すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:孤独な手 必須要素:学校使用不可 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:487字
たかし、今日はおにぎりよいつでもいいから食べてね母はそういい残すといつものように床に皿を置く今日も部屋から返事はない母は肩を落とし1階へと移動する長島家ではたか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:2つの僕 必須要素:学校使用不可 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:247字
電車を待つ間、周囲の人間を見れば皆一様にスマートフォンの画面に見入っている。僕は想像する。例えば列の一番前に立つ、女子大生風な彼女。ストレートヘアの毛先を弄りな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葉月 弐斗一 お題:秋の病院 必須要素:学校使用不可 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:842字
楓や銀杏の葉が鮮やかに色づき、木枯らしが吹こうかという季節になると、心を弱くする人が増える。日照時間が減り、セロトニン機能が低下するのが主な理由といわれている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:生きているデマ 必須要素:学校使用不可 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:672字
最近ようやく羽振りが良くなってきた。脱サラして始めた「まとめサイト」がようやく軌道にのってきたのだ。これまで貯金を食いつぶして焦る日々が続いていたが、数か月前か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
僕の居場所 ※未完
作者:かぜの お題:東京のこだわり 必須要素:学校使用不可 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:258字
ここが良い。ここには僕が求めてたものがあるんだ。だから僕はここに来た。 なのに…… 激しい爆風とともに、鳴り響く轟音。それとともに倒れ行く僕の、いや、僕たちの 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:儚い博物館 必須要素:学校使用不可 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:368字
鱗粉が陽の光に照らされ、キラキラと私の肩に落ちる。次から次へ。絶えず落ち、積もる。虫たちがどこかに行ってしまわぬように、連れ去られてしまわぬようにと設計されたド 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:どこかの食事 必須要素:学校使用不可 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:963字
学生時代、学食とかがない学校で過ごしていたので、学食的な話題が一切なくて、テレビとか漫画とかで学食の会話とか、学食での会話とかしていると、キーってなることが多か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい過ち 必須要素:学校使用不可 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:611字
俺の通う高校では、携帯電話やスマホの使用が禁止されている。生徒手帳の片隅に「例外:ゲーム機能の付いていない機器。保護者の承認を得て、保護者との連絡に使う場合。」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もみじα お題:楽しい銀行 必須要素:学校使用不可 制限時間:15分 読者:239 人 文字数:558字
旧暦の弥生末頃になると、きまって家の前を花車が通る。色とりどりの花びらときらきらしい宝石に飾られた傘が、ごとごとと揺れながら目の下を通りすぎて行く様子を、2階の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつと別居 必須要素:学校使用不可 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:343字
鏡や窓、グラス。自分が動くたびに景色の変化を返してくるこいつらが目の端に映るたび、まだあいつがあるような感覚に襲われる。あいつがこの家を出て行ったのが昨日。まだ 〈続きを読む〉