すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:彼女の夏休み 必須要素: 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:3235字 評価:0人
それまでコスモスという名称を聞くと、つい頭の中でゼノサーガを思い出してしまう僕だったが、最近はそれが変わった。最近思い浮かべるのは秋桜さんのことになった。「キラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:disturbおじさん お題:彼女の夏休み 必須要素: 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:3693字 評価:1人
――始まりは春だった―― 初めて彼女と出会ったのは中学二年生の春だった。県内で行われていた小説のコンテストで知り合ったのだ。同じお題で小説を書いた私は彼女の書い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キュウミリ お題:彼女の夏休み 必須要素: 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:2328字 評価:2人
――あれは遠い夏の日だった。 両親の結婚記念日ということで、二人が前々から旅行を企てていたのは知っていた。 僕も今年で一五歳。中学三年生ということもあり受験勉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:彼女の夏休み 必須要素: 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:2649字 評価:0人
島にはろくに遊ぶものがなく、最近では人家から発見した将棋盤がもっぱらの暇つぶしだった。とはいえ駒も足りてないし、盤もひび割れ四隅が欠けてるし、ついでに僕もレイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:彼女の夏休み 必須要素: 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:3012字 評価:0人
夏休み、吸血鬼になった、最悪だ。私は夜の落ち切った中を静かに進む、周囲は木々、フクロウが呑気に鳴いていやがる。月明かりすら差し込まない完全な闇は、今の私にとって 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:彼女の夏休み 必須要素: 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:3394字 評価:2人
目の大きい少女だな、というのが第一印象だった。 それを上目づかいにこちらに見せてくるのだから、たまらない。「ねえ、おじさん。あたし泊まるとこないんだけど」 俺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:今日のゲストは船 必須要素: 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:660字
さて、テツオのお部屋。本日のゲストは恒星間移民船AI「トモヒロさん」です。「はい、どうも。トモヒロです。」さすがに本体はスタジオに収まりきらないので交流用小型ポ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
塩の味がした ※未完
作者:海の庵 お題:冬の悲劇 必須要素: 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:497字
珍しく広島の平野部で雪が降り積もった。とある兄弟は前日の夜にこんこんと雪が降り辺りが白くなっていく様を楽しげに眺め、今日という日を楽しみに寝た。弟の方が兄を一心 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:evening お題:今度の傑作 必須要素:岩塩 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:1627字
「ねえ、ライニ」 低くトーンの落とされた声が、終業間際の執務室に響いた。「少し相談したいことがあるのだけれど、この後で時間はあるかい?」 歳の離れた友の面構えが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:山の端 お題:ぐふふ、内側 必須要素: 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:746字
その男を初めて見たのは、考えうる限り最も最悪な状況だった。 私は先日、初めて人を殺した。 人殺しなんて普通、ほとんどの人が「初めて」も「二回目」以降もないのが 〈続きを読む〉