すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ちっちゃな霧雨 必須要素:ペロペロ 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:419字
昼放課、雨が降る。悲しいことに僕は傘を持っていない。帰るときまでは止むかなと、そんな安易な考えをしながら、窓の外を眺めていた。今日はいつもより上の空。空は黒いけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:少年の液体 必須要素:ペロペロ 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:707字
彼に出会ったのは水泳の授業を休んだ真夏の日。体操服で日陰のベンチにひとりで座っていた。クラスメイトたちは洗濯と呼ばれる、みんなでぐるぐるとプールを回る授業をや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:馬鹿な怒り 必須要素:ペロペロ 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:1005字
私は、怒っている。相当おこっている。 原因は、このソファーにだらしなく横たわりながらテレビを見ているこの男である。「なんかいうこと無いの」「どうかした?」 全く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:私のラーメン 必須要素:ペロペロ 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:666字
高架下に軒を連ねる薄汚いラーメン屋台の一軒。その中で一人の若い男が途方に暮れていた。「俺のラーメンが食えねえってそう言ってんのか?にいちゃん。」「そう怒らないで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:近い理由 必須要素:ペロペロ 制限時間:1時間 読者:139 人 文字数:2576字 評価:1人
「わんわん」飼い犬のペロを散歩させていると、普段驚くほど吠えないペロが突然吠えだした。そうしてリードをぐんぐんと引っ張って走り出そうとしてきた。「どうしたペロ」 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にい お題:近い理由 必須要素:ペロペロ 制限時間:1時間 読者:111 人 文字数:1938字 評価:0人
アルファとベータ。 ふたつの建物の行き来は禁じられていた。 完全に隔てられていればそんな規則がそもそも生まれるはずもなく、抜け道がいくつもあるからこそ問題は問 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:近い理由 必須要素:ペロペロ 制限時間:1時間 読者:159 人 文字数:2932字 評価:1人
雨がガラスを打っていた、楕円に広がり落ちる水は尽きることなく後から後から流れ落ちる。バス停の中の、ベンチから俺はそれを聞いた。意味のない待ち時間が苦痛だった、相 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:近い理由 必須要素:ペロペロ 制限時間:1時間 読者:88 人 文字数:3474字 評価:0人
あいつと俺は、なんとなくだが似ている気がする。† ぼんやり見つめてしまい、やがて俺は当初の目的を思い出して歩き出していた。あいつは今日も自主トレだ。神社の木に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:近い理由 必須要素:ペロペロ 制限時間:1時間 読者:154 人 文字数:3534字 評価:0人
ナホミが大学に来なくなったのは、ペットロスが理由らしい。 ペットなんて下宿で飼ってたのか、と思ったが、実家の犬だそうだ。 一週間ぐらいで、何とかまた出てくるよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:見知らぬ土 必須要素:ペロペロ 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:847字
蜂須賀蜂也は探偵だ。今日も殺人事件の捜査のために、彼は港区のとあるオフィスビルに来ていた。午後3時、洒落た作りの新しいビルはその無駄に大きな窓のせいで西日がめっ 〈続きを読む〉