お題:右の洞窟 制限時間:15分 読者:379 人 文字数:613字

最後は白いものに包まれて……。
 我々探検隊は今決断の時を迎えている。
 左の洞窟に入るか、右の洞窟に入るかだ。
 見た目は全くかわらない。同じような洞窟が2つ。おそらくこれは自然にできたものではないだろう。
 私は右の洞窟を進むことに決めた。
 なぜなら右の洞窟の方から風が吹いてくるのがわかったのだ。風があるということは向こう側まで続いているということ。一方の左の洞窟も確かめたが、風の気配はなかった。どうやら行き止まりらしい。
 我々は意を決して、洞窟へ進む。
 一人の犠牲もださずに進まねばならない。私にも待っている家族がいる。他の隊員も同様だ。
 洞窟の中はやはり湿気に溢れていた。蒸し暑くてしょうがない。けど我々は進むしかない。
 我々の行く手を大量のシダが阻む。それだけで我々の体力が消耗されている。
 ただ、時間がなかった。もうすぐ日が沈む。この洞窟の中で夜を明かすことだけはさけたい。
 しばらく進むと我々は言葉を失った。
 壁全体が白く光っているのだ。
 大理石……ってやつか。
 我々はその大理石に見とれていたその時だった。
 急に強い風に襲われる。壁に必死にしがみつく。ここでいくらかの隊員が飛ばされていく。
 飛ばされていく仲間の心配をしてる暇はなかった。
 風とともに大理石が我々に向かって飛んできた。我々はなすすべもなく、大理石に飲みこまれた……。




 ちぃぃぃん。
 え? 何? 風邪?
 いや、なんか虫が入ったみたい。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:これはペンですか?違うわ、それはロボット 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:434字
これはペンですか?これはペンです。 「そんな英語どこで使うの」と誰かが言っていたが、あれは文法を学ぶためにあるんじゃないだろうか。 実際使う機会は少ないだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:鋭い電撃 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1408字
最高裁判所は異例の速さでこの世の中がすべて間違いだったと認めた。すなわち、魔法使いの存在そのものが不適切で、赦されるべきではないと言うことになった。 それで、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモと美弥花 お題:冷たい人体 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1071字
疑うものは救われない。 信じるただそれだけを行う。たった一人、一人だけ信じる。 それだけで行きてく。ボクはそうしなければ意味を持たない。 産まれた時からこの運 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:来年の狼 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1017字
今から遡ること数百年、世界に、人間が狼になるウイルスが蔓延した。そしてその病気は人狼病と呼ばれるようになり、現在の世の中ではウイルスを保持していない人間はいなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:君の反逆 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:341字
「……家出してきた」「なるほど、頑張れ、じゃあな」 涙目になる友人、しかしながら助けてやる気はこれっぽっちもなかった。「泊めてくれよ!」「ごめん、うち家訓で人を 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
すず ※未完
作者:菅田 翔 お題:大好きな夜 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:331字
凛々と風に吹かれ風鈴が鳴いている。残暑の厳しい夏の終わりに、ひと休憩を入れるかのように夜は涼しく心地が良い。雲一つない夜空を見上げて頭を空っぽにする。さて、明日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:とんでもない食事 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:835字
さまよう。 フォークで何を刺すべきか。 刻々と時間を刻む音だけが室内を満たしていく。辛うじて自らの荒くなりつつある呼吸音が隙間を縫って聞こえる。 随分と、この 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつと螺旋 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:335字
疲れて休んでいた時だった、突然目の前に渦が生まれた。 やがて渦と思われたそれは徐々にこちらへと近づいてくる螺旋だとわかった。 私は混乱した、それが噂に聞いてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:十河一之介 お題:清い霧 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:764字
この街には縁起が良いとされるものが三つある。一つは真夜中にニワトリが絶叫すること、もう一つは。そして最後に白い霧が真昼間から立ち込めること。その日は珍しいことに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:闇の博物館 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:442字
入場料学生五百円という微妙に高いけれど、暇を潰して好奇心を満たすには程よい料金が、私がその博物館に興味をもった理由だ。窓口に人はいなくて自動券売機で入場券を買う 〈続きを読む〉

すみやきの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:愛すべき螺旋 制限時間:15分 読者:441 人 文字数:464字
朝起きると、私は螺旋の上に乗っていた。 いつものことだ。 私はいつも目覚めると螺旋の上にいて、ただひたすら人を待つ。 昔はもっと私のように螺旋に乗ってるやつも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:343 人 文字数:504字
びしょ濡れなんてもんじゃなかった。 濡れる……というよりもう自分自身が水分になった気分。 ひたすら汚れた俺にとって久々のシャワーだ、なんて喜んだのは一瞬のこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:意外な扉 制限時間:15分 読者:346 人 文字数:559字
「ドラえもーん。スネ夫が新しいゲームを買ってもらったんだって! 僕も新しいゲームが欲しいよー」「まーた、のび太くんはそんなことばかり言って! しょうがないだろ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:右の洞窟 制限時間:15分 読者:379 人 文字数:613字
我々探検隊は今決断の時を迎えている。 左の洞窟に入るか、右の洞窟に入るかだ。 見た目は全くかわらない。同じような洞窟が2つ。おそらくこれは自然にできたものでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:いわゆる洞窟 制限時間:15分 読者:393 人 文字数:695字
気がついたらびしょ濡れだった。 自分がびしょ濡れだと言うのに、なぜか全く寒くはなかった。逆に少し暖かいくらいだ。 周りを見渡すと真っ暗だった。ただ自分が生暖か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:赤い吐息 制限時間:15分 読者:438 人 文字数:707字
「はあ……今日も叱られちゃったよ。 だってしょうがないじゃん。 電話対応してて、不意にタメ語がでちゃうのだって。 別にこっちはわざとしてるわけじゃないんだからさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:オレだよオレ、悪役 制限時間:15分 読者:400 人 文字数:578字
僕は父親を亡くした。 見るも無残な姿だった。まだ物心がつくかつかないかという年齢だった僕もあの姿だけは忘れようとしても忘れられない。 父さんはワルモノに殺され 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:最後の馬鹿 制限時間:15分 読者:326 人 文字数:281字
片目をつぶった男は葬儀に遅れてやってきた。 遅れてきたのにその男は悪びれる様子が一つもない。 仏を前にしても涙を流すわけでも、悲しみをこらえるわけでもない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:10の諦め 制限時間:15分 読者:390 人 文字数:690字
「ねえ、ねえ、もうああきらめようよー帰ろうよー。 絶対ないって絶対。ね? 人生あきらめが肝心。そう思わない? みんな! だってそうじゃん。もう、ずっと探してるけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:オレだよオレ、借金 制限時間:15分 読者:388 人 文字数:740字
「おい! いるのはわかってんだぞ」 やつは僕の部屋をひたすら叩く。「オレだよ。オレ。なあ、わかるよなあ。オレが来たら何をしなきゃいけないかがさあ!」 ドアを叩く 〈続きを読む〉