すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ぐふふ、復讐 必須要素:ガン保険 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1123字
「今日から一か月後に殺しに来るから、それまでに何か保険にでも入っておくんだな」まだうら若い女にそのように告げると、女はぽかんとしたまま、どうして私なの?とつぶや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:織倉未然 お題:隠されたつるつる 必須要素:ガン保険 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:468字
クラスメートの霊能力者曰く、僕の右肩には黒い影があるのだという。最初に聞いたときこそ驚いたし、自分のパーソナルスペースにそういうものがいるなら、それは病に違い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:小説家たちの新卒 必須要素:ガン保険 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:970字
「がんになったのがきっかけで小説家になりました」という話をテレビで見た。がんになって、自分のやりたいことをやろうという思いになり、そんでいろいろなことをやめて、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
がん ※未完
作者:匿名さん お題:急な伝説 必須要素:ガン保険 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:1326字
うちの爺ちゃんの話をしよう。爺ちゃんは近所の和菓子屋のまんじゅうが大好きだ。1個100円。一口齧ると、シャリシャリとした黒砂糖の食感と優しい甘いが広がる。まとめ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:気持ちいい心 必須要素:ガン保険 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1214字
母が墓地で転んで、手首の骨にひびが入った。「うわあー、うわあー」骨折などしたことがない人生を歩んでる私としては、新鮮だった。骨折ってなんかフィクションだと思って 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
やっちまった ※未完
作者:saica お題:彼のサイト 必須要素:ガン保険 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:202字
時計の針が重なり、それから気付いた時は既に三回ほど交差した。周囲は暗く、空席となった雑多なデスクが整然と並べられている。明かりらしい明かりは私の手の先、四角いモ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:信用のない罪人 必須要素:ガン保険 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:983字
ぼたぼたぼた。 畳をリズミカルに打ち続ける鼻血を良子は呆然と見つめ続けていた。その場にいた誰もが彼女を見つめていた。娘の美香の三回目の誕生日。父がケーキを運ん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:遅すぎた時雨 必須要素:ガン保険 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:788字
子供の頃の夢は名探偵になることだった。本当は世界を震撼させるような犯人に憧れていたが、ビルの爆破シーンとかに憧れていたが、それをそのまま言うとドン引きされるだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とろろ お題:優秀な学校 必須要素:ガン保険 制限時間:30分 読者:67 人 文字数:766字
限られた時間と機会の中で対象に致死量の毒薬を接種させる技術――それこそが常にこの修練所の最大の学習目標であり、課題であり、生活の目標であった。この修練所で学ぶ内 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:運命の人体 必須要素:ガン保険 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:389字
昼飯でもたべようと思って、茶の間に行ったらダイレクトメールをみつけた。意図的なのか、偶然なのか、雑然としたテーブルの上に積まれた、雑誌の間に挟まれていた。「画期 〈続きを読む〉