すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:クウ お題:愛と憎しみの壁 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1479字
やあやあ、ほれ、どうか足をおとめなすって。ええ、ええ、違います。宗教とかマルチ商法とか、そんな悪どい勧誘なんかではありません。失礼な。......いやはや、こち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:真実のボーイズ 必須要素:奴の小指 制限時間:1時間 読者:49 人 文字数:2978字 評価:0人
「どういうときに、頑張ったなーって思いますか?」カウンセラーっていうワインセラーみたいな、あるいはセーラームーンみたいなエントリーネームの奴が、持ってるバインダ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:渋澤怜 お題:真実のボーイズ 必須要素:奴の小指 制限時間:1時間 読者:41 人 文字数:395字 評価:0人
まだ一緒に勉強していたころ、約束したのだ。一緒になれる日まで、互いを裏切らないと。法や、家族や、その他の制約がなくなったら、必ず結ばれるのだと。指きりげんまん、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:真実のボーイズ 必須要素:奴の小指 制限時間:1時間 読者:61 人 文字数:2199字 評価:2人
旅の同行者はときどき自分の性別がわからなくなるらしく、月のない晩になると殻にこもって出てこなくなる。一晩、自らを見つめ直して、結論が出ると男か女になって殻を破 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ichiduki お題:真実のボーイズ 必須要素:奴の小指 制限時間:1時間 読者:43 人 文字数:1962字 評価:0人
ここ最近、カズマの様子がおかしい。俺に対してよそよそしくなった気がする。暇を見つけては毎日のように俺のアパートにやって来ていたのに、ぱったりと来なくなった。大 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:inout お題:真実のボーイズ 必須要素:奴の小指 制限時間:1時間 読者:55 人 文字数:2898字 評価:0人
朝起きると足の小指から白い糸が伸びていた。昇り始めた太陽に照らされて、それはキラキラと輝いていた。ただの糸くずではなく、釣り糸か絹糸か、とにかく頑丈で艶めくもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:真実のボーイズ 必須要素:奴の小指 制限時間:1時間 読者:39 人 文字数:3257字 評価:0人
空の色が紫色だ。草の生い茂った五月の河川敷に、奇妙な陰影を落としている。 僕はそれを横目に見ながら、土手の上の遊歩道を走っていた。 高校でクラブ活動をしていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:軽い笑い声 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:1137字
手の小指があって、それをぽきって鳴らすと、部屋の天井の方から約十秒ほど、泣く声が聞こえる。最近そういう何かしら、わからないけども、最近そうなった。それ以前は小指 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:康一君 お題:純粋な海 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:976字
――この世界を純粋な海で満たす。 そんな目的で集ったのが我々であり、その目的を今日になってようやく達成したのもまた我々だった。 現在、世界は海で満ちている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite:D お題:純粋な海 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:860字
指切りげんまん、嘘ついたら針千本のーます、指切った。 小指と小指をつなぎ合わせて、約束しあった思い出。それはいつのことであったのか、そもそもなにを約束したのか 〈続きを読む〉