すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:⊂((・x・))⊃ お題:孤独な動揺 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:929字
午前二十七時、枕もとに置いたスマートフォンのバイブレーションが作動した。一度、二度。メールの場合は一度のはずだから、電話だろうか。二通メールが着信したのかもし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Yui お題:幼いホテル 必須要素:バイブ 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1019字
一先ず警察の目は欺いた。しかし、逃げ込んだ先がラブホテルだったとは、童貞の俺には皮肉なものだ。今までチャンスがなかったわけではないが、どうしても行為寸前になる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夏の悲劇 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:495字
あれは中学一年生の夏、母と出かけた近所のスーパーで起こった出来事。その日私はいつもどおり宿題をしないままゴロゴロしていた。平日は笑っていいともを楽しんでいる。飽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:✞✟りおんちゃん✞✟ お題:マイナーな火事 必須要素:バイブ 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:1219字
孕んだのはいくつかの嫌悪感だった。それらは、自身に対してなのか、他者に対してなのか、私には知る由もなく、ただ虚無感が残る。わたしは常に笑っていた。何事も無かった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:煙草と帰り道 必須要素:バイブ 制限時間:1時間 読者:92 人 文字数:16字
帰り道パイプ煙草をくゆらせる 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
集客実験 ※未完
作者:抹茶飯盒 お題:ぐふふ、深夜 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:140 人 文字数:431字
「ぐふふ……」 深夜の公園で、男が一人、何やら怪しげな行為を行っていた。「この木にこうスイッチを取り付けて起動、よし完成だ。」 翌日、深夜。そこは人であふれかえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:冷@羚風 天 お題:絵描きの躍動 必須要素:バイブ 制限時間:2時間 読者:131 人 文字数:2351字
俺は今、日本中を渡り歩いては気に入った風景を描いている、しがない絵描きだ。例え何処に居ようと、俺の事を呼ぶ声があれば日本国内であれば何処へでも向かおう。それが俺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:凛とした彼方 必須要素:バイブ 制限時間:4時間 読者:217 人 文字数:985字
初投稿です。申し訳程度のバイブ要素。とある夏の日。『君の心にバイブレーション!最高の思い出を作ろう!』こんな煽り文句の書いたチラシが郵便受けに入っていた。遊園地 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イっヌ・サイケデリっコ お題:名付けるならばそれはユートピア 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:171 人 文字数:1008字
振動が直接脳内にまで伝わる。僕はふと目を覚まし、届く範囲内を手探りで漁るが見当たらない。仮に見当たってどうもおかしい。脳内に振動する携帯電話なんて僕は持っていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
叔父の映画 ※未完
作者:堂本 お題:3月の映画 必須要素:バイブ 制限時間:30分 読者:144 人 文字数:580字
うちの2階に居候している叔父、新卒で入った会社が倒産してから3年間ニートをやって、実家から勘当されたため、うちに半年以内に職を見つけるという条件で転がり込んで 〈続きを読む〉