すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:キム お題:官能的な小説修行 必須要素:ゴマ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:996字
山奥にひっそりと佇むお寺。ここでは月に一度、官能小説の書き方について講習が行われていた。本来であれば煩悩を祓うためのこの場で官能小説を書く、ということが話題とな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:我有一徹@カクヨムVtuber お題:官能的な小説修行 必須要素:ゴマ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:863字
ぬるりとすべる姿を一筆入魂して書き写していく。「なんでそれを書きたいと思ったの?」「ディープキスの描写にするんだ」「ふーん。セクハラだよ?」「そっちが聞いてき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:官能的な小説修行 必須要素:ゴマ 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:861字
【汗、吐息、ゴマ担々麵】 ずず、と彼が麺を啜る音で、微睡からゆっくりと覚醒する。 私が少しだけ首を持ち上げて、彼の方に視線をやると、少し離れたテーブルに向き合っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:犬狂い✒ お題:官能的な小説修行 必須要素:ゴマ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:579字
「ちと、お前さん……」作家を目指している僕に、急に話しかけてくる怪しい人物がいた。一言でいえば、僧侶――お坊さんだった。「なんですか……」僕は警戒して、後退しな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:人妻の靴 必須要素:ゴマ 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:981字
うどんを茹てざるにあけ、水道水でぬめりを取り水を切って皿に盛り付ける。お椀を準備してそこにうどんつゆを注ぎ、氷水で二倍に薄め、あとはノリとかネギとかわさびとかそ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:息子 お題:打算的な王 必須要素:ゴマ 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:592字
緊急事態である。空想研究部が生徒会長をを超える存在である生徒会王を生み出した。生徒会王に支配された生徒会は、かつてないほどの混沌を極めることになる。何を言って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早良しの お題:大人の料理 必須要素:ゴマ 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:780字
「ゴマをするのです」「ゴマをですか?」「ええ。すりきれるだけすりましょう」 テレビ画面の二人は棒立ちのまま、延々とゴマをすり始めた。「ママ、この番組つまらない」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昨日食べた食器 必須要素:ゴマ 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:908字
ザァーと水が流れる音が、キッチンの洗い場から聞こえてくる。浄水器が取り付けられた近未来的な蛇口から、何が変わったのかわからない澄んだ水が流れ落ちていた。 その 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:珠樹 お題:正しい娘 必須要素:ゴマ 制限時間:1時間 読者:65 人 文字数:2089字
私は昔から早起きが苦手だった。「お嬢様、お目覚めの時間ですよ。今日は綺麗に身支度を整えなければ」「……ええ、そうね。名残惜しいけど」 それが例えどんな日でも。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:えん@雑記 お題:明るい地獄 必須要素:ゴマ 制限時間:30分 読者:72 人 文字数:974字
男は死んでしまった。 明るい場所、光の空間で目が覚める、男の胸には大きな傷があり、何故生きているのか不思議だった。 一人の女性が歩いてくる。 男は驚いて女性へ 〈続きを読む〉