すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕と水 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:333字
僕は水が嫌いだ。勿論水分補給はする。スポーツをしているから、身体が求める水分量はわかっているつもりだ。でも、わざわざそれを求めたりはしない。無機質で、生ぬるく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ver.2@文字書き練習中 お題:冬の失踪 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1085字
がたっと男は狭い車内の中で立ち上がった。黒いフィルムを貼った外。気温差で水蒸気で曇ったガラスをこする。車の外は、すっかり雪が積もっていた。周りは杉林だった。人っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:頭の中の祝福 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:805字
プロフィールページに風船が飛んでいる。なんじゃこりゃ、と思った。ツイッター、今回のアプデも改悪だったのだろうか。今日はわたしの誕生日でも何でもない。それなのに通 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:スウェーデンの信号機bot お題:イギリス式の犯人 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:678字
「犯罪者も、常に紳士たれ」これが、我がグループの掟であった。初代のリーダーが北アイルランドの武装組織に「留学」したとき、英国人の紳士としての態度に感銘を受け、以 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:KZE(禎波ハヅキ) お題:朝の行動 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:30分 読者:79 人 文字数:1103字
僕の朝はTwitterの通知音から始まる。まず最初にチリーン、と。それから、立て続けに何度も通知音が鳴る。それが僕の目覚まし時計だ。 最初のツイートは姫さまの 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:紅茶と殺人 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:308字
激しい呼び鈴が鳴る。ドンドン、とドアを強く叩く音も聞こえる。「なんなんだ、こんな夜中に……」富良野は部屋の明かりをつけ、目を細めてドアを開けた。「警察だ。富良 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:くさい海 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:2字

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:男同士の即興小説 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:687字
俺は高校の同クラの友達に学校では教えていないはずの彼女とのデートの盗撮写真をばらまかれた。俺は現役Twitter大好き高校生半田駆! って言っても最近の高校生は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槇名有 お題:ゆるふわな夕飯 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:2時間 読者:83 人 文字数:916字
※セキュリティがゆるふわな夕飯ツイートでフォロワーにリア凸される話。ひねりはないです。今日の夕飯は、お友達のメイちゃんと近所のイタリアンレストランでお食事です。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃの牢屋 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:951字
――臭い。 それに、汚い。酷いなあ、とまるで人ごとのように僕は思った。なにせ、着ていたはずの上着もないし、かろうじて履いている下ばきもぼろぼろ。汚れて変なシミ 〈続きを読む〉