すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:DDT お題:怪しい娼婦 必須要素:○ックス 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:394字
どこで待ち合わせる?思考が停止した。やっぱファミレスじゃダメか。すごい服装の人が来たら困る。露出多めで真っ赤な唇にサングラスみたいな。子ども連れの中では浮くだろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:愛すべき血 必須要素:○ックス 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:716字
鈍い光を放つその柔肌を愛撫する。君は、擦れ声にも似た嬌声をあげる。さっきまで冷たかった肌が、確かな温もりをもって、僕にすがりついてくる。 悪いけど、今日は優し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:楽しい霧雨 必須要素:○ックス 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:843字
小学校のころだったか、国語の教科書に三年峠の話があって、その当時の私というのはそういうモノに対して全くの興味がなく、読書なんかもしないパーだったので「へー」みた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:贖罪の善意 必須要素:○ックス 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1028字
部屋の肌寒さが、理恵子の頭をゆっくりと冷やしていく。白い枕カバーも、シーツも、自分の汚さを責めているように思えてしまう。無機物を擬人化するような幼さは、とうの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昨日の、と彼は言った 必須要素:○ックス 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:31字
昨日のカレー美味しかったよと彼は言った。◯ックスしている時に。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:紅茶とハゲ 必須要素:○ックス 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:516字
僕は紅茶が好きだ。いろいろな茶葉を揃えている。気分は英国紳士である。ティーポットに分量の茶葉をいれ、水を注ぐ。そしてそれを持って部屋を歩き回る。水出しアイスティ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:やわらかい薔薇 必須要素:○ックス 制限時間:1時間 読者:59 人 文字数:2693字 評価:0人
着の身着のままでホテルから飛び出して、昼間よりは涼しくずいぶん心地よくなった夜風に当たっていると、さっきまでの悪夢が嘘のようだ。日中の蒸し暑さも太陽が沈んだあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:やわらかい薔薇 必須要素:○ックス 制限時間:1時間 読者:93 人 文字数:2794字 評価:1人
――たしかに不公平かもしれんな――僕の前にいる男は頬杖をついて、その性格の悪さを示すような笑みを浮かべていた。僕らがいるのは小高い丘の、白い石造りの四阿。簡素な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:やわらかい薔薇 必須要素:○ックス 制限時間:1時間 読者:104 人 文字数:2919字 評価:1人
その男が来る日は地獄だった。「じゃあね、頼んだよ。美輪子も、しっかりおじさんの言うことを聞くのよ」 母が出かけてしまうと、あの男は必ずわたしの肩に手を回す。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:絶望的な犬 必須要素:○ックス 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:563字
今、俺は絶望している。なぜなら番の相手がオスだったからだぁ!!!!!どうしてだ!めっちゃかわいいメスかと思っただろ!?でもあれがついているではないか。あーーーー 〈続きを読む〉