すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は手 必須要素:扇風機 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:642字
夏のワンルームほど地獄な環境はないだろう。「もーーー!すごく暑い!暑すぎ!」僕の入れた麦茶に一口も口を付けずに、彼女は言った。せっかく氷詰め込んだのに、とか飲ん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:恋の霧 必須要素:扇風機 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:820字
その霧を吸い込んだものは、次に見たものに恋すると言う。「信じてんの? その胡散臭い話」「いやぁ、......あんまり」綺麗なガラス瓶の中には奇妙な渦が巻いている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:走るマンション 必須要素:扇風機 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:445字
暑い。熱い。寝苦しい。まだ5月半ばだというのに、暑さのあまりちっとも寝つけそうにない。久しぶりにつけた扇風機は壊れているようで動かない。修理するにしても買い換 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:意外!それは悪意 必須要素:扇風機 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:826字
真夏の室内に風を送る扇風機は、いくら風量を強くしてもうだるような熱気を解消してはくれない。そんなことを感じて、彼はうんざりした気持ちで畳に足を投げ出した。汗で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:僕とオチ 必須要素:扇風機 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:1237字
「あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」 扇風機があった。だから回して、あーっと扇風機に向けて声を出した。それだけ。「 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:せつない小説新人賞 必須要素:扇風機 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:936字
即興さんのページの上の方の広告に、新人賞、作品募集、みたいなバナーが出ており、自分とは縁遠いものだからとは思いつつも見てみた。浅ましいとは思ったが、その浅ましい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:2つのピアノ 必須要素:扇風機 制限時間:2時間 読者:32 人 文字数:830字
あなたは今、故郷の、昔よく通った寺院の近くを歩いている。近くには住宅街、ポロン、ポロンとセミに交じって聞こえるのは、これはピアノの音だろうか。日差しがあなたを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:やわらかい復讐 必須要素:扇風機 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:690字
(#111) 外気温が三十度を超えている。 蝉の声がうるさい。ただでさえ暑さにやられているというのに、あの騒音は堪えがたい。 畳に寝転がっている俺は、自分自身か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:宿命の病気 必須要素:扇風機 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:377字
「ブウウウーン」扇風機の音がする。今、病院で寝たきりなのも、すべて病気のせいだ。「宿命の病気」こいつのせいで...医師からは「長く持って....2週間でしょう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:saori@アルパカ雑貨どっとこむ お題:8月のホテル 必須要素:扇風機 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:609字
じわじわと流れる汗、べたつく肌、モワッとした空気、そしてそれを吹き飛ばすような青い空。青は寒冷色じゃないのか…なんでこんなに暑いんだ…床に四肢を投げ出し溜まる汗 〈続きを読む〉