すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:マイナーな悪意 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:968字
「小説なんて書いている段階である種、ミュンヒハウゼン症候群みたいなもんなんじゃないんですか?」と、言われてとても困惑した。私は理系じゃないし、理解する力、読書で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ツンディ お題:今年のむきだし 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1945字
見上げると青い空。さらに見回すと空の果てにはうっすらとだが雲が見える。半袖では吹いた風に少しの肌寒さを感じてしまう。あまりに心地いいはずの天気なのに、なぜ僕はこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:今度のあの人 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:768字
その日も彼女は気まぐれに手首に包帯を巻いてきた。容姿ばかりはかわいい彼女のことであったため、男どもはみな残らず、彼女に同情した。「きっと何かあったんだろう」とか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:95 人 文字数:2991字 評価:1人
『悪魔を憐れむ歌』というタイトルの映画がある。デンゼル・ワシントンが出ていた。恥ずかしい話、映画の内容はほとんど記憶にない。しかし最後のところだけ覚えている。主 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:解けかけの氷 お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:83 人 文字数:2179字 評価:1人
朝食と晩飯付きで家賃は格安な社宅を出てまで 初めて彼女を見つけたのは地下鉄の駅構内で、小ぶりなリュックサックを担いだ制服姿の彼女が、僕にはこの世の何よりも美し 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:キメキメ! プリキュア お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:57 人 文字数:3164字 評価:1人
「何事もバランスが大切だよね」とヒビキが言うので、私は「しかりぃ~」とアイスコーヒーのストローを咥えて生返事をする。「肉を食いすぎたら野菜を食べる、徹夜で遊んだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:kazzy お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:70 人 文字数:581字 評価:0人
ワタシは被害者だと思う。絶対にその認識は揺らがない。揺らいでは、存在の根拠が、ない。 そんな女性患者は多い。医師の片瀬はカルテを外来ナースに渡しながら、ふと軽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もりえつりんご お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:85 人 文字数:3217字 評価:0人
[ねじれた女 Woman twisted]ナースコールが響いていた。朝陽に緑が透けるような木漏れ日の落ちた庭は彩度が高く、眼鏡で石板の照り返しを受け止めながら進 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:忽蘭 お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:87 人 文字数:1824字 評価:1人
彼女の姿を見ていると、時々やるせなくなる。 ◆ 朝十時に僕は目覚める。簡素なパイプベッドから降り、瞼を擦りながら洗面所へと向かい、冷水を洗面器に溜める。そうし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:74 人 文字数:2274字 評価:0人
DVDショップで悪趣味なホラー映画を二、三借りてから、少年は商店街に寄り道をすることにした。まっすぐに帰宅してもよかったのだが、いくらかでも楽しみはあとにとっ 〈続きを読む〉