すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:深々深(ふかみしん) お題:どこかの警察官 必須要素:マフィン 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:574字
明け方にマフィンをかじる。かじったマフィンは輪郭が崩れて、昇ってきた太陽の輪郭が欠けてしまう。マフィンは別に好きな訳じゃなくて、ただそこにあったから食べた。おい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:冷静と情熱の間にあるのは屍 必須要素:マフィン 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:778字
パン屋さんに、美味しそうなマフィンが売っていた。アンズのジャムが、たっぷり入っていて、あなたがきっと好きだろうと思ったので、2つ買った。 あなたはマフィンが好 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冷静と情熱の間にあるのは屍 必須要素:マフィン 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:843字
「病死だよ」「他殺だって!」──突然こんな事を言われても困惑するだろうが、僕は二十三歳にして死んだ。理由は分からない。 少し前までは普段通り生きていて、妹に貰っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:彼のぬるぬる 必須要素:マフィン 制限時間:1時間 読者:43 人 文字数:3330字 評価:0人
一立方メートルもない透明な箱の中に粘液状のものが蠢いている。色は赤黒いとしか言いようがない、実に不気味な色彩だ。これは一体なにかと所長に尋ねたところ、「俺のぬる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:彼のぬるぬる 必須要素:マフィン 制限時間:1時間 読者:62 人 文字数:3008字 評価:1人
風呂上がりに冷蔵庫を確認すると、ビールが冷えていた。このところ暑くなってきたから、ますます酒がうまい。コップに注いで、髪が自然乾燥するのを待つあいだ、ゆっくり 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:彼のぬるぬる 必須要素:マフィン 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:3858字 評価:0人
何か小腹空いたなあ。 そんなことを考えながらチヅ子は歩いていた。 チヅ子の家は通っている中学から遠い。正確には、中学へ行くための電車の駅が遠い。受験する前は憧 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クロエ お題:彼のぬるぬる 必須要素:マフィン 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:2574字 評価:0人
カーテンから零れる光で、意識が浮上する。「んー…」ゆっくりと背伸びをする。瞼を擦り、目脂を取る。(顔、洗わなくちゃ……)フラフラと立ち上がり、洗面台へ向かう。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:うるさい小説新人賞 必須要素:マフィン 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:366字
小説のコンテストに応募し、賞を取った。そのことをメールで知った僕はパソコンの前でニヤッと笑った。メールにはこう書かれていた。「当選したあなたにプレゼントを渡しま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:わたしの嫌いな躍動 必須要素:マフィン 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1166字
実家から救援物資が届いた。「うほーい」これでしばらく、たぶん一週間くらいはお酒のあてに困ることはない。いえーい。というわけで小躍りしながら届いた物の中を改めると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:安全なあの人 必須要素:マフィン 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1038字
あの子にとって僕は一体なんなのだろう?空気?いや、そんな必要不可欠なものであるはずがない。その辺に落ちているゴミクズ?いや、流石にそこまで認知されていないわけが 〈続きを読む〉