すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:悲観的なヒーロー 必須要素:ソーセージ 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1070字
知り合いに一人ヒーローがいるんだけど、悲観的だ。「ああ、怖い。死ぬ、次は死ぬかもしれない」っていう感じで悲観的。これが悲観的かどうか私には正確なところはわからな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:壊れかけの喪失 必須要素:ソーセージ 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:649字
人間が失うことを失って、久しい。 まずさいしょに人間は、感情を失った。ソーセージがおいしくて喜ばしい。蛸さんウインナーの足が四本しかなくて怒りを覚える。ひっく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:【読書家Vtuber】書三代ガクト お題:生かされた食事 必須要素:ソーセージ 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:744字
食事はコスパが悪い。そう独りごちながら目の前の皿を眺めた。真っ白な陶器の上に、真っ赤なソーセージ。生々しい色に吐き気を感じて、目をそらす。隣で楽しそうに笑うサ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:つらい民話 必須要素:ソーセージ 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:1003字
それはそれはつらい話だった。あと、この物語の登場人物は一人だ。私だ。私という名称に不満がある方は、何でもいい名前を付けてくれたらいい。私はある夜、いや今日なんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サトT お題:計算ずくめのつるつる 必須要素:ソーセージ 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:901字
腸詰めのジーンさんは、村の精肉店で働く人気者である。『腸詰め』と呼ばれる理由は、村で育てた家畜の肉をソーセージに加工するのを、ジーンさんが得意としているからだ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:たった一つの蕎麦 必須要素:ソーセージ 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:945字
蕎麦とかうどんとか、あまりこだわりはないが、知り合いがいきなり目の前でだしから作った汁にソーセージを突っ込んだ事には驚いた。うわあって言った。実家にいたころ、蕎 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:冬琶 蜻蛉 お題:彼が愛した星 必須要素:ソーセージ 制限時間:30分 読者:85 人 文字数:783字
遥かずっと遠く、どこまでも広がっていく銀河。数え切れない星々の合間をすり抜けて僕らはもう、何光年も旅をしてきた。自分の星を捨て、行けるところまで、先へ、先へ、た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:汚れた鳥 必須要素:ソーセージ 制限時間:30分 読者:83 人 文字数:979字
僕はぼーっと公園のベンチで弁当を食べていた。会社の近くのスーパーで買った290円の弁当だ。ソーセージにナポリタンに申し訳程度のポテトサラダと僅かなレタス。野菜が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:フニャフニャの彼氏 必須要素:ソーセージ 制限時間:30分 読者:64 人 文字数:992字
今日もあたしの彼氏はふにゃふにゃになって帰ってきた。いつも大酒を飲んで帰ってくる。どこで誰と飲んでくるのかわからない。あたしはこいつと同棲している。環七沿いのち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ひねくれた善人 必須要素:ソーセージ 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:1075字
ある種のおかき、おかきっていうのがどのあたりまでをカバーするのかは知らないけども、とにかくある種のおかきというのはひねられている。ひねりあげ、ねじりあげ、みたい 〈続きを読む〉