お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:333 人 文字数:504字

置くタイプのやつも――。
 びしょ濡れなんてもんじゃなかった。
 濡れる……というよりもう自分自身が水分になった気分。
 ひたすら汚れた俺にとって久々のシャワーだ、なんて喜んだのは一瞬のこと。
 ずっと霧状の水滴が俺に降りかかってくる。
 もう、十分だ。十分すぎるほどシャワーは浴びた。
 だけど、いやがらせのように霧が俺に降りかかる。
 あんなに暑かったはずなのに。あんなに水分を欲していたはずなのに。
 今はひたすらあのじりじりと焼けるような太陽が恋しかった。
 なあ、もう十分だろ。
 確かに汚れ続けて臭かったのは認める。
 けどもう十分洗われただろ。俺。
 こんな俺の声が届くはずもなく、霧はずっと俺に降り続けた。


「ちょっ! お前、それさすがにかけ過ぎだって! もうぐちゃぐちゃになってんじゃん。もうなんだかわからなくなってるって! もう帽子とかわかんないレベルになってるって」
「こんぐらいかけないとマジで匂いとれないんだって! たぶん、10試合くらいの汗がしみこんでるからな!」
「それにしても、かけすぎ……ってほらー。もうなくなったじゃんかよー。俺の分が……。ったく。おーい、一年! ファブリーズ買って来て!」
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:じき創作(ツイ減に努める) お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:179 人 文字数:400字
結局、某国から私が日本に帰国したのは春の始めのことであった。本来の予定であれば私は年明けには東京の土を踏んでいるはずであったのだが、向こうで出会ったバックパッカ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Hero ※未完
作者:ねここ お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:261 人 文字数:660字
薄墨色の御簾が街を覆うような夕べであった。まとわりつくような細かな雨に、じとじとと体中が濡れそぼる。黒髪の男は盛大にくしゃみをして、「ふぁあ~」と気の抜けるよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
らぶーる ※未完
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:215 人 文字数:452字
ゴーストタウンのように寂れたこの町に嫌気を感じながら職場から帰路についていた。仕事はいつもいつもルーチンワーク、マンネリズムも甚だしく無限輪廻から解脱すら出来る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヘタレな先輩 お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:614 人 文字数:644字
私は今、公園にいる。公園はジャングルジム、砂場、滑り台しかなく軽く霧雨が降っている。ちなみに平日なのに公園にいる理由ははっきり言って只のズル休みである。会社に行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:237 人 文字数:531字
傘をさすほどではない、微妙な雨だった。両手には買い出しの荷物も大量に持っているし、そんな余裕もない。サンジは霧雨でかすむ街へと足を踏み出した。食料補給のためによ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ヌノネール お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:212 人 文字数:251字
さっき出てった友人がずぶ濡れで戻ってきた。「あれ、雨降ってんの?」「ぐちゃぐちゃの霧雨だったよ……」「それを言うなら霧雨でぐちゃぐちゃ、だろー。小雨なめるからそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろく お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:251 人 文字数:133字
私は仕事でミスを犯した。すると、とにかくうるさく嫌味で有名な先輩社員が飛んできて、ぐちぐち言い始めた。この先輩の嫌なところはとにかく細かいのだ。重箱の隅をつつく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やまいも@文学フリマ東京「カ-55」 お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 必須要素:節分豆 制限時間:15分 読者:290 人 文字数:427字
――1つ、2つ、・・・子供のように、欲もなく、いつも満足し、楽しく生きていけるのが一番の幸せだと思っていた。――11、12、・・・いつしか自分にも欲が芽生えてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暗黒の就職 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:288字
「どうぞおいでくださいました。さぁさ、此方においでくださいまし」目の前には椅子と机と、それから面接官の4、5人の私の就職を祈願してくれる人間様々が並び仰せていら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
昔の消しゴム ※未完
作者:匿名さん お題:昔の消しゴム 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:86字
あ、と口から息が漏れた。机の上から消しゴムが転がり落ち、床で跳ねる。それと同時に、記憶の粒が跳ね、頭の中に広がるのが分かった。真っ白な病室に清潔なシーツが敷かれ 〈続きを読む〉

すみやきの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:愛すべき螺旋 制限時間:15分 読者:422 人 文字数:464字
朝起きると、私は螺旋の上に乗っていた。 いつものことだ。 私はいつも目覚めると螺旋の上にいて、ただひたすら人を待つ。 昔はもっと私のように螺旋に乗ってるやつも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:333 人 文字数:504字
びしょ濡れなんてもんじゃなかった。 濡れる……というよりもう自分自身が水分になった気分。 ひたすら汚れた俺にとって久々のシャワーだ、なんて喜んだのは一瞬のこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:意外な扉 制限時間:15分 読者:334 人 文字数:559字
「ドラえもーん。スネ夫が新しいゲームを買ってもらったんだって! 僕も新しいゲームが欲しいよー」「まーた、のび太くんはそんなことばかり言って! しょうがないだろ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:右の洞窟 制限時間:15分 読者:368 人 文字数:613字
我々探検隊は今決断の時を迎えている。 左の洞窟に入るか、右の洞窟に入るかだ。 見た目は全くかわらない。同じような洞窟が2つ。おそらくこれは自然にできたものでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:いわゆる洞窟 制限時間:15分 読者:375 人 文字数:695字
気がついたらびしょ濡れだった。 自分がびしょ濡れだと言うのに、なぜか全く寒くはなかった。逆に少し暖かいくらいだ。 周りを見渡すと真っ暗だった。ただ自分が生暖か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:赤い吐息 制限時間:15分 読者:417 人 文字数:707字
「はあ……今日も叱られちゃったよ。 だってしょうがないじゃん。 電話対応してて、不意にタメ語がでちゃうのだって。 別にこっちはわざとしてるわけじゃないんだからさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:オレだよオレ、悪役 制限時間:15分 読者:388 人 文字数:578字
僕は父親を亡くした。 見るも無残な姿だった。まだ物心がつくかつかないかという年齢だった僕もあの姿だけは忘れようとしても忘れられない。 父さんはワルモノに殺され 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:最後の馬鹿 制限時間:15分 読者:311 人 文字数:281字
片目をつぶった男は葬儀に遅れてやってきた。 遅れてきたのにその男は悪びれる様子が一つもない。 仏を前にしても涙を流すわけでも、悲しみをこらえるわけでもない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:10の諦め 制限時間:15分 読者:376 人 文字数:690字
「ねえ、ねえ、もうああきらめようよー帰ろうよー。 絶対ないって絶対。ね? 人生あきらめが肝心。そう思わない? みんな! だってそうじゃん。もう、ずっと探してるけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:オレだよオレ、借金 制限時間:15分 読者:373 人 文字数:740字
「おい! いるのはわかってんだぞ」 やつは僕の部屋をひたすら叩く。「オレだよ。オレ。なあ、わかるよなあ。オレが来たら何をしなきゃいけないかがさあ!」 ドアを叩く 〈続きを読む〉