すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:夏空蝉丸 お題:許せない牢屋 必須要素:切符 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:710字
ミュルンブルグ刑務所は、脱獄不可能な刑務所として有名だった。中洲の島を改造して作られた牢屋は堅牢だった。 もし、本気で脱獄するならば、まず、鉄格子を破らなけれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ユーリ。 お題:思い出の貯金 必須要素:切符 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1421字
静寂に包まれたホームに降り立つと、硬いベンチに腰かけて靄に滑り消える列車を見送った。 一体いつ乗車して、どこへ向かおうとしていたのか。そしてなぜこの駅で途中下 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:六華創作工房@アンソロ原稿優先中 お題:赤い撃沈 必須要素:切符 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:493字
「どこか、遠くへ行かれるのですか?」切符を受け取ると、顔なじみの駅員はそう聞いてきた。同じ女だからと気休めに声をかけたのが始まりで、いつも何かしら話をしていた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:哀れなパソコン 必須要素:切符 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:565字
パタンと閉じた。もう全くダメになってしまったようだと溜息をつく。まだ買ってから一ヶ月しか経っていないのに、なんて運が悪いのだろうかと青年は立ち上がった。嗚呼、こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:刹那の遭難 必須要素:切符 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:905字
東京へ上京してから五年目の今日、俺は勤めていた会社を辞めた。「五年間、ありがとうございました」そう告げる俺の声に続いて、かわいた拍手が起こった。俺は、会社では空 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純白の空 必須要素:切符 制限時間:2時間 読者:42 人 文字数:597字
雪の降る町を、私は花束とともに歩む。純白の空からチラリチラリと雪片が降り注ぎすべての人、すべてのモノに平等に白く染め上げる。 ハァ…と息を吐けば、そこに白が生 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:僕の好きなにおい 必須要素:切符 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:799字
昔、こするとにおいがするシールのついている絵本だったか、そういうのをもらったような気がする。子供のころ読んだ絵本はなんですか?と聞かれたら、大体の場合、「手袋を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:あいつのライオン 必須要素:切符 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:976字
「ライオンに行きたい」という様な事を突然に言い出された。「ライオン?」何?え?洗剤のメーカー?もしかして語彙力?語彙力がもう、著しく顕著にあれなの?それとも、え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:安全な冤罪 必須要素:切符 制限時間:1時間 読者:172 人 文字数:2939字 評価:2人
最近寝すぎる。「zzz」どころではない。「もうずっと、ずーっとzなんだよおー」ほんともうずっとzなの。三千世界っていう言葉があって、それが広い世界を表すんだとし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:安全な冤罪 必須要素:切符 制限時間:1時間 読者:101 人 文字数:3802字 評価:1人
夏休みまでもうすぐと言う季節の教室で、僕は切符を思い浮かべる。知らない文字で書かれたそれはちいさく偉そうで、どこかつんと澄ました風で、実際に持って見せびらかせば 〈続きを読む〉