すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:美しいスキル 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1032字
チューインガムで、美しい鶴を作ったっていう画像を見せられた。「はあ?」ラインできた。そういうのが。写真もついてきた。ぽこ、ぽこ、って連続で来た。そのあと少しおい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しらいわと お題:凛とした悲しみ 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:325字
委員長が告白して振られたらしい。そのことがクラス中に広まるまでには、そう時間はかからなかった。いつも背筋をぴん、と伸ばし、真面目な顔をしている彼女だったが、今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:凛とした悲しみ 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:308字
私は、疑問を持ちながらも何も解決しようとしない悪い癖がある。ある日ボーリングに行った際に投げ方について指摘を受けたり、普段置かれている道具が何に使う道具なのか5 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:酒井P@物書け お題:君と失望 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:805字
――ああ、君には失望したよ。もう友達とは思えない。 はぁ? 何を言い出したのかと問われるとはね。 それはこちらのセリフだよ。全く。 気がつかないものなのかね。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恋のハゲ 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:587字
私はガムを噛んでいる。思考を巡らせるスイッチとして、ガムを噛むのが癖になっているのだ。さてそこまでして私が何を考えているのかと言えば、「ハゲには恋をする資格が 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:旗之助 お題:軽いぬるぬる 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:633字
暗く湿った、深い森の奥の奥。秘境とされる領域に迷い込んでしまった冒険者は途方に暮れていた。手元の地図と周りの地形を照らし合わせてみても、自分が何処に居るのか見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:神のアパート 必須要素:ガム 制限時間:4時間 読者:25 人 文字数:1531字
ガムが吐き捨ててあった。古びたアパートの壁に、ぺったりとくっついている。「あーあ、誰がこんなことをするんだ? 近所の子供か。地獄に送ってやろうか」 この怪しげ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クロイ≠レイ お題:ちっちゃなガール 必須要素:ガム 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:2101字
ある日。 道端を歩いていると。 とてもかわいらしい女の子に会った。 フルフリのドレスを着て。 サラサラの髪を太陽の光で輝かして。「ちょっと!見てないで助けてよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とろろ お題:淡い土地 必須要素:ガム 制限時間:30分 読者:52 人 文字数:892字
砂埃を吸わないよう口にハンカチを当て、道を歩く。絵の具で塗ったような赤い土が、地球の赤土と全く異なり、いかにも辺りの風景を異星風情といった趣にしていた。赤土の赤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:望月結友 お題:女の誤解 必須要素:ガム 制限時間:30分 読者:73 人 文字数:796字
ゆれる君の横顔をみている。 まっすぐに落ちてきた日差しが水面で反射して撒きちらす光は君の素肌をあかるくみせ、さえぎる物のない潮風は容赦なく髪をみだしていく。 〈続きを読む〉