すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:息子 お題:どこかの蕎麦 必須要素:夏目漱石 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:654字
ぼっちゃん! そんな、夏目漱石が著した四国地方を舞台に無鉄砲な教師が活躍する中編小説のタイトルみたいな音が響いたのは、昼下がりの蕎麦屋でのことだった。 誰かが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:どこかの蕎麦 必須要素:夏目漱石 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:542字
適当な蕎麦屋に入る。開業五十周年などと書かれているのぼりが入口付近に立てられてあったが、自動券売機であった。なるほど、未来に生きている。 その自動券売機と睨め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
美しい奥さん ※未完
作者:すなふじちゃん お題:人妻の戦争 必須要素:夏目漱石 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:1107字
うちのアパートの隣の部屋には若い夫婦が住んでいるようだ。外で会うたびに、隣の奥さんは僕とあいさつを交わす。清楚な印象ですれ違うと柔らかな香りがする「うん、おはよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:突然の家事 必須要素:夏目漱石 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:928字
「昔、いや、今もあるか、なっちゃんってあったよなあ」っていう事を考えていた。オレンジジュースの事を考えていたのである。オレンジジュース飲みたいなあって思って、オ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:酒井P@物書きモドキ お題:賢い狂気 必須要素:夏目漱石 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:899字
「月が綺麗ですね。ぶっ殺していいですか?」 彼女は緩やかな笑みを浮かべながら、そう言った。 そして僕は深い失望を覚えた。 ま~た、漱石のネタかよ、と。 確かに夏 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ねこ飯 お題:オチは同性愛 必須要素:夏目漱石 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:524字
「はい、貸してくれた本、ありがとね」 彼女は朝教室に入ってくるなり鞄も置かずに俺の席までやってきた。 貸していた本はなんだったか忘れたが、楽しんでくれたようだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:失敗の悪魔 必須要素:夏目漱石 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:540字
アイラブユーを月が綺麗ですねと翻訳したのは夏目漱石なんだっけ?なんかネットで見たことがある。しかし昨日の花火大会で一緒に行った実久ちゃんに月が綺麗ですね、って言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:くさい絵画 必須要素:夏目漱石 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:504字
「月が綺麗ですね」夏目漱石はI LOVE YOUをそう翻訳したんだろ?ネットで見た。よくあるネタだ。俺は本なんて読まないな。面倒じゃん。親もべつに本なんて読まな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:どこかの儀式 必須要素:夏目漱石 制限時間:30分 読者:100 人 文字数:910字
三木谷がここに居たならば、きっとこう言うはずだ。「我輩はイケニエである、名前はまだ無い。」と。 アイツは無類の夏目漱石オタクだった。文学青年とはまた違う。三木 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:誰かの誰か 必須要素:夏目漱石 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:1074字
つい先日、四月が始まり、また新年度が始まったが、しかし私としてはこれからの事を考えると、色々と不安な事が多くある。その中でも特に、「六月になったらたくさん雨が降 〈続きを読む〉