すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:旗之助 お題:記録にない彼 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:448字
目を覚ますと見知らぬ天井が広がっていた。そんな非日常的な状況ではあるが、女の気分はそれどころではない壮絶さであった。泥の様に眠っていたのだろう、何時かは知らない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
are
作者:匿名さん お題:小さなサラリーマン 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:289字
俺は気持ちがすごく小さなサラリーマンだ。 自分はとても気持ちが小さい。「どうしてこんな俺になってしまったのだろうか。」 今でもそう考える。だがそんなとき、転機 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:午睡最中 お題:たった一つの多数派 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:245字
なんだかつかれた。17時42分発の急行を見送って、電光表示を見る。点滅する文字が消えて、私の乗る列車が上の段に。17時55分発、普通。いつもより3本遅いだけ。学 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:栄光の民話 必須要素:ヘッドホン 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:846字
ある所に、竜が住んでいました。竜といえば、娘をさらったり、田畑を焼き払ったりする悪者というイメージが強いかもしれません。しかしこの竜は、とても良い竜でした。村 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:難しい殺人犯 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:892字
ある人の本を読んでからというもの、偶然性の高い殺人みたいなことに対して若干の興味を得た。だから例えば、階段の上にビー玉を置いておくだけという様な事だ。それによっ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:タロー お題:残念な表情 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:511字
列に並ぶ。 別に列に並ぶのが好きな訳ではない。只並ばないと自分の順番が来ないから並ぶだけだ。だから順番待ちの最中に気分が高揚しているとしても、それは列の先にあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:蓋然性のある罰 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:317字
蓋然性のある罰いいか、1,2,3で電流スイッチをおすするとヘッドホンに電流が流れ君の耳はどちらかいかれることになる最高の拷問方法だろう?不適な笑みを浮かべて説明 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:女同士の軽犯罪 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:945字
地方一体の過疎化が、大量の空き家を生産するみたいなもので、そのうらぶれたヨットハーバーにはいくつか、ただ浮いたままの状態になっている船があった。珍しいことではあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
OK,即身仏。 ※未完
作者:むぢから お題:プロのダイエット 必須要素:ヘッドホン 制限時間:30分 読者:85 人 文字数:797字
「糖質制限ダイエット、りんごダイエットetc…それら全ては甘えだ。私のようなプロは過酷な環境で絶食ダイエットを極める。」そういって山奥に消えた父の友人は自然と五 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:プロのダイエット 必須要素:ヘッドホン 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:2340字
神様は残酷だ。私は、汗でぬるぬると滑りやすくなった床に手をついて、目の前の鏡をじっと見つめる。そこには、汗にまみれ、疲れ果てた顔に私がいる。どうしてこんなこと 〈続きを読む〉