すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:プロの銀行 必須要素:即興小説のステマ 制限時間:4時間 読者:2 人 文字数:1532字
とある町の話その街は観光地として賑わいを見せていたが一つの問題があった。観光客の品性の問題か、いや違うどこか牧歌的でありながら歴史の重さを感じられる町の環境客の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:真実の結婚 必須要素:即興小説のステマ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:588字
「結婚ってなんだろうな・・・・・・」 加藤は、友人である佐藤によく分からない質問をした。 「結婚ってそりゃ、将来を誓いあった2人が家族になるって事だろ」 「いや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:明るい駄洒落 必須要素:ステマ 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:563字
(#1) 居酒屋ステマ。 駅前商店街の一角に昔からあった古びた食堂を改装して、つい最近オープンした店。 通勤途中に何度も通り過ぎた路地の向こう。 ついに今夜、私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クロイ≠レイ お題:戦争と兄 必須要素:即興イラストのステマ 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1876字
「おいおい、本当に、お前、俺にこれをやらせるつもりか」 兄貴がひくひくと顔をひきつらせながら、ささやくように言った。「何でもするって、そういったじゃん」「そりゃ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:RA907 お題:プロのにわか雨 必須要素:ステマ 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:1031字
地面まで落ちきるのもそう遠い未来ではないだろう。少し先を行く同業者が風に煽られてコースを逸れ、予定した位置に落ちることができそうにないと上司に電話をしているの 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:最弱の虫 必須要素:即興小説のステマ 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:553字
「少し前に、とあるアリが脅威だ、ってメディアに取り上げられてたけど、パッタリ見なくなったね」唐突に始まるとりとめのない世間話。話題は虫?のようだ、なんて思いなが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:syromid お題:赤い死 必須要素:ステマ 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:442字
それは赤かった。深紅の、血のような赤。紅が俺は好きだ、紅の染まった俺を慰めるやつはもういない……。この世界は紅に染まればいい。深紅の薔薇の花びらが舞い、俺はそこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うるさい始まり 必須要素:ステマ 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:893字
もしもあの頃の私が三谷くんのことを好きだったって言ったら、あなたは信じる? そんな言葉を急に投げかけられ僕は立ちすくんだ。「えっ……?」 思わず口から出たのは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:たった一つの14歳 必須要素:即興小説のステマ 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:508字
あなたは今、何歳ですか?部活と勉強の両立に悩む16歳?就職活動に奮闘する22歳?周りが結婚して焦る28歳?転職を考えている32歳?新入社員の扱いに困っている45 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:淡月@練習 お題:たった一つの14歳 必須要素:即興小説のステマ 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:794字
「わしは14歳じゃ。ローティーンじゃぞ?」老人のような口調で、目の前の少女は語る。「……なら、そんな喋り方はやめたらどうかしら」女は呆れたように、隻眼の瞳を再び 〈続きを読む〉