すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:にい お題:暴かれた哀れみ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:679字
道路脇の側溝に住んでいるやつがいて、通勤前は必ずうえをまたぐのだが、そのときいつも迷惑そうな顔をされる。座っている姿しか見たことはないが、たぶん小柄な男だ。あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:彼女が愛した殺人 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:504字
子供たちの未熟な精神に悪影響という理由から、学校の図書室から推理小説が消えてのち。委員の生徒が考えついたのが、推理小説っぽくない見た目の推理小説を仕入れるとい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:知らぬ間のプロポーズ 必須要素: 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1006字
「朝ごはん食べたいなあ・・・」ある日の朝、不意にそんなことを呟くと、ドン!ドン!って音がして、脇にあるテーブルに盛られたご飯とおみおつけが出現した。「は?」一体 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きなこもち お題:オチは霧雨 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:430字
「あーモテたいねえ…」「モテたいねえ…」「もう女なら誰でもいいよ…」同じオタクということで仲良くなった2人の男、今日も学校の帰り道で不毛な会話を繰り返す。当然と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:遠いフォロワー 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:1118字
「遠心力って知ってるか」百井が後ろ前に座った、椅子の背にのめりながら言った。夏川は眉根を寄せて答える。「急になに」「いや、オレたちにもかかってそうだなーって思っ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:たつみち お題:腐った天才 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:506字
いやぁ、参った参った。満面の笑顔で手を叩いて笑うよれた白衣の男。 彼はさまざまな称号を獲得し、天才と持て囃された高名な科学者である。しかし、彼の発明が成功した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風呂 お題:僕が愛した凶器 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1057字
『あなたの好きな武器はなんですか?』 こう訊かれて、余程の忌避感を持っていなければ、答えられない人はいないだろう。 剣、槍、弓、銃やその他、個人が携帯出来るもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:激しい教室 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:884字
彼女が教室のドアを開けた時には、そこはすっかり戦場と化していて、教卓・机・椅子・黒板・ロッカー・窓ガラス・その他あらゆる設置物は、もはや原型を留めてはいなかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:贖罪の経験 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:470字
世界中に犯罪者がどれだけ存在しているのか。そのようなことを考え始めたのは14歳のときだった。食欲や睡眠欲と同じように殺害衝動があったし、なにより彼の求める性的 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:小さなサイト 必須要素:二人称 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:979字
「ねえ、絶対に楽しいから、面白いから」と言われて、友人とキャンプに行った。「嫌です。絶対に行きたくない。他の人を誘え」私がインドア、それも根っからのインドアとい 〈続きを読む〉