すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:ふわ ゆー お題:走る川 必須要素:パンツ 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1502字
川走りは故郷の旧正月の大切な行事だ。 その年成人を迎える男子が、純真を意味する白いブリーフパンツ一丁で村の真ん中を通る川を走り上り堰を越え、その日掛けられた梯 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:名付けるならばそれは流刑地 必須要素:パンツ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:610字
「本日をもって、ハルニア嬢との婚約を破棄させてもらう。」そう高らかに宣言したのは、太陽のような金の髪と瞳を持つ、私の婚約者。つまり私は今、婚約を破棄されたのだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:傷だらけの「えいっ!」 必須要素:パンツ 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:860字
冬到来の最中、今日は天気が良く、太陽も出ており暖かったので洗濯物をしてベランダに出てシャツとかパンツを干していると、正面の通りでバトルをしている人たちがいた。バ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作品タイトル ※未完
作者:匿名さん お題:傷だらけの「えいっ!」 必須要素:パンツ 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:562字
浅い海の砂泥底、私は砂を体に浴びながら海の波を感じていた。平穏らしい平穏は突如として去るのはいつものことで、私が見上げていた明るい日差しは白い布のような物で覆わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:許されざる失踪 必須要素:パン 制限時間:2時間 読者:14 人 文字数:247字
その街は滅びの時を迎えようとしていた。唯一の食料であるパンを作る職人が失踪したのだ。パンの作り方は職人しか知らず、誰もパンを作ることができない。街の人々は必死に 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:意外な祖母 必須要素:パンツ 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:773字
晩年の祖母はおかしかった。とても驚かされることが多々あった。例えば気が付かないうちにそこにいたりすることがあった。「うわああ!」私にしたところで何かやましいこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:素晴らしい内側 必須要素:パン 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:1586字
ザクロの実。 それは赤く丸いトマトが割れているような外見を持つ木の実だ。私はどことなくその実がすきだった。 明美と歩く通学路。いつもの愚痴を聞きながら、車ばか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さかいしんや お題:素晴らしい内側 必須要素:パン 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:876字
私は言葉を失った。凡庸な言葉だが、本当に形容する言葉を持たなかったのだ。大きく開いたその口とその内側にいる自分自身。あえて言うのならば「食虫植物に飲み込まれたコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:俺と口 必須要素:パン 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:687字
近所のパン屋のお兄さんに俺は惚れた。まさか男に惚れる日がくるとは思わなかった。惚れたその日から俺はそのパン屋に行ってその日のおすすめを買って帰った。ある日、「あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ファンミ@G+難民 お題:恐ろしい幻覚 必須要素:パン 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:619字
とちおとめのソーダもこれでは台無しだ。カカオリッチカフェモカも、いちじくジャムと発酵バターのふんわりコッペも。満を辞してのちょいリッチ、怒涛の甘々コンビニランチ 〈続きを読む〉