すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
傷の貯金 ※未完
作者:匿名さん お題:傷だらけの貯金 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:692字
彼と初めて会ったのはいつ頃だったでしょうか。たまたま授業で隣の席になり、お話する機会があったのです。彼は本当に優しいお方でした。頭も良く、性格も優しく、非の打ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:信用のない血痕 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:309字
「犯行現場に血痕があったとする」「唐突ね」 彼女は目をぱちくりさせる。だが、食事の手を緩めることはなかった。「非常に重要な証拠だ。もしかしたら犯人に繋がる手がが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:信用のない血痕 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:1049字
日本国って海洋国です。ある程度の経済規模がある同じような国って、イギリス、オーストラリアぐらいですが、この2つは造船業に関してはそれなりの実力を持っています。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ラブレター ※未完
作者:匿名さん お題:儚い軽犯罪 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:447字
駄菓子屋で一人の少年がきょろきょろと回りを見渡している。 ーーあからさまに怪しい……。 どうやら奥の方にいる私の姿は入口近くにいる彼には見えていないらしい。 私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:これはペンですか?違うわ、それは誰か 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:607字
「……しまった」 営業に向かう途中、私はポールペンのインクを切らしていることを思い出した。道中で購入するつもりだったのだが、うだるような夏の暑さがその思考を奪い 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃの稲妻 制限時間:4時間 読者:7 人 文字数:338字
ぐちゃぐちゃな稲妻はまっすぐ着地する。着地した後どこに行くかというとわからないが、ただただ進んでいく。ぐちゃぐちゃな稲妻はこの場所を見る。ぐちゃぐちゃな稲妻はこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ@にじそうさく 3階H-09 お題:すごい旅行 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1974字
「水筒は持った?」「……うん」「着替えと、寝袋は?」「……うん、持ってるよ」「よろしい! あとはお姉ちゃんが全部持っていくからね。それじゃあ――」 出発だ! と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とろろ お題:少女の運命 必須要素:豚肉 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1027字
まず初めに、私のような罪人が、こうしてのうのうと遺書を書くことをお許しください。彼らからそんな未来も時間も永遠に失われてしまった――奪った人間こそ私であるという 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:戦艦のデマ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:664字
(#13) 目の前に広がる光景に息を飲んだ。 見渡す限りの炎。それらから立ち上る黒煙。そこかしこに転がっている死体。 操縦桿を握りしめる手のひらからは止めどなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完2 ※未完
作者:ckt お題:弱い想い 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:3764字
僕は旅をしていた。 寒い地域で、羊の毛のようなもこもこした生地にくるまれるようなコートを着て、黒い景色の中、ランプを掲げて進んでいた。そこでは恐ろしい妖精が現 〈続きを読む〉