すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:団地妻の修道女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:561字
その地域の朝は早い。まだ夜が明けきらぬ前から、わらわらと勤めのために女たちは起き出してくる。彼女たちは自らが暮らすその一帯を箒で掃き清め、水をまき、窓を明け空気 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:愛のためすべて退化してきた白蛇 お題:団地妻の修道女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:633字
「あなたの病、治して進ぜましょう」 うららかな午後の昼下がり。少し時代を遡る頃のこと、狂ったように建築された家々が立ち並ぶ跡地のようなその街並みに、一人のローブ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:騙された魔王 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:655字
「あはは…○す○す○す」今目の前にいる勇者、鬱病な感じ、とでもいうのだろうか。正直怖い「お前みたいな病気持ちの勇者は初めてだ。直ぐに殺せるだろう」「あははは。ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:怪しいピアニスト 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:351字
彼らにはなんの罪もない。しかし、何かを迫害しなければ生きられない世界だ。彼らは虐げられ、ボロ雑巾のようになるまで働かされ、最後には無慈悲に殺処分される。そんな彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:左のピアノ 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:384字
「ピアノを練習していたらフタがバーンと落ちてきた!」音夢が指を見せてきた。「バカ、どっちのピアノ?まさか左のではないでしょうね?」由美は呆れながら返した。家にあ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:マイナーな悪意 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:968字
「小説なんて書いている段階である種、ミュンヒハウゼン症候群みたいなもんなんじゃないんですか?」と、言われてとても困惑した。私は理系じゃないし、理解する力、読書で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:今年のむきだし 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:42 人 文字数:1945字
見上げると青い空。さらに見回すと空の果てにはうっすらとだが雲が見える。半袖では吹いた風に少しの肌寒さを感じてしまう。あまりに心地いいはずの天気なのに、なぜ僕はこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:今度のあの人 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:768字
その日も彼女は気まぐれに手首に包帯を巻いてきた。容姿ばかりはかわいい彼女のことであったため、男どもはみな残らず、彼女に同情した。「きっと何かあったんだろう」とか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:125 人 文字数:2991字 評価:1人
『悪魔を憐れむ歌』というタイトルの映画がある。デンゼル・ワシントンが出ていた。恥ずかしい話、映画の内容はほとんど記憶にない。しかし最後のところだけ覚えている。主 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:解けかけの氷 お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:126 人 文字数:2179字 評価:1人
朝食と晩飯付きで家賃は格安な社宅を出てまで 初めて彼女を見つけたのは地下鉄の駅構内で、小ぶりなリュックサックを担いだ制服姿の彼女が、僕にはこの世の何よりも美し 〈続きを読む〉