すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:蓋然性のある罰 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:317字
蓋然性のある罰いいか、1,2,3で電流スイッチをおすするとヘッドホンに電流が流れ君の耳はどちらかいかれることになる最高の拷問方法だろう?不適な笑みを浮かべて説明 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:女同士の軽犯罪 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:945字
地方一体の過疎化が、大量の空き家を生産するみたいなもので、そのうらぶれたヨットハーバーにはいくつか、ただ浮いたままの状態になっている船があった。珍しいことではあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
OK,即身仏。 ※未完
作者:むぢから お題:プロのダイエット 必須要素:ヘッドホン 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:797字
「糖質制限ダイエット、りんごダイエットetc…それら全ては甘えだ。私のようなプロは過酷な環境で絶食ダイエットを極める。」そういって山奥に消えた父の友人は自然と五 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:プロのダイエット 必須要素:ヘッドホン 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:2340字
神様は残酷だ。私は、汗でぬるぬると滑りやすくなった床に手をついて、目の前の鏡をじっと見つめる。そこには、汗にまみれ、疲れ果てた顔に私がいる。どうしてこんなこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕が愛した消しゴム 必須要素:ヘッドホン 制限時間:2時間 読者:41 人 文字数:256字
僕は消しゴムを愛している。というと、何だか変人のように感じるかもしれないが、決してそうではない。 消しゴムはいつだって僕らのもとにあった。小学生のとき、かなら 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:疲れた四肢切断 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:565字
…どこだ、ここ。目が覚めた時にはそこに私のいつもの部屋の風景はなかった。代わりにあったのは、殺風景な灰色セメント壁の四角い部屋と、私を縛り付けるこの台それから、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
心の値段 ※未完
作者:ハイリ お題:早すぎた微笑み 必須要素:ヘッドホン 制限時間:30分 読者:65 人 文字数:1502字
久しぶりだった。何年ぶりだろうか。そして私はどれほどこの時を待ちわびていたのか。死ぬ時までには1度でもと思っていたけれど。ああ、もしかしたら私は明日死ぬのかしら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:美形の伝道師るね お題:せつないうどん 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:109 人 文字数:371字
「あっ、あああ……」 悲壮な声の方へ視線を遣れば、同居人がダイニングキッチンに立ち尽くしていた。無言で見守る。目が合った。「聞いてほしい……」 目を潤ませる同居 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふにゃこ(とポアンポアンさん) お題:男同士のエデン 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:588字
電車の中で通学中に聞くBLCDほど、背徳的なものはない。 ヘッドホンを両手で押さえ、美幸はなるべく顔に出さないようにイケボの喘ぎ声に酔いしれていた。 ポップス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:志川 晴晶 お題:生かされた村 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:116 人 文字数:471字
沢村一佐のヘッドホンの中には村が二つあった。右側に一つ、左側にもう一つ。彼がそれに気づいたのは音楽を発するスピーカーの奥から声が聞こえたからだ。声は度々、沢村に 〈続きを読む〉