すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
絶望の音 ※未完
作者:しらいわと お題:絶望的な螺旋 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:321字
静かな空間に、時計の音がうるさく響く。微かにガソリンのにおいがした。「そうだ。”アレス”のデータをこちらに渡せ。さもなくば、お前の娘の命はない」 時折会話とし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:youro お題:黒尽くめの冤罪 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:918字
たった一個、パチ○コ玉を盗んだ罪で追いかけられた。違う、盗んだんじゃなくて拾ったんだ、そう言っても追いかけてくる連中は聞く耳を持たなかった。「ハッハッハッ、災 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:抹茶飯盒 お題:犬の狙撃手 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:1時間 読者:54 人 文字数:836字 評価:0人
男はその鉄の玉にひどく心を奪われた。クロムメッキを施され自らの姿を鮮明に映し出す玉に、鏡とは違う一種の好奇心を覚えたのだろう。 男はこの玉が最近異世界からもた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:犬の狙撃手 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:1時間 読者:69 人 文字数:2032字 評価:1人
急なんだけども命を狙われる機会があった。というのも、なんでか他人が車のトランクに押し込められるところを目撃してしまい、そのことを警察に通報して、たまたまナンバー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:犬の狙撃手 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:1時間 読者:81 人 文字数:1443字 評価:1人
「お、スリングショットじゃん懐かし~!」散らかった部屋の中、兄は箪笥の上に置かれたY字型のそれを手に取り撃つふりをする。一見古そうに見えるがゴム部分はまだ伸び縮 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:inout お題:犬の狙撃手 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:1時間 読者:87 人 文字数:3249字 評価:1人
門がある。巨大だが簡素であり、儀礼的なものにすぎない。その左右には壁もなければ仕切りもない。ただの象徴としての門だった。彼女は、ふん、と鼻を鳴らした。初等科生徒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:犬の狙撃手 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:1時間 読者:50 人 文字数:2566字 評価:0人
司会者の指先の動きを、観客は息を呑んで見守った。一夜で作られた屋外ステージの、アルミの床板。そこに音を立てて転がった一個のパチ○コ玉を拾い上げる指は、司会者自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:犬の狙撃手 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:1時間 読者:85 人 文字数:3450字 評価:0人
俺が中学一年生の頃、学校でスリングショットが流行ったことがある。 スリングショットというのは、いわゆる「パチ○コ」のことだ。大人が朝から列なして、くわえタバコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
パチ○コ玉 ※未完
作者:魔将軍・ヘクター お題:右の家 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:779字
俺ほど自堕落な生活を送るやつもそうはいまい。シェフの夢を抱いて、身一つで宮城から移り、東京のとある大きなホテルにつ雇われた。都会に出たは良いものの、理想と現実は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ジュウダ ※未完
作者:はろー お題:鈍い彼女 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:220字
「思ってるのの5倍は痛いよ」と彼女は言った。チンピラは何も言わなかったが少し怯んでいるようでもあった。「金がいるならあげる。君、バッグから出して。」彼女の両手は 〈続きを読む〉