すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:匿名さん お題:煙草と英霊 必須要素:スキンケア 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:692字
戦争で特攻を命ぜられた人物たちを奉る神社とやらに、足を運ぶはめとなった。親族の頼みで参拝の代行を務めるのだが、この親族というのが非常に面倒な輩で、いつもいつもど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:子供のにおい 必須要素:スキンケア 制限時間:1時間 読者:35 人 文字数:1059字
ある企業が革命的な成分の開発をした。それは二次成長で発達するアポクリン腺を子供の頃に戻すという成分である。一部のアポクリン線によって体臭は発生する。よって体臭 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろくなみの お題:捨てられた町 必須要素:スキンケア 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:1043字
「この星ももう捨てられたのか」 太陽系第三惑星、地球。 自然は豊かで住人たちは笑顔にあふれていると宇宙ではまことしやかにささやかれていた。 だがその実態は捨てら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろくなみの お題:暗黒の深夜 必須要素:スキンケア 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:1006字
化粧をして出かけるなんて、大学生になったら当たり前になるってことを、もっと早く知っておくべきだった。 そのために必要なものに、『すきんけあ』をしなければならな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:康一君 お題:元気な愛人 必須要素:スキンケア 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:1124字
新しい愛人ができた。 愛人、といってもまあぬるいものである。 こう、ねっとりというか、ぐっちょりというか、ぬんめりというか、そういう関係ではない。 いや、そう 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:息子 お題:元気な愛人 必須要素:スキンケア 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:809字
妻が浮気をしていた。 最初に異変に気付いたのは、スキンケア用の見慣れない化粧品を付けていたことに気づいた時だったと思う。その時は『ふふっ、そんなものつけなくて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 お題:元気な愛人 必須要素:スキンケア 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:912字
「おはよーございまー!!」鼓膜を豪快に震わす大声に思わず目を覚ます。覚醒しきっていない目を擦るとカーテンの隙間からさんさんと輝く太陽をバックに、雛川マツリがニコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:元気な愛人 必須要素:スキンケア 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:1194字
「あたし、あなたの愛人になりたいの」 完璧過ぎるスキンケアを毎日繰り返して得た美貌を見せつけながら、彼女は僕にこう告げた。なんとも、心が擽られる言葉である。これ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:燃えるふわふわ 必須要素:スキンケア 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:519字
僕は目が覚めた…【あれ…?僕は今まで何をしていたんだ…?】そこは見知らぬ場所であった。周りを見渡してみる。何も無い。ただ、後ろを振り向くとふわふわしている幽霊み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
あかなめなめ ※未完
作者:匿名さん お題:明るいぺろぺろ 必須要素:スキンケア 制限時間:4時間 読者:51 人 文字数:1527字
「わたし、あかなめなんです。人の肌を舐めないと死んじゃうんです」 それが、おれと奇妙な同居人の、最初のファーストコンタクトだった。 築五年、駅近、二階建て、木造 〈続きを読む〉