すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:渋澤怜 お題:12月の君 必須要素:三つ巴 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:586字
クリスマス、AちゃんはB君にずっと片思いしてて一緒に過ごしたくて、でもB君はCちゃんのことがひそかにずっと好きだからCちゃんとすごしたくて、でもCちゃんは全然恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:12月の君 必須要素:三つ巴 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:557字
12月。クリスマスや大晦日みたいたイベントがあるにも関わらず、いつものメンバーが素知らぬ顔でバイト先にいた。冷えきった外とは違い、室内からは暖かい空気が流れた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:子供の就職 必須要素:三つ巴 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:884字
昨今どういう情勢になっているのかは知らないが、妻が我が子を子役にするという様な事を言いだして、「え?マジで?」という感情があった。「ほんとに?大丈夫なの?」ああ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
meeting ※未完
作者:絹糸 お題:馬鹿な悪人 必須要素:三つ巴 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:604字
目が覚めたら僕は小屋の中にいた。「よお」隣から声がするけれど主が見当たらない。「ここだよ、ここ。お前図体でかすぎなんダヨ!」足元を見ると、鶏がキーキーと僕の足元 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:それいけ保険 必須要素:三つ巴 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:474字
うーん。俺は生命保険のパンフレットを数冊床に並べて考えていた。子どもも産まれたことだし保険にはいろうと思ったんだ。しかしどれがいいのかいまいちわからないな。そう 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
※未完
作者:細勁 お題:夜の夕方 必須要素:三つ巴 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:437字
街路が橙と藍に染まり、駅に向かう人波もうねりを大きくする。直樹は路地裏で息を潜め、ため息をついた。大通りを避けて歩き続けて既に2時間は経っている。しかし、追手は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:馬鹿な多数派 必須要素:三つ巴 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:860字
脳内で、多数決をとる際、大体がやめろっていうのと、いややろうっていうのに分かれる。やめろ派の意見としては、「今、ここでそれを買って、生活をどうするつもりだ。生き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:したっぱ(れい) お題:すごい妹 必須要素:三つ巴 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:777字
僕には3人の妹がいる。まだ、小学生の双子姉妹である。少し前に入園式をやったと思ったら入学式をやっていた。僕の時もそんな感じだったとお母さんは苦笑していた記憶があ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:許せない夢 必須要素:三つ巴 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:486字
じゃんけんは嫌いだ。なぜなら、私は運が悪いからである。勝つなんて二十回に一回はあればいい方である。生まれてこの方、じゃんけんで物事を決めることになったら絶対に負 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:昼の接吻 必須要素:三つ巴 制限時間:30分 読者:101 人 文字数:1198字
休日のランチタイムは馬鹿みたいに混む。寄ってたかってほかの時間帯よりいくらか安いセットメニューを頼み、友人同士で訪れて全種類制覇とかに挑戦する。パスタにデザー 〈続きを読む〉