すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:2つの殺人犯 必須要素:恋愛 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:517字
僕は10歳のころ、母親に捨てられそうになり、捨てられるくらいならと殺した。事故と判断される状況にして。そして20歳のころ、彼女に振られ、振られるくらいならと殺し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:帝王のこだわり 必須要素:恋愛 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1101字
帝王は自分の妃を選ぶことになった。100人の候補から1人選ぶことになったのだが・・・・「おい、どれも顔同じじゃないか」帝王は言った。「すみません、これは「鬼」の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:早すぎたカップル 必須要素:恋愛 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1016字
「頼む、数合わせに頼む」と、知り合いにせがまれた。合コン的な奴である。ライトな感じの婚活的なパーティーである。とはいえ、そんなところに僕が行ったところでどうなる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:明日のダンジョン 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:756字
「明日のダンジョンは洪水が発生するでしょう」テレビのお天気キャスターが、空の天気を伝えるように、別段珍しくもない洪水を伝えた。ダンジョンとは、大抵は室内に分類さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:息子 お題:高貴な世界 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:680字
「ファーーーック!!」 先生はそんな叫び声を上げながら、受話器を乱暴に叩きつけた。 どうやらまた編集さんからボツを頂いたらしい。今月に入ってこれで三度目である。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者: お題:光の保険 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:616字
最後に朝日を見たのは、わしが戦争に駆り出された時だった、とおじいちゃんは言った。またその話かあってちょっとうんざりしたけど、歳をとると同じ話を何回もしたくなるの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:諏訪子の人 お題:赤い僕 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:365字
もし赤い自分がいたら、誰だって困惑するだろう。赤い僕とは、僕の全存在であり、その上、僕が僕として存在するための条件を全て満たしている。そして、僕よりも赤いのだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぴでつ お題:恥ずかしい君 必須要素:恋愛 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:296字
左手でゆんわりと撫でると、じんわりと温度が移る。僕の指の第二関節あたりまで、徐々にそれと等しい温度になる。それは陶器のような乾いた表面で、さきほどの水分が温度を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:平和と真実 必須要素:恋愛 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:479字
「必要なおっぱいだ。大きさは関係ない。少女を少女たらしめているのは、その成長期のあどけなさを感じさせる二つの双丘に他ならない。尻など論外だ。あんなものは男にもあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:平和と真実 必須要素:恋愛 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1009字
「あなた、浮気したんでしょ!」響く怒鳴り声。彼女は泣きながら怒っていた。事の発端はほんの些細な事だった。僕が風呂に入っているときに、僕の携帯に着信があったらしい 〈続きを読む〉