すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:らび お題:めっちゃ仕事 必須要素:予備校 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:1311字
照明を消し、鍵をかけて予備校を出る。暦の上では秋とはいえ、さすがに寒さが堪える時期になってきた。コートの前を閉め、自販機でコーヒーでも買おうと校舎裏に回ると、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:隠されたつるつる 必須要素:予備校 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:578字
我々は、予備校で教師をしている。そして現在は、もうすぐ1月を迎えようとしている年末である。この時期、我々も、生徒達も酷くセンシティブになっている。秋頃に発表さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:最弱の視力 必須要素:予備校 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:863字
これはなんとも不思議な昔話昔あるところにウサギがいました。ウサギは何でも一番をとっていて動物界で人気でした。そこへカメが現れました。カメは言いました。ウサギさん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:緑の霧 必須要素:予備校 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:478字
私が通っている予備校は緑の霧がかっている森の奥にある見習いをしていてその見習いの予備校に通っているの友達は少ないけれどまぁまぁ楽しくやれていると思ってるでも、こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:かゆくなる小説合宿 必須要素:予備校 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:447字
「知ってる?この合宿がきっかけで付き合い始める人、多いんだって。」隣の席の彼女が言う。なぜそれを僕に言うんだ。「へ、へぇ〜そうなんだ〜。知らなかったなぁ〜」僕は 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ユリイカ お題:臆病な敗北 必須要素:予備校 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:614字
東大受験に落ちこぼれたエリートたちの予備校が存在する。 どの生徒も自分達の高校ではトップクラスの生徒だったはずだ。 それがより大きな社会では、より大きな壁とな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
黒い本 ※未完
作者:匿名さん お題:暗黒の任務 必須要素:予備校 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:344字
二つ上の兄はいつ見ても遊び呆けていた。それでいて東京大学に一発で合格した。それならば同じ血を引く私も勉強しなくて大丈夫だろうと、最後まで遊んでいたら、見事に一浪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:間違った雲 必須要素:予備校 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:711字
はぁ、今日も今日とて予備校帰り…。たった半年、されど半年。もう高校時代とは異なり、夕焼けではなく真っ暗な道を歩く。高いビルばかりで星も見れない、息の詰まるような 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:美奈子 お題:悔しいオチ 必須要素:予備校 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:658字
ツイッターの自己紹介欄に、大学の名前を書けず、だからと言ってもう高校生でもないから、仕方なく予備校の名前を書いた。新しくフォローしてきた人は、それをほぼ確実にわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鐘辺 完 お題:煙草と犬 必須要素:予備校 制限時間:30分 読者:126 人 文字数:1429字
草を燃やして煙を出す「煙草(けむりくさ)」というものがあるらしい。 予備校の先輩の桑山さんがそういう趣味があるという。「けむりくさな。初心者にはタンポポお勧め 〈続きを読む〉