すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かっこいいボーイ 必須要素:寿司 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:858字
ここはアメリカの廃れた荒野である。保安官は事務所で退屈そうに煙草を吸っている、ここはそんな無法地帯。今日も寿司屋の大将の客引き声が荒野いっぱいに響き渡る。「へ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:光の紳士 必須要素:寿司 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:230字
―夜―ビルの屋上に舞い降りた光の紳士(自称)は今夜も宝石を盗む…筈だった。ピッキングで鍵を開け、下見のときに確認した階へと向かう。階段を慎重に降り、扉を開けると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:僕が愛した内側 必須要素:寿司 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:892字
西友でお寿司が半額だった。パックのお寿司だ。にーしーろー・・・二十巻入っていた。いくらも入っていた。二十巻入っていた為、半額でも結構なお値段だった。手軽に手を出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:ナウいパソコン 必須要素:寿司 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:1544字
「そういえば先輩、なんでそんな旧式のPC使ってるんですか?」隣の金髪が話しかけてくる。私は思わず無視しようとした。こういうチャラいやつはあまり好みではない…いや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:寒い春 必須要素:寿司 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:1133字
実家から救援物資が届いた。一人暮らしの私の生活を案じてのことである。「荷物送ったから、受け取ってね」父母は荷物という名で呼ぶが、私はそれを救援物資と呼んでいる。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕と食卓 必須要素:寿司 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:791字
僕は今日も、夕飯を呼ばれ、食卓についた。食べる食べ物は美味しいものだらけ。…そう皆は思っているであろう。そんなことはない僕にとってはただの苦痛だ。食べる度、誰か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:スポーツの映画 必須要素:寿司 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:753字
俺は、寿司を食っていた。 回らない寿司だ。奮発したのだ。 そうでもなければやってられない。 食べながら、今日の失敗を思い出す。 ずっとタイミングを見計らってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:金蓮花 お題:肌寒い凶器 必須要素:寿司 制限時間:2時間 読者:79 人 文字数:1459字
四月の気層のひかりの底を唾し はぎしりゆききするおれはひとりの修羅なのだ―『春と修羅』宮沢賢治―「え~皆さん静粛に。このたびの第97プロジェクト完成を祝しまして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
父のお寿司 ※未完
作者:猫戸らび お題:秋の子犬 必須要素:寿司 制限時間:30分 読者:108 人 文字数:927字
いとこのだんなさんのお兄さん。兄嫁の弟の奥さん。付き合いの長かった元町内会会長の息子さん。それぞれが、既にこの場とは関係のない話で盛り上がり大きな声を張り上げて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
下の階の音 ※未完
作者:匿名さん お題:消えた地下室 必須要素:寿司 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:643字
もう少しで年末だ。私たちの家族は一足先に母方の実家へ帰省していた。今日は12月29日、今日から1月2日までの4日間茨城の実家に帰省することとなる。 私たち家族の 〈続きを読む〉