すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:輝く電話 必須要素:宗教 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:799字
(#97) 自分たちとは違うという認識は他者を迫害する。 まるで肉体に宿っている免疫細胞がウィルスを攻撃するように。 全てが薄い砂色の街だった。 建物は土を固め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:地獄の夜 必須要素:宗教 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:577字
また即興小説は無茶なお題を振ってきたな。何だよ地獄の夜って。まあいいや。適当にさくさくかいていこう。地獄の夜ね。そんな夜あったっけ。猛暑のなかエアコンが壊れたこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:俺の空想 必須要素:宗教 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:601字
俺は子どもの頃から空想癖があった。よく通知表には「窓の外ばかり見てる」とかかれていたものだ。まあ、そうだ、実際俺は窓の外ばかり見て、自分だけの世界にはいりこんで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夏のアパート 必須要素:宗教 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:694字
「なっちゃん様……なっちゃん様はおられる……」べったりと肌に張り付いた黄ばんだTシャツを気にも留めず、ひたすらブツブツと何かを呟く男が、さながらサウナのように蒸 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:臆病な夏 必須要素:宗教 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:981字
平成最後の夏が苛烈を極め人死にが大量に発生したが、次の年の夏はそうでもなかった。「ん?あれ?」っていう感じの夏だった。新年号になって初めての夏がなんともこう、水 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
神秘打倒 ※未完
作者:t お題:ラストはプレゼント 必須要素:宗教 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:358字
彼の世界に神は居なかった。故に彼が神となったのは半ば必然である。神は無責任の象徴だ。救いを、願いを、呪いを。人々が手には負えないと信じたものが神の手に委ねられる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:汚れた雲 必須要素:宗教 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:1013字
雲は白い。大体白い。曇りだと黒め、灰色。人間は空腹時、とてつもない空腹時、雲を食べ物に見立てることがある。「あ、あれはドーナツのようだ」みたいな感じ。見立てられ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:明るい床 必須要素:宗教 制限時間:30分 読者:52 人 文字数:477字
身体が揺れている。私は何をしていたのだろう。目蓋が重い。脳味噌が重い。無理矢理目をこじ開けると、そこら中が光に溢れている。光は頭上だけではなく右からも左からも下 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早坂 漣 お題:純粋な医者 必須要素:宗教 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:738字
「先生は、神様を信じる?」そう訪ねると、先生は目を大きく丸めて私を見た。突然そんなことを聞かれれば誰だって驚くだろう。私はそのまま何も言わず、先生の出方を待った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:そ、それは・・・土地 必須要素:宗教 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:708字
生き物が生きるために「場所」を必要としなくなって五千年たちました。生き物たちは、五千年前のわたくしたちからすると、「情報」といった概念になって、ふわふわとそこい 〈続きを読む〉