すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつの幻想 必須要素:予備校 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:741字
従って理由などない。初春はそう結論付けて頷いた。知りたいことが山ほどあって、やりたい事が山ほどあって、それには勉学が必要なのた。やりたい理由はない。ただ、そこに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:うるさいローン 必須要素:予備校 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:1734字
教室の机につっぷしてうとうととまどろんでいると、不意に周囲が真っ暗であることに気付いた。どうりで眠くなるわけだ。目をこすりながら、自分以外に人の姿のない教室を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:木菟みるく お題:消えた孤島 必須要素:予備校 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:1083字
霧の海に囲まれた小さな小さな島に、一人分の机と椅子。少女一人と、教師が一人。「はい、終了」大きく息を吐き、少女はペンを置く。教師はその場で回答用紙に朱を入れ始め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:椿英 お題:君と何か 必須要素:予備校 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:1103字
僕と君の接点は、一日のうちで30分もないだろう。講義の間にあるわずかな時間で、僕らは何かを見つけなければいけない。君はきっと興味がないだろうから、頑張るのは僕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:spoon9qm お題:出来損ないの誰か 必須要素:予備校 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:1512字
おや、とその人は目を丸め、つぎに細めて、水面に静かに映る波紋のように穏やかに続けた。 随分綺麗な空だね。君が描いたの? ええ、と、私は固い石を置くように呟く。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:らび お題:めっちゃ仕事 必須要素:予備校 制限時間:30分 読者:58 人 文字数:1311字
照明を消し、鍵をかけて予備校を出る。暦の上では秋とはいえ、さすがに寒さが堪える時期になってきた。コートの前を閉め、自販機でコーヒーでも買おうと校舎裏に回ると、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:隠されたつるつる 必須要素:予備校 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:578字
我々は、予備校で教師をしている。そして現在は、もうすぐ1月を迎えようとしている年末である。この時期、我々も、生徒達も酷くセンシティブになっている。秋頃に発表さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:最弱の視力 必須要素:予備校 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:863字
これはなんとも不思議な昔話昔あるところにウサギがいました。ウサギは何でも一番をとっていて動物界で人気でした。そこへカメが現れました。カメは言いました。ウサギさん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:緑の霧 必須要素:予備校 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:478字
私が通っている予備校は緑の霧がかっている森の奥にある見習いをしていてその見習いの予備校に通っているの友達は少ないけれどまぁまぁ楽しくやれていると思ってるでも、こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:かゆくなる小説合宿 必須要素:予備校 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:447字
「知ってる?この合宿がきっかけで付き合い始める人、多いんだって。」隣の席の彼女が言う。なぜそれを僕に言うんだ。「へ、へぇ〜そうなんだ〜。知らなかったなぁ〜」僕は 〈続きを読む〉