すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今の勇者 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:683字
昔の勇者と言えば、歴史の教科書によくよく載っている。悪逆非道の暴君を倒したり、荒廃した村を立て直したり、そういったことをやってのけた人物は、何千年も経った今とな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:遠いボーイズ 必須要素:下駄箱 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:935字
私は、ずっと誠一とは幼馴染で、腐れ縁だった。私達はよく、回りの大人が慌てるレベルの取っ組み合い大喧嘩を演じた。誠一は体力なんて皆無のモヤシっ子のくせにこうと言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悔しい夜風 必須要素:下駄箱 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:403字
悔しい、悔しくて悲しくてどうしようもない。学校からの帰り道、私は涙をとめることができなかった。あいつのせいだ。 あいつというのは私より1つ上の幼馴染のことだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
2つの処刑人 ※未完
作者:トッキー お題:2つの処刑人 必須要素:下駄箱 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:408字
バレンタインデー。それはモテない男達にとっては処刑にも等しい日である。その刑を執行する処刑人は二人ならぬ2つである。それは机の引き出しと下駄箱である。何故なら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:セクシーなぬめぬめ 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1234字
バレンタインデーもつつがなく終わり、世間はもうひな祭りの準備を始めている。スーパーなどにも、バレンタインのチョコは無くなり、その代わりにひなあられなどが並んでい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にい お題:マイナーなデザイナー 必須要素:下駄箱 制限時間:30分 読者:80 人 文字数:1207字
教育は環境に拠るとは校長の理念だった。保護者から学費をぼったくる私立校ならではの学校施設を用意できるのではないか、と忘年会で泥酔した頭で考え、二日酔いで朦朧と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:生かされた諦め 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:892字
あー、えー。えーっと。うん。何だろうこれ。目の前には下駄箱がある。授業が終わって帰ろうと降りてきたのだから当然といえば当然なのだが。そしていついつものように下駄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冬の世界 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:846字
君の存在価値は、冬が最も高くなる――。 そんなことを言い出したのは、常に酷い臭いを放っている靴君だ。「僕の存在価値? ただの下駄箱の僕が、どういう訳で冬に価値 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:綺麗な祖母 必須要素:下駄箱 制限時間:30分 読者:75 人 文字数:886字
今からお前は俺のものだ。そうやって私は言われて、あの人と付き合ったの。あの頃はあの人、すごく人気でね?私はとっても嬉しかった。そうして、結婚の約束をして、幸せに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:海の庵 お題:知らぬ間の彼女 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:99 人 文字数:534字
この話は墓場まで持っていこうとしましたが、これを誰にも知れぬというのは、自身が書いた文章であっても些か不憫に思い、書き記すことにしました。なに、これは青春時代、 〈続きを読む〉