お題:右の洞窟 制限時間:15分 読者:374 人 文字数:613字

最後は白いものに包まれて……。
 我々探検隊は今決断の時を迎えている。
 左の洞窟に入るか、右の洞窟に入るかだ。
 見た目は全くかわらない。同じような洞窟が2つ。おそらくこれは自然にできたものではないだろう。
 私は右の洞窟を進むことに決めた。
 なぜなら右の洞窟の方から風が吹いてくるのがわかったのだ。風があるということは向こう側まで続いているということ。一方の左の洞窟も確かめたが、風の気配はなかった。どうやら行き止まりらしい。
 我々は意を決して、洞窟へ進む。
 一人の犠牲もださずに進まねばならない。私にも待っている家族がいる。他の隊員も同様だ。
 洞窟の中はやはり湿気に溢れていた。蒸し暑くてしょうがない。けど我々は進むしかない。
 我々の行く手を大量のシダが阻む。それだけで我々の体力が消耗されている。
 ただ、時間がなかった。もうすぐ日が沈む。この洞窟の中で夜を明かすことだけはさけたい。
 しばらく進むと我々は言葉を失った。
 壁全体が白く光っているのだ。
 大理石……ってやつか。
 我々はその大理石に見とれていたその時だった。
 急に強い風に襲われる。壁に必死にしがみつく。ここでいくらかの隊員が飛ばされていく。
 飛ばされていく仲間の心配をしてる暇はなかった。
 風とともに大理石が我々に向かって飛んできた。我々はなすすべもなく、大理石に飲みこまれた……。




 ちぃぃぃん。
 え? 何? 風邪?
 いや、なんか虫が入ったみたい。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:8月の世界 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:580字
路上の空き缶を蹴飛ばした。カランカランと音を立てて坂道を転がり落ちていく。頭上には突き抜けるような青空が広がっている。ゆっくりと振り返ると、急な坂道の上に人気の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:聖女ミスリア巡礼紀行 お題:マイナーな過ち 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:642字
若気の至りとは便利な言葉だと思う。 俺は学生時代に、くだらないことを結構してきた。 不法侵入、万引き、喧嘩、それくらいなら誰もが通る道だろう? そんな俺にもひ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:朧谷礼女 お題:穏やかなしきたり 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:613字
起きてすぐにブラックコーヒーを飲むのが、俺の毎朝の習慣だ。これが無いと1日が始まった気がしない。「ん........うわあ!?」いつもより重たい体を起こすと、普 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:螺子猿 お題:そ、それは・・・秋雨 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:426字
重たい瞼を擦りながら、脳を起こす。だいぶ溜まってたのかな、一晩明けても体は重たいままだ。「おはよう、起きな」耳元で囁く。少し動いた。「…おはよう」「おはよう、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:興奮したラーメン 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:837字
まさかカップヌードル一つでこれほど喜ぶ人間がいるとも思ってなかったし、そいつが同じ研究室のやつだとも思っていなかった。 彼は理系の人間らしい180秒きっちりで 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモと美弥花 お題:永遠の味 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1044字
一度食べたら忘れられない味。禁断の果実を食べたアダムとイヴの気持ちがあたしにはよくわかる。やめれなくなったらやみつきになる。おかしなことじゃない。 実際童話で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:永遠の味 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:978字
レイミが告白した大西アツノブは、学年では有名な美形で、だから絶対断られるだろうというのがレイミの友達の間での共通認識だった。 だから、アツノブが「付き合って下 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fwfw お題:急なパラダイス 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:915字
玄関を出たら見知らぬ孤島にいた。昼間は熱かったが夜は涼しく、海も砂浜も綺麗で、その辺に果物と木の実があり、なんとなく生きながらえている。野生動物などいたらどうし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:神籬 お題:急なパラダイス 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:305字
明らかに非日常的な轟音によって、彼は安らかな眠りから引き離された。「一体何の騒ぎだ?まったく近所迷惑もいいところだぞ。」安眠を妨げられたいらだちを隠さず、彼は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説家のローン 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:579字
副業を小説家という職業にして何年だろうか。同人イベントにて単行本を売り稼ぐ。少ない金だが苦しくない生活だった。そいつのことこに行くまでは。なんて言い方は盛りすぎ 〈続きを読む〉

すみやきの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:愛すべき螺旋 制限時間:15分 読者:425 人 文字数:464字
朝起きると、私は螺旋の上に乗っていた。 いつものことだ。 私はいつも目覚めると螺旋の上にいて、ただひたすら人を待つ。 昔はもっと私のように螺旋に乗ってるやつも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:336 人 文字数:504字
びしょ濡れなんてもんじゃなかった。 濡れる……というよりもう自分自身が水分になった気分。 ひたすら汚れた俺にとって久々のシャワーだ、なんて喜んだのは一瞬のこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:意外な扉 制限時間:15分 読者:337 人 文字数:559字
「ドラえもーん。スネ夫が新しいゲームを買ってもらったんだって! 僕も新しいゲームが欲しいよー」「まーた、のび太くんはそんなことばかり言って! しょうがないだろ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:右の洞窟 制限時間:15分 読者:374 人 文字数:613字
我々探検隊は今決断の時を迎えている。 左の洞窟に入るか、右の洞窟に入るかだ。 見た目は全くかわらない。同じような洞窟が2つ。おそらくこれは自然にできたものでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:いわゆる洞窟 制限時間:15分 読者:378 人 文字数:695字
気がついたらびしょ濡れだった。 自分がびしょ濡れだと言うのに、なぜか全く寒くはなかった。逆に少し暖かいくらいだ。 周りを見渡すと真っ暗だった。ただ自分が生暖か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:赤い吐息 制限時間:15分 読者:429 人 文字数:707字
「はあ……今日も叱られちゃったよ。 だってしょうがないじゃん。 電話対応してて、不意にタメ語がでちゃうのだって。 別にこっちはわざとしてるわけじゃないんだからさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:オレだよオレ、悪役 制限時間:15分 読者:391 人 文字数:578字
僕は父親を亡くした。 見るも無残な姿だった。まだ物心がつくかつかないかという年齢だった僕もあの姿だけは忘れようとしても忘れられない。 父さんはワルモノに殺され 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:最後の馬鹿 制限時間:15分 読者:317 人 文字数:281字
片目をつぶった男は葬儀に遅れてやってきた。 遅れてきたのにその男は悪びれる様子が一つもない。 仏を前にしても涙を流すわけでも、悲しみをこらえるわけでもない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:10の諦め 制限時間:15分 読者:378 人 文字数:690字
「ねえ、ねえ、もうああきらめようよー帰ろうよー。 絶対ないって絶対。ね? 人生あきらめが肝心。そう思わない? みんな! だってそうじゃん。もう、ずっと探してるけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:オレだよオレ、借金 制限時間:15分 読者:377 人 文字数:740字
「おい! いるのはわかってんだぞ」 やつは僕の部屋をひたすら叩く。「オレだよ。オレ。なあ、わかるよなあ。オレが来たら何をしなきゃいけないかがさあ!」 ドアを叩く 〈続きを読む〉