お題:団地妻の監禁 制限時間:15分 読者:904 人 文字数:1549字

檻の鍵
 わたくしの名前は、井上佳子。イノウエ、ヨシコ、と申します。
 俗に言う、専業主婦をしておりますの。家庭を守り、夫を支えているんです。これだって、立派な職業、そうでしょう?
 わたくしは夫の仕事の関係で、団地のほうに住んでおりまして。ここでは女性の、つまり奥様方のあれやこれやの、いわゆる陰口、噂、そういったものが根も葉もないようなものから現実味を帯びたものまで、様々なものが行き交っているんですよ。
 もう、重苦しいまでの女性社会なんです。主夫さんは、いらっしゃいません。まったく、疲れてしまいますね。

 わたくしも、ここに越してきたばかりのころは、やれ挨拶のやり方がなってないだの、引越しの仕方が悪いだの、庭の木の葉が道やお隣に落ちるだの、ゴミの出し方がなってないだの、散々でした。
 いわゆる、洗礼ですね。本当にもう、まいってしまいますよ。

 そんなわたくしの心にも、一筋の希望の光がありました。

 夫、ではありません。大事なパートナーであることには代わりはありませんが、彼はここから救ってはくれないのです。いわば彼のせいでここに来ることになってしまったも同然、といったところでは、逆の意味を持つでしょう。確かに大事な人ですが、ここで言う希望、には値しません。

 わたくしには一人、ここでも、友人ができました。
 名を、田中恵さんといいます。タナカ、メグミさんです。
 
 彼女は、数少ない、わたくしと同じ世代の女性でした。ここいらでは、ご年配の方のほうが多いのです。若いと、それだけで妬まれることも少なくないのです。

 彼女は私によく接してくれました。ゴミの出し方が、と言われたときは、言われなくては分からないようなここのローカルルールをちゃんと教えてくれて、木の葉っぱが、と言われたときは、わたくしにはよく分からないインターネットを使って、その対処方法を一緒に考えてくれたりしました。
 そして、ほかの方との間に入って、仲を取り持ってくれたりしました。

 彼女のおかげで、わたくしはこうして、今の安寧な専業主婦生活をおくることができるようになったのです。
 しかし、生活が安定するにつれて、彼女とわたくしの接点は、すこしずつ、無くなっていきました……。


 ある日のことです。
 わたくしは、檻を購入いたしました。

 なんでかって? 用途はご想像におまかせいたします。
 これは、愛しい彼女のためですから、ね?

 ある情報を小耳に挟んだわたくしは、これを実行せずにはいられなかったのです。
 もう、我慢なりませんでした。
 必要な小道具を書店などで調べ、購入します。少し、恥ずかしかったですが、そうも言っていられませんね。


「ヨシコさん、聞きましたよー!」
 メグミさんが、わたくしの家に久々に遊びに来ました。わたくしの意図も知らずに。
「メグミさんが好きだって言うから、わたくし、頑張りまして」
 何を? ヤボなことです。
「早く見せてくださいよー!」
 我慢ならない、といったていで、彼女は口をすぼめて笑っています。なんて愛くるしいのでしょうか。

「そんなに焦らなくても、逃げませんから……ね?」
 わたくしはそっと……檻の鍵を、取り出しました。



「かわいいー! ウサギ、うちでも飼いたいんですけどねー!」
「でしょう? メグミさんが好きだって聞いたので、つい。夫におねだりしてしまいました」
「イエウサギの、赤い瞳に白いボディって、こう、かわいくないですかぁー?」
 デレデレとうさぎを撫でながらメグミさんが言います。



 一人でペットショップなんて、始めてで恥ずかしかったですね。
 でも、メグミさんとの接点を作るためでしたから、頑張りました!
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
団地妻の監禁 ※未完
作者:うぇいく◆JAGIE8/xUM お題:団地妻の監禁 制限時間:15分 読者:727 人 文字数:567字
「もう……またこんなに溢して……。誰が掃除すると思ってるのよ……。 どうせ私がしなきゃいけないんでしょ、分かってるわよもう……。 あなたは何もしてくれないし…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
えろくない ※未完
作者:匿名さん お題:団地妻の監禁 制限時間:15分 読者:323 人 文字数:274字
俺の母親が殺されてからもう2週間が経つ、父は長期出張で他県に居るそれに今言ったところでどうしようもないだろう それにこれを見られては困る俺が部活を終え自宅につい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆきみし食べたい丸 お題:団地妻の監禁 制限時間:15分 読者:385 人 文字数:547字
彼女を監禁してから二週間が経った。同じマンションの隣室に住んでいた彼女を拘束しているのに、これといった深い理由は無い。ただ、「今ならやれるかな」と思ったことを実 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みどりん お題:団地妻の監禁 制限時間:15分 読者:556 人 文字数:582字
鮮やかな赤が広がる。夕日が水平線に沈むときの燃える赤。どろっとしたその液体は、真緑の畳を血が流れるように染めて、和室の隅っこに立っている僕の足元まで到達した。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:飛瀬貴遥 お題:団地妻の監禁 制限時間:15分 読者:389 人 文字数:760字
「早く出してくださらない?」 にっこりと笑顔で言う女に、俺は頭を抱えたくなった。「いや、ですね……俺も、出してあげたいのは、やまやまなんですけれど」「そう。なら 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ホョロワーの仲人ラムネさん お題:団地妻の監禁 制限時間:15分 読者:518 人 文字数:537字
しまった、と思った時には既に遅かった。我ながら注意力散漫だな、等とぶつぶつ呟いている言峰綺礼は、見るからにガタイの良い男だが、一応戸籍上は母という事になっている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ナタ お題:団地妻の監禁 必須要素:女使用不可 制限時間:15分 読者:683 人 文字数:1025字
「おい、奴はどうした」 目出し帽を被った大柄な男が小柄な男に話しかける。「へぇ、ちゃんと逃げられないようにしておきましたぜ」 げんこつ一発。小柄な男の身体が宙を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あいしう お題:団地妻の監禁 必須要素:十字 制限時間:15分 読者:682 人 文字数:911字
『ん…ぁ…はぁっ………』声が聞こえる。いつもこうだ。僕が寝ているといつも隣の部屋から艶めかしいあの人の声が聞こえてくる。確かにあの人にはもう旦那様がいる…僕の付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:団地妻の監禁 必須要素:十字 制限時間:15分 読者:878 人 文字数:1067字
「ああ、良い眺めだね」そう言って、男は笑う。良く整った、いわゆる美形の男。証券会社の営業マンだ。私には、夫がいる。それでも、この美形の男に会いたくて、家の中にず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:12月の小説上達法 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:597字
12月、師匠は走りジングルベルは鳴り響き猫はこたつで丸くなるそんな季節。もっと簡潔に言うと年末年始の年末である。そんな誰もが忙しい季節に果たして小説のウデを上達 〈続きを読む〉

幾山アカリの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:阿修羅探偵 制限時間:15分 読者:631 人 文字数:1678字
[ジャンル:現代?] 阿修羅という単語がある。 仏教やインド神話、様々な場所に出てくる単語だが、元来は神の一人の扱いであった。 しかし、徐々に「神に敵対するもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:生かされた運命 制限時間:15分 読者:590 人 文字数:1608字
[ジャンル:ファンタジー?] 生きている人間が、生き残った人間がするべきこととはなんだろうか。 僕は、焼け野原の中心に立ち尽くして考えた。 僕は、よくある田舎の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:いわゆる悪魔 制限時間:15分 読者:528 人 文字数:1656字
ジャンル:現代 さて、私の目の前にいるものはなんであろうか。 ……小学生の頃から、おまじないなどには興味があり、すきあらばそういったことにチャレンジしてきていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:純粋な夕飯 制限時間:15分 読者:837 人 文字数:1759字
ジャンル:現在 こんな異常な状況は、初めてだった。 そして、こんなにもマトモな食事は、久しぶりだった。----------------------------- 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:魅惑の冤罪 制限時間:15分 読者:694 人 文字数:1656字
ジャンル: 私は罪を侵してなどいない。 燃えるような民衆の瞳、眼差しの集まるその頂点で、私は一人、佇んでいた。 私の後ろには十字架がある。 それは私の体を縛り付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:可愛い町 制限時間:15分 読者:1035 人 文字数:1889字
[ジャンル:ファンタジー] そこは、甘い町。 屋根はチョコレート、扉は砂糖菓子。 庭に生えている木はマシュマロで、その幹は飴でできている。 もちろんグミの実だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:誰かのつるつる 制限時間:1時間 読者:845 人 文字数:6395字
[ジャンル:ファンタジー] 私は冒険者だ。 世界中の遺跡や魔物が棲むという危険な洞窟、様々な場所を行き来してお宝を手にしてそれを売買することを生業としている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:君とクレジットカード 必須要素:文学フリマ 制限時間:15分 読者:760 人 文字数:1824字
[ジャンル:現代] 使っても使っても、現金がなくならない。 そんな錯覚を覚えていた。 そんなわけがないのに、私はクレジットカードというものの罠にすっかりハマって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:思い出の雑踏 必須要素:文学フリマ 制限時間:15分 読者:846 人 文字数:1792字
[ジャンル:現代] 懐かしい思いを噛み締めながら、私は雑踏を歩く。 周りの人々は一様に、多少の差はあれどにこやかな笑顔だった。 手にわたあめを持ってはしゃぐ子供 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:今度の電撃 制限時間:15分 読者:1029 人 文字数:1656字
[ジャンル:現代] ライトノベルという単語が出来たのはいつの頃だっただろうか。 それまで小説というのは小説という単語以外は存在しておらず、コラムだとか社説だとか 〈続きを読む〉