すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:マンネリな別れ 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1152字
「もう別れる」知り合いの二人が別れるんだという。「私も別れるのがいいと思う」二人はそれぞれ互いに別れることに前向きであった。問題があったんだろう多分。このまま続 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:純平 お題:いわゆる悪魔 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:14字
すみません駄作は作りたくない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きぬ@通販はプロフ参照 お題:あいつのコメディ 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:1160字
「所詮この世は神様が作ったコメディなんだからさ」それがあいつの口癖だった。トラジェディ──悲劇だと言わないところが皮肉屋の彼らしかった。神様の作ったコメディの中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:犬狂い✒ お題:愛すべき小説の書き方 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:442字
愛すべき小説の書き方だと!?愛すべきか愛さぬべきかは俺が決める!他人の、ましてや血の通わぬインターネッツのランダムテーマごときに決められることではないわ!それで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アテルイ お題:忘れたい川 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:2時間 読者:16 人 文字数:1479字
昔の思い出 「そうだな、こんな話しはどうだろうか?。まぁ、ずいぶん昔の話しなんだが・・・。」 同僚は、そう切り出しのは随分と酒が廻ったころだった。私は、この日 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ichiduki お題:最強の地獄 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:489字
気がつくと、僕は死んでいた。自分が死んだと気がつくのにしばらく時間がかかったが、ごうごうと燃える炎が自分の回りを取り囲んでいて、目の前には、大きな机があり、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:死にかけの艦隊 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:30分 読者:52 人 文字数:19973字
死にかけの艦隊死にかけの艦隊死にかけの艦隊死にかけの艦隊死にかけの艦隊死にかけの艦隊死にかけの艦隊死にかけの艦隊死にかけの艦隊死にかけの艦隊死にかけの艦隊死にか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
猫に鉛筆 ※未完
作者:匿名さん お題:これはペンですか?違うわ、それは事件 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:515字
自分が変われた日のことを覚えているだろうか? 初めて逆上がりが出来た日、初めて勇気を出して好きな子に告白できた日。それは目標を達成できた日であったり、何かに勇 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:どこかの妄想 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:1時間 読者:36 人 文字数:665字
「『どこか』ってどこだよ!?」 俺はそう言いながら空に向かってキレてみた。「私よ!」 空に向かってキレたはずなのに、気付けば目の前には超美人の女の子がいた。髪は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:哀れな演技 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:4時間 読者:51 人 文字数:994字
どうしてこうなったのだろう。少女、月宮凛音は心から後悔していた。そもそも事の始まりは数日前まで遡る─「今日、転校生が来た」担任の御影先生の言葉に、教室は騒がしく 〈続きを読む〉