すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
a ※未完
作者:匿名さん お題:彼女が愛した火 必須要素:ビール 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:85字
aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:秋の血 必須要素:ビール 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1350字
窓からびゅうと吹きこんできた風が思いのほか冷たくて、身をすくめた。寒い。もう秋なんだ、と今更のように実感する。 私は部屋を見渡し、作り付けのクローゼットの扉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ロシア式の大学 必須要素:ビール 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:845字
大学に入学して、なんかサークルに入って、新人歓迎コンパに行った。で、入ったサークルは、「ヤリサーじゃないみたいだ、よかった」ってなって、安心はしたんだけども、た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:evening お題:早すぎた団地 必須要素:ビール 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:1665字
彼らが到着したとき、現場は既に騒然としていた。「ライプツィヒ市爬虫類センターです」 東独時代の面影を色濃く残す団地の一棟、その玄関ホールの規制線前で、トビアス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
空き地の縦穴 ※未完
作者:戸田 さくや お題:子供の奈落 必須要素:ビール 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:313字
数年ぶりの実家は少し笑えてしまうほど何も変わっていなくて、母親はCMで流れている流行歌を歌いながら食器を片付け、父親は年甲斐もなく愛犬の世話を焼いている。変わっ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:1000の暗殺者 必須要素:ビール 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:330字
1000の暗殺者ビール片手に彼はこう語っていた彼は名うての暗殺者だったらしいはじめにやったのは小さな子どもだ鉄砲でパーンと一撃だった次にやったのは老婆だこれも鉄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:シンプルな殺し 必須要素:ビール 制限時間:1時間 読者:86 人 文字数:2910字 評価:0人
「うーん」机に向かいながらキュアミューズの変身時のように両手をグーにして顎を支えにして、さんざん考えた結果、やっぱり殺し方もシンプルな方がいいなという結論に至っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:本間ソレ お題:シンプルな殺し 必須要素:ビール 制限時間:1時間 読者:89 人 文字数:2045字 評価:0人
中村さんは口が悪い。何かあったらすぐ○ねとか○すとか言う。彼女は「大阪で育ったらそれくらい当たり前だよ」と言うけど、同じ大阪出身の武田くんは全然口が悪くないし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
異端審問官 ※未完
作者:(小説投稿用) お題:シンプルな殺し 必須要素:ビール 制限時間:1時間 読者:75 人 文字数:1254字 評価:0人
教会の鐘が鳴った。森の向こうへ夕焼けが消えていく。農夫や職人たちが、三三五五、酒場の方へと集まっている。 開きかけの扉から、鐘を鳴らし終えた村人が階段を下って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:シンプルな殺し 必須要素:ビール 制限時間:1時間 読者:80 人 文字数:710字 評価:0人
「俺と二人で、憎いやつを殺そうとするんだっけ?」 返答はビール瓶での殴打だった。どうやら、殴られたようだ。 地面に倒れた俺が聞いたのは、俺が地面に倒れる音だった 〈続きを読む〉