お題:右の洞窟 制限時間:15分 読者:443 人 文字数:613字

最後は白いものに包まれて……。
 我々探検隊は今決断の時を迎えている。
 左の洞窟に入るか、右の洞窟に入るかだ。
 見た目は全くかわらない。同じような洞窟が2つ。おそらくこれは自然にできたものではないだろう。
 私は右の洞窟を進むことに決めた。
 なぜなら右の洞窟の方から風が吹いてくるのがわかったのだ。風があるということは向こう側まで続いているということ。一方の左の洞窟も確かめたが、風の気配はなかった。どうやら行き止まりらしい。
 我々は意を決して、洞窟へ進む。
 一人の犠牲もださずに進まねばならない。私にも待っている家族がいる。他の隊員も同様だ。
 洞窟の中はやはり湿気に溢れていた。蒸し暑くてしょうがない。けど我々は進むしかない。
 我々の行く手を大量のシダが阻む。それだけで我々の体力が消耗されている。
 ただ、時間がなかった。もうすぐ日が沈む。この洞窟の中で夜を明かすことだけはさけたい。
 しばらく進むと我々は言葉を失った。
 壁全体が白く光っているのだ。
 大理石……ってやつか。
 我々はその大理石に見とれていたその時だった。
 急に強い風に襲われる。壁に必死にしがみつく。ここでいくらかの隊員が飛ばされていく。
 飛ばされていく仲間の心配をしてる暇はなかった。
 風とともに大理石が我々に向かって飛んできた。我々はなすすべもなく、大理石に飲みこまれた……。




 ちぃぃぃん。
 え? 何? 風邪?
 いや、なんか虫が入ったみたい。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:記憶の私 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:357字
「○○、元気してた?」 そう笑いかけてきた人物に見覚えがなくて首を傾げた。ああ、そうだった、とその人は続けた。「記憶喪失だっけ。自分の名前さえ覚えてないんだから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:2つのホテル 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:323字
藤は地元で有名な大金持ちだプライベートで既に2つのホテルを所有していたそして贅沢の限りを味わうべく一つのホテルで寝て途中で起きてまたもう一つのホテルでも寝るとい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:空前絶後のコンサルタント 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:277字
ビジネスに失敗して多額の借金を抱えてしまった。連日ヤクザに追われ、眠れぬ夜を過ごしているところ、一人の男と出会った。 男は自らをカイムと名乗り、大量の金を稼げ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
pc ※未完
作者:まどろみ#ゆ お題:メジャーなパソコン 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:190字
パーソナルコンピュータ、通称パソコン。いつの日か私たちの生活に根付き、繁栄した。彼らは私たちを拘束する。時に数十時間、取り憑いて両手を多忙にさせるのだ。彼らは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:死にぞこないの動揺 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1196字
我が家の近所には「自殺マンション」と呼ばれている場所がある。 15階建てのマンションで、その物騒なあだ名の通り、飛び降り自殺が非常に多い。 まあ、「非常に多い 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:川ノ上 お題:反逆のヒーロー 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:794字
こんなの間違っている。そう叫びたかったのに声が出ない。ここには真実を知る人がたくさんいる。誰が悪いのかなどみんな知っているのに、誰一人として真実を語ろうとしない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:純白の山 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:806字
どうせお前のことだから菓子作りなど失敗するに決まっている、とハナから決めつけてきた兄を見返してやるために、さっそく料理本を山ほど買ってきた。料理本には懇切丁寧 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:森山 風雪 お題:不幸な暴力 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:489字
彼の子供の頃からの夢は、世界を救うヒーローになることであった。憎き悪をやっつけ、皆を助ける――そんなヒーローに。十代も半ばに差し掛かった頃、彼は突然勇者に選ばれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の弁護士 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:282字
そう、私が新米の頃ドイツ式の弁護士と名乗っていたやつがいた。そいつは生粋の日本人でドイツにいったことがあるわけでもない。本当によくわからないやつだったんだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作77 ※未完
作者:夢路 お題:今度の武器 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:495字
重い宝箱の蓋が開く。 その中にあったのはただならぬ雰囲気をしたためた日本刀だった。 手にとって、鞘から刃を少し抜いてみる。 氷のように冷たく、美しい波紋が覗い 〈続きを読む〉

すみやきの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:愛すべき螺旋 制限時間:15分 読者:536 人 文字数:464字
朝起きると、私は螺旋の上に乗っていた。 いつものことだ。 私はいつも目覚めると螺旋の上にいて、ただひたすら人を待つ。 昔はもっと私のように螺旋に乗ってるやつも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:406 人 文字数:504字
びしょ濡れなんてもんじゃなかった。 濡れる……というよりもう自分自身が水分になった気分。 ひたすら汚れた俺にとって久々のシャワーだ、なんて喜んだのは一瞬のこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:意外な扉 制限時間:15分 読者:405 人 文字数:559字
「ドラえもーん。スネ夫が新しいゲームを買ってもらったんだって! 僕も新しいゲームが欲しいよー」「まーた、のび太くんはそんなことばかり言って! しょうがないだろ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:右の洞窟 制限時間:15分 読者:443 人 文字数:613字
我々探検隊は今決断の時を迎えている。 左の洞窟に入るか、右の洞窟に入るかだ。 見た目は全くかわらない。同じような洞窟が2つ。おそらくこれは自然にできたものでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:いわゆる洞窟 制限時間:15分 読者:458 人 文字数:695字
気がついたらびしょ濡れだった。 自分がびしょ濡れだと言うのに、なぜか全く寒くはなかった。逆に少し暖かいくらいだ。 周りを見渡すと真っ暗だった。ただ自分が生暖か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:赤い吐息 制限時間:15分 読者:495 人 文字数:707字
「はあ……今日も叱られちゃったよ。 だってしょうがないじゃん。 電話対応してて、不意にタメ語がでちゃうのだって。 別にこっちはわざとしてるわけじゃないんだからさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:オレだよオレ、悪役 制限時間:15分 読者:479 人 文字数:578字
僕は父親を亡くした。 見るも無残な姿だった。まだ物心がつくかつかないかという年齢だった僕もあの姿だけは忘れようとしても忘れられない。 父さんはワルモノに殺され 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:最後の馬鹿 制限時間:15分 読者:387 人 文字数:281字
片目をつぶった男は葬儀に遅れてやってきた。 遅れてきたのにその男は悪びれる様子が一つもない。 仏を前にしても涙を流すわけでも、悲しみをこらえるわけでもない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:10の諦め 制限時間:15分 読者:471 人 文字数:690字
「ねえ、ねえ、もうああきらめようよー帰ろうよー。 絶対ないって絶対。ね? 人生あきらめが肝心。そう思わない? みんな! だってそうじゃん。もう、ずっと探してるけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:オレだよオレ、借金 制限時間:15分 読者:454 人 文字数:740字
「おい! いるのはわかってんだぞ」 やつは僕の部屋をひたすら叩く。「オレだよ。オレ。なあ、わかるよなあ。オレが来たら何をしなきゃいけないかがさあ!」 ドアを叩く 〈続きを読む〉