お題:右の洞窟 制限時間:15分 読者:477 人 文字数:613字

最後は白いものに包まれて……。
 我々探検隊は今決断の時を迎えている。
 左の洞窟に入るか、右の洞窟に入るかだ。
 見た目は全くかわらない。同じような洞窟が2つ。おそらくこれは自然にできたものではないだろう。
 私は右の洞窟を進むことに決めた。
 なぜなら右の洞窟の方から風が吹いてくるのがわかったのだ。風があるということは向こう側まで続いているということ。一方の左の洞窟も確かめたが、風の気配はなかった。どうやら行き止まりらしい。
 我々は意を決して、洞窟へ進む。
 一人の犠牲もださずに進まねばならない。私にも待っている家族がいる。他の隊員も同様だ。
 洞窟の中はやはり湿気に溢れていた。蒸し暑くてしょうがない。けど我々は進むしかない。
 我々の行く手を大量のシダが阻む。それだけで我々の体力が消耗されている。
 ただ、時間がなかった。もうすぐ日が沈む。この洞窟の中で夜を明かすことだけはさけたい。
 しばらく進むと我々は言葉を失った。
 壁全体が白く光っているのだ。
 大理石……ってやつか。
 我々はその大理石に見とれていたその時だった。
 急に強い風に襲われる。壁に必死にしがみつく。ここでいくらかの隊員が飛ばされていく。
 飛ばされていく仲間の心配をしてる暇はなかった。
 風とともに大理石が我々に向かって飛んできた。我々はなすすべもなく、大理石に飲みこまれた……。




 ちぃぃぃん。
 え? 何? 風邪?
 いや、なんか虫が入ったみたい。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:とんでもないぬるぬる 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1058字
キッチンはぱっと見は普通らしい。友人によってはおしゃれなキッチンだというやつもいる。が、ぼくにとっては普通どころか刑事ドラマでよく出てくる刑事が犯人を尋問する部 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の動機 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:498字
ドイツから来た帰国子女のドジョンパくん。彼はドイツから来たくせに箸でめしを食う。僕は彼はほんとは日本人なんじゃないのかと思っている。「おい、ドジョンパ。お前ドイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サカッチ/九鹿 お題:初めての四肢切断 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:980字
あるべきものが無い。 なんとなくこの感覚には覚えがあった。そうだ、腕の血が圧迫とかで止まった状態で朝起きたとき、その腕が冷たくなってたときと同じなんだ。動かそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての四肢切断 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:722字
『レディース、エーン、ジェントルメェン! お待たせしました! 今宵も人体切断マジックの時間がやって参りました! 担当はおなじみ、わたくしジョンが務めさせていただ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なたね お題:調和した洞窟 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:860字
僕はある日、ちくわのなかを見てしまったことがある。 空っぽだった。磯臭い空気と共に向こうで動く兄弟が妙にちっぽけに見えて。 海原というよりは、ため池のように虚 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:サカッチ/九鹿 お題:調和した洞窟 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:482字
それは喰われた死体だった。 熊か、狼か、あるいはまだ見ぬUMAか。少なくともその死体は喰われていて、この寒さの影響で腐りもせず、いっそ美しいまでにそこに事切れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なたね お題:アブノーマルな多数派 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:855字
「我々は幸せです」 今朝、そんなことを不意に話し掛けられた。 名前も、顔も知らない。どちらかというとため息の似合うおっさんは、続けてわたしに言ってくる。「世界中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
伝説の狙撃手 ※未完
作者:びお~ら お題:理想的な父 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:444字
「ターゲットの絶命を確認」「こちらでも確認。急ぎ離脱しろ」私が引き金を引き、標的の頭に深紅の華が咲く。発見は10分以内の予定、逃げおおせるには十分な時間だ。「セ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:無意識の小説の書き方 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:840字
無意識は、小説を書くだろうか? 意識が、小説を書く。これはわかる。また、書いている内に、無意識になる。ここまでも、わかる。だが、最初から無意識で、果たして小説 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:栄光のぬくもり 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:283字
「昔はすごかったんだぜー。俺、神童って呼ばれてよォ」「その話、もう何回も聞いたっスよ。サッカーすごいうまかったんでしたよね」「そうなんだよー。オフサイドで蹴った 〈続きを読む〉

すみやきの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:愛すべき螺旋 制限時間:15分 読者:588 人 文字数:464字
朝起きると、私は螺旋の上に乗っていた。 いつものことだ。 私はいつも目覚めると螺旋の上にいて、ただひたすら人を待つ。 昔はもっと私のように螺旋に乗ってるやつも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:440 人 文字数:504字
びしょ濡れなんてもんじゃなかった。 濡れる……というよりもう自分自身が水分になった気分。 ひたすら汚れた俺にとって久々のシャワーだ、なんて喜んだのは一瞬のこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:意外な扉 制限時間:15分 読者:437 人 文字数:559字
「ドラえもーん。スネ夫が新しいゲームを買ってもらったんだって! 僕も新しいゲームが欲しいよー」「まーた、のび太くんはそんなことばかり言って! しょうがないだろ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:右の洞窟 制限時間:15分 読者:477 人 文字数:613字
我々探検隊は今決断の時を迎えている。 左の洞窟に入るか、右の洞窟に入るかだ。 見た目は全くかわらない。同じような洞窟が2つ。おそらくこれは自然にできたものでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:いわゆる洞窟 制限時間:15分 読者:492 人 文字数:695字
気がついたらびしょ濡れだった。 自分がびしょ濡れだと言うのに、なぜか全く寒くはなかった。逆に少し暖かいくらいだ。 周りを見渡すと真っ暗だった。ただ自分が生暖か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:赤い吐息 制限時間:15分 読者:542 人 文字数:707字
「はあ……今日も叱られちゃったよ。 だってしょうがないじゃん。 電話対応してて、不意にタメ語がでちゃうのだって。 別にこっちはわざとしてるわけじゃないんだからさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:オレだよオレ、悪役 制限時間:15分 読者:508 人 文字数:578字
僕は父親を亡くした。 見るも無残な姿だった。まだ物心がつくかつかないかという年齢だった僕もあの姿だけは忘れようとしても忘れられない。 父さんはワルモノに殺され 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:最後の馬鹿 制限時間:15分 読者:412 人 文字数:281字
片目をつぶった男は葬儀に遅れてやってきた。 遅れてきたのにその男は悪びれる様子が一つもない。 仏を前にしても涙を流すわけでも、悲しみをこらえるわけでもない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:10の諦め 制限時間:15分 読者:497 人 文字数:690字
「ねえ、ねえ、もうああきらめようよー帰ろうよー。 絶対ないって絶対。ね? 人生あきらめが肝心。そう思わない? みんな! だってそうじゃん。もう、ずっと探してるけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:オレだよオレ、借金 制限時間:15分 読者:480 人 文字数:740字
「おい! いるのはわかってんだぞ」 やつは僕の部屋をひたすら叩く。「オレだよ。オレ。なあ、わかるよなあ。オレが来たら何をしなきゃいけないかがさあ!」 ドアを叩く 〈続きを読む〉