すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:寒い春 必須要素:寿司 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1133字
実家から救援物資が届いた。一人暮らしの私の生活を案じてのことである。「荷物送ったから、受け取ってね」父母は荷物という名で呼ぶが、私はそれを救援物資と呼んでいる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕と食卓 必須要素:寿司 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:791字
僕は今日も、夕飯を呼ばれ、食卓についた。食べる食べ物は美味しいものだらけ。…そう皆は思っているであろう。そんなことはない僕にとってはただの苦痛だ。食べる度、誰か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:スポーツの映画 必須要素:寿司 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:753字
俺は、寿司を食っていた。 回らない寿司だ。奮発したのだ。 そうでもなければやってられない。 食べながら、今日の失敗を思い出す。 ずっとタイミングを見計らってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:金蓮花 お題:肌寒い凶器 必須要素:寿司 制限時間:2時間 読者:60 人 文字数:1459字
四月の気層のひかりの底を唾し はぎしりゆききするおれはひとりの修羅なのだ―『春と修羅』宮沢賢治―「え~皆さん静粛に。このたびの第97プロジェクト完成を祝しまして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りゆ お題:大好きな故郷 必須要素:寿司 制限時間:30分 読者:70 人 文字数:1204字
寿司。それは宇宙。この世の理をその一身に秘め、我々に至福を齎す。真に美味なる寿司を口にしたそのとき、我々はこの世の真理を垣間見るのだ。「今日も今日とて、あほなこ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
父のお寿司 ※未完
作者:猫戸らび お題:秋の子犬 必須要素:寿司 制限時間:30分 読者:83 人 文字数:927字
いとこのだんなさんのお兄さん。兄嫁の弟の奥さん。付き合いの長かった元町内会会長の息子さん。それぞれが、既にこの場とは関係のない話で盛り上がり大きな声を張り上げて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
下の階の音 ※未完
作者:匿名さん お題:消えた地下室 必須要素:寿司 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:643字
もう少しで年末だ。私たちの家族は一足先に母方の実家へ帰省していた。今日は12月29日、今日から1月2日までの4日間茨城の実家に帰省することとなる。 私たち家族の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よしづきゆうら お題:愛と欲望の不動産 必須要素:寿司 制限時間:30分 読者:118 人 文字数:886字
お題:愛と欲望の不動産 必須要素:寿司 休日の午前は、道路までのんびりながれている気がした。 後部座席ではわかい夫婦がしあわせそうに希望を語っていて、現実がまる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:すごい孤独 必須要素:寿司 制限時間:30分 読者:66 人 文字数:3字

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼女の友人 必須要素:寿司 制限時間:30分 読者:94 人 文字数:687字
雨は憂鬱である。何故なら今僕は傘を持っていないからだ。もしも僕が予め傘を用意していたのならこの気持ちは無かっただろうし、こうして入ったことの無い喫茶店で雨宿りす 〈続きを読む〉