字
多様な環境下であっても、ついての事象はある一定の尺度で決められたルールをもとに大凡似かり寄ったりな結果になって終着する。声をあげることや手を出すことにある程度の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:やわらかいホテル 必須要素:映画 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:875字
今日は待ちに待った「あの日」だ!この日のために生きていると言っても過言ではない!スキップをしながら鼻歌交じりに繁華街を通り、道行く人に奇異の目で見られる。ははは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
社会人1年生 ※未完
作者:鯖村 お題:うわ・・・私の年収、床 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:279字
毎日電車に揺られ、会社と家を往復する生活が始まって1年がたとうとしていた。入社前は「1年で結果を出す!」とか、「周りの同期は能力が低い」とか思っていたが、数ヶ月 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:重い負傷 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:89字
ある日、俺は、重い怪我をした。入院中、俺はふと思った。(映画みたいな…)そう思った俺は、そう思った俺は、ne◯flexで斉木楠雄の災難をみた。なんとも面白いこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:殺された儀式 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:510字
死んだ?ハッと気づいて、ぼくは胸に手を当てる。汗とどすぐろい血でビショシヨになっているシャツ。そうか、ぼくはー。ぼくは、殺されたんだ。・・・・・いや、ちがう。殺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:阿修羅平和 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:785字
酸性雨の酷い日に雨宿りをしている時に、野生のケルベロスの子どもを拾った。 大きな怪我はしていなかったが、それでもお腹を空かせていた。俺を見て即座に食いかかって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:東京狂気 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:739字
私はテレビっ子である。特にドラマやミステリーなどの、人間模様が描かれる作品が大好きだ。その中では当たり前のように主人公に仲間がいて、恋人がいて、難題に立ち向かう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:運命のおっさん 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:885字
その人は私の横にどっかりと座った直後、いきなりポップコーンを足元にぶちまけた。ちょうど映画は佳境に差し掛かっているところだった。主人公の妹を殺した犯人が見つかり 〈続きを読む〉