すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:密室の事件録bot お題:子供の悲しみ 必須要素:にゃんまげ 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:851字
「おまえなんかペットの猫と同じだ。いや、猫以下だ」そう言われながら、家族に笑われ、叩かれていた。「にゃんまげくそ野郎」という変なあだ名まで付けられていた。いっそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:10の検察官 必須要素:にゃんまげ 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:621字
(#27) 静粛に! 静粛に! カンカンと木槌を打ち鳴らす音が廷内に響き渡り、その残響音が遠ざかった後は自らの血液が流れる音しか聞こえなくなった。 ここは裁判所 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:重い海辺 必須要素:にゃんまげ 制限時間:1時間 読者:63 人 文字数:2859字 評価:0人
「なにしてんの?」「海を見ています」「こぉんな暗くて何にも見えない夜なのに?」「風情があっていいですよ」「馬鹿?」「ええ、馬鹿なことをしています」「ふぅん……」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:重い海辺 必須要素:にゃんまげ 制限時間:1時間 読者:59 人 文字数:2746字 評価:1人
見送りに手を振る彼女の姿が遠ざかっていった。車の運転席から品定めする視線があるのにも気づかず、無邪気に僕へと笑顔を向ける。僕は嬉しくなって窓から身を乗り出しな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お月見@聖女此処に降臨せり お題:重い海辺 必須要素:にゃんまげ 制限時間:1時間 読者:42 人 文字数:1973字 評価:0人
また会いましょう。夕陽を浴びた少女は眩しさに目を細めながらそう言った。波の音が言葉をやけに美しく彩った。「まるで永遠の別れみたいな言葉だね」冗談めかして答えたの 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:重い海辺 必須要素:にゃんまげ 制限時間:1時間 読者:74 人 文字数:2406字 評価:1人
暑くて暑くて死ぬと思ったので休みを取って海に行くと、なんだか若干空気感が重たかった。「なんだ?なんか修羅場でもあったのかしら?」重たい。塩のにおいが充満している 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りんこ お題:重い海辺 必須要素:にゃんまげ 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:2207字 評価:0人
すっかりと人気のない浜辺を、一人の女性が歩く。その姿は、夕暮れの波打ち際にしっくりと馴染む。白いワンピースに大きな帽子。細身のか弱さとは裏腹に、砂浜を力強く踏 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:重い海辺 必須要素:にゃんまげ 制限時間:1時間 読者:53 人 文字数:3935字 評価:0人
「にゃんまげおじさん、って知ってる?」 唐突にそう尋ねられて、わたしは「は?」とハルナの横顔を見た。 ビーチパラソルの下、ハルナの瞳は海の方を見つめている。 波 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:憧れの黒板 必須要素:にゃんまげ 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:1583字
「……にゃんまげ?」聞き慣れない言葉に、俺は眉をしかめる。うわさ話が好きなアイツが言うには、この学校にはとある怪談話があるそうだ。聞いてみればよくある話とも言え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:解けかけの氷 お題:暑いオンラインゲーム 必須要素:にゃんまげ 制限時間:1時間 読者:120 人 文字数:2546字 評価:0人
眼鏡型携帯端末、通称グラスが世に出回り初めて、かれこれ10年が経とうとしていた。グラスは、眼鏡のレンズにPC機能を搭載したもので、インターネットの閲覧や電話、ワ 〈続きを読む〉