すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:天国のライオン 必須要素:ナン 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1096字
ある動物園の高齢のライオンが死んだというニュースが流れた。「ああ、そう」一応携帯に通知も来たのでそれを押してアプリが起動して、ニュースの内容と写真がいくつか見れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くろink。 お題:哀れなネット 必須要素:ナン 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:2615字
どうしてこうなってしまうのか。最近毎晩のように、仕事から帰って晩酌を済ませたあと、記憶がない。自分は酒を飲むと眠たくなる体質なのだ。気づいたら日が昇る時刻だ。だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:忘れたいいたずら 必須要素:ナン 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1118字
急に知り合いの家に呼ばれて、その時私は何の気なしにナンを買って行ってた。「なんで急にそんなもの買ってきたの?」そういわれても、困る。ナンが食べたかったとしか言い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説の中の音楽 必須要素:ナン 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:168字
いつもの喫茶店...香ばしい珈琲の香りと共に膨らむ想像...1ページ1ページ、心地よいジャズのリズムに踊るように進むページ。いつもの喫茶店...いつものメニュー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早良しの お題:当たり前の風 必須要素:ナン 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:1322字
船を下りると、爽やかなカレーの匂いのする風がぼくらの頬を撫でた。見ると、港にいるインド民族たちはみな口を開け、風に向かうように立っている。恐れ知らずの友が風に 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:12月の誤解 必須要素:ナン 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1079字
去年の十二月の暮れ、実家に帰省するという日、私は少し早めに家を出た。これから東京駅に向かってそこで、新幹線に乗って実家まで帰省の予定であったが、その時間まではま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:見憶えのある料理 必須要素:ナン 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:906字
春のカレーフェアとかいうのぼりが近所のファミレスに立っており、「春はカレーなんだ」と思って入ってみた。グランドメニューじゃない季節限定のぺらいちのメニューにも春 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:楽観的な春雨 必須要素:ナン 制限時間:30分 読者:58 人 文字数:1119字
真夜中の給食センター。もう給食のおばちゃんはとっくの昔に帰ってしまっている。それなのに、何やらごそごそ話し声が聞こえる。「人間は良いよなぁ…自分の将来を選べて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:俺は葬式 必須要素:ナン 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:1788字
肌寒くなってきた秋の暮れ、11月。もうすぐ白い雪をバックに鈴の音と愉快な音楽が街をとどろかせるお祭りがやってくると思うと、なんだか切ない気持ちになる。 あまり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
困った笑顔 ※未完
作者:トゥーディー お題:楽観的な公認会計士 必須要素:ナン 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:793字
「この分なら何とかなりそうですね~」 妙に間延びした声で、目の前の男が笑う。 全身紺で染めた皺一つないスーツ。乱れ一つない姿勢。ただ、その表情だけが人を小ばかに 〈続きを読む〉