すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:気持ちいいいたずら 必須要素:もみあげ 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1138字
祖父の代から続いている緑町理髪店の店主は、意味もなくハサミを動かして途方に暮れていた。時計の針は17時に差し掛かり、閉店の時刻を迎えようとしているが少しの疲労感 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:免れた言い訳 必須要素:もみあげ 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:1657字
いつものようにバイト先に出勤すると、店が燃えていた。田舎町に唯一あるファーストフード店だったので、昼飯を食べにきた人が大勢いて、みんな燃え上がる店舗を囲んで呆 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
水の音 ※未完
作者:匿名さん お題:綺麗なピアニスト 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:994 人 文字数:451字
僕は毎週通っている場所がある。駅から歩く道にはカフェテラスが並び、コーヒーの香りとかしましい笑い声が響く。石畳の道は、革靴で歩くのにちょうどいい。女性がハイヒー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:気持ちいい正義 必須要素:もみあげ 制限時間:1時間 読者:39 人 文字数:1987字
もみあげが、異常に立派であること。それが、花の女子高生である私の、当面の悩みだった。 髪を切ると、その日の夜にはもみあげだけが胸のあたりまででろんと伸びている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
朝のカミサマ ※未完
作者:鷲野眼 紘 お題:朝の神話 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:422字
眩い光に包まれて、私は目を開けた。カーテンを閉めていたはずなのに、やけに明るいな。寝過ごしたか……?などと思いつつ目覚めた私の目に映ったのは、光り輝く、ヒトだっ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
※未完
作者:ちゃ お題:暑い性格 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:492字
どうして彼はいつもいつも、こうして泣くのだろう。隣に座って泣き噦る姿を見ながら考える。とめどなく溢れる涙にも、少しも心揺れない自分は冷血なやつに違いない。よくも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:許されざる計画 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:1095字
きっかけが何だったのかは覚えていない。 だけど彼女は海の絵を描きだしたし、先生は髪の毛を減らし始めたし、僕はもみあげを伸ばしだした。 僕らのスタートには、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:絶望的な洞窟 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:834字
だからこの夜に私は一度終わり、そして再び蘇るのだろう。 詩的にそんな言葉を思い浮かべる。絶望の詩編、その一片だ。 ぐぎゅるるるぅ……? と私のお腹は鳴った。ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:阿修羅武器 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:1046字
「とっさの時使えるように、小刀を忍ばせています」という人がいて感銘を受けた。「ふおおわああ」って思った。そうか、そうだよなあ。そういうことはあるかもしれないなあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
     ※未完
作者:かぼ お題:素朴な絵描き 必須要素:もみあげ 制限時間:4時間 読者:56 人 文字数:1585字
小中高と仲良くやってきた親友が卒業後に海外に行くという話を聞いたのはお別れの1ヶ月前だった。それも女子高生としての生活もあと少しだからちょっとサンマルク入って可 〈続きを読む〉