すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:黄金の悲しみ 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:966字
母の兄、って私にとって叔父さん?子供のころから世話になっていたその母の兄が少し前から半身不全で入院していたが、この度亡くなったとの知らせを受けた。一人で暮らして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:意外!それは蕎麦 必須要素:北海道 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:741字
それは、行き当たりばったりの旅行中の出来事。自分探し、という"名目"でふらりと、ろくな準備もせず北海道に乗り込んだ。はてさて、如何したものか。広い。否応なしに広 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつと秘部 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:635字
秘部が見たいだけの人生だった。 誇張なく自分の人生をまとめてみるとそうなる。 生まれた瞬間から私の人生は秘部に魅惑され、秘部を求めるがために存在し、秘部ととも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:やば、人間 必須要素:北海道 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:773字
北海道である事件があった。その事件は、まず、夫婦がいた。その夫の勤めていた会社が、ある日倒産してしまった。これが、事件の原因とも言える出来事。それから、妻がアル 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:夜のハゲ 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:963字
「北海道から東日本にかけて、今夜未明、激しい雪が降るでしょう」と、いう事をテレビのウェザーニュースででアナウンサーの人がいってて、「え?何何?」ってなった。今夜 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:のら お題:夜のハゲ 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1024字
「この豚野郎」と思わず口走ってしまった彼女の剣幕に、一瞬惹かれるものがあったのは事実だ。実際、寡黙な性質の彼女がここまであからさまに感情を露わにするという事が珍 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純白の14歳 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:628字
私はそろそろ14歳になる。あと五時間経てばもう14歳だ。北海道ではもう-3度まで下がり、肌寒いレベルではなくなってきた。北海道と言えばホタテ、マグロ、牛乳... 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:10の姉妹 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:425字
「背番号には、特に意味なんてない」 そう、『8番』の彼女は言った。 都内某所にある古びた雑居ビルの一室。つまり、この世のどこかにはあるけれど、どことは明言できな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:おいでよ映画館 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:289字
日本の北、北海道の更に北、その果てにあるこの街。この街には映画館が一つしかない。この映画館で上映されるのはもちろん最新のものではない。昔ながらの古いフィルム式の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:気高い犬 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:158 人 文字数:489字
体毛も含めた頭部の形状がまるで北海道のようであったから、その秋田犬は北海王と呼ばれた。威風堂々としたその体格は犬というより最早、羆ではないかと言われていた。日に 〈続きを読む〉