お題:右の洞窟 制限時間:15分 読者:391 人 文字数:613字

最後は白いものに包まれて……。
 我々探検隊は今決断の時を迎えている。
 左の洞窟に入るか、右の洞窟に入るかだ。
 見た目は全くかわらない。同じような洞窟が2つ。おそらくこれは自然にできたものではないだろう。
 私は右の洞窟を進むことに決めた。
 なぜなら右の洞窟の方から風が吹いてくるのがわかったのだ。風があるということは向こう側まで続いているということ。一方の左の洞窟も確かめたが、風の気配はなかった。どうやら行き止まりらしい。
 我々は意を決して、洞窟へ進む。
 一人の犠牲もださずに進まねばならない。私にも待っている家族がいる。他の隊員も同様だ。
 洞窟の中はやはり湿気に溢れていた。蒸し暑くてしょうがない。けど我々は進むしかない。
 我々の行く手を大量のシダが阻む。それだけで我々の体力が消耗されている。
 ただ、時間がなかった。もうすぐ日が沈む。この洞窟の中で夜を明かすことだけはさけたい。
 しばらく進むと我々は言葉を失った。
 壁全体が白く光っているのだ。
 大理石……ってやつか。
 我々はその大理石に見とれていたその時だった。
 急に強い風に襲われる。壁に必死にしがみつく。ここでいくらかの隊員が飛ばされていく。
 飛ばされていく仲間の心配をしてる暇はなかった。
 風とともに大理石が我々に向かって飛んできた。我々はなすすべもなく、大理石に飲みこまれた……。




 ちぃぃぃん。
 え? 何? 風邪?
 いや、なんか虫が入ったみたい。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:運命のプロポーズ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:424字
「僕と結婚して下さい」「はい。喜んで」彼女にプロポーズをしたのが五年前。友人らの協力によるフラッシュモブを使い、派手なものにした一世一代のプロポーズは、無事成功 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:美しい敗北 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:472字
夜の帳が降りるとき僕は負けを認める。今日も何も生み出せずに終わってしまうと嘆きながら。この終わりが必然的に日々の焦燥感を生み出す。しかしそれでもなぜだか過去は美 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:同性愛の殺し 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:826字
男と女が愛を紡ぎ合い、新たな生命は生まれる。だからといって、男は女を愛し、女は男を愛しているわけではない。新たな生命を生むための条件として、ターゲットを予め絞っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモほっけ団 お題:楽しいうどん 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1139字
力強く生きてという姉さんの願いを無視して、ぼくは命を浪費し続けた。 一族の未来なんてしったこっちゃない。ぼくには姉さんが全てで、姉さんがない生活なんて考えられ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:肌寒い接吻 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:221字
あっという間に夏休みが終わって、秋が始まったと思ったらもう冬だ。 時間の流れが早く感じるのはやはり進路のことが頭にあるからだろうか。 大学に進学するか就職する 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
とちゅう ※未完
作者:匿名さん お題:素人の出会い 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:624字
大学生になれば、彼女が出来ると思っていた。そんな数多の純情な男子の思考の例に漏れず、俺もそう思っていた。まあ、結果として、彼女が出来ることはなく、大学生活ももう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐々木 お題:賢い食器 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:692字
あの方に、いつかは温かいお料理を食べて頂きたい。そんなことを考えるのは何度目のことだろうか。彼の為に自分は、毎日のように食事を運ぶ。美味しいものを召し上がって頂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:賢い食器 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:279字
うちの先祖代々伝わる古い食器がなぜかしゃべった。古くても大事に扱っているとその物に魂が宿るというが、そんな馬鹿な。「別に大事に扱ってた、というわけでもないしな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐々木 お題:悲観的な監禁 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:525字
「もう行かなくちゃ」マグカップの中身をまだ半分以上も残したまま、彼女は自分のバッグを引き寄せた。次の言葉はきっと、『ごめんね』が来る。「どうしても、もう駄目なの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:犯人は希望 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:924字
首を吊った男の部屋にあったのは、わずかばかりの食料と、煎餅のように固い布団。着古された衣類の山と散乱するマンガ。それとVR機器が繋がった最新のゲーム機だった。 〈続きを読む〉

すみやきの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:愛すべき螺旋 制限時間:15分 読者:453 人 文字数:464字
朝起きると、私は螺旋の上に乗っていた。 いつものことだ。 私はいつも目覚めると螺旋の上にいて、ただひたすら人を待つ。 昔はもっと私のように螺旋に乗ってるやつも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:358 人 文字数:504字
びしょ濡れなんてもんじゃなかった。 濡れる……というよりもう自分自身が水分になった気分。 ひたすら汚れた俺にとって久々のシャワーだ、なんて喜んだのは一瞬のこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:意外な扉 制限時間:15分 読者:361 人 文字数:559字
「ドラえもーん。スネ夫が新しいゲームを買ってもらったんだって! 僕も新しいゲームが欲しいよー」「まーた、のび太くんはそんなことばかり言って! しょうがないだろ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:右の洞窟 制限時間:15分 読者:391 人 文字数:613字
我々探検隊は今決断の時を迎えている。 左の洞窟に入るか、右の洞窟に入るかだ。 見た目は全くかわらない。同じような洞窟が2つ。おそらくこれは自然にできたものでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:いわゆる洞窟 制限時間:15分 読者:410 人 文字数:695字
気がついたらびしょ濡れだった。 自分がびしょ濡れだと言うのに、なぜか全く寒くはなかった。逆に少し暖かいくらいだ。 周りを見渡すと真っ暗だった。ただ自分が生暖か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:赤い吐息 制限時間:15分 読者:447 人 文字数:707字
「はあ……今日も叱られちゃったよ。 だってしょうがないじゃん。 電話対応してて、不意にタメ語がでちゃうのだって。 別にこっちはわざとしてるわけじゃないんだからさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:オレだよオレ、悪役 制限時間:15分 読者:409 人 文字数:578字
僕は父親を亡くした。 見るも無残な姿だった。まだ物心がつくかつかないかという年齢だった僕もあの姿だけは忘れようとしても忘れられない。 父さんはワルモノに殺され 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:最後の馬鹿 制限時間:15分 読者:337 人 文字数:281字
片目をつぶった男は葬儀に遅れてやってきた。 遅れてきたのにその男は悪びれる様子が一つもない。 仏を前にしても涙を流すわけでも、悲しみをこらえるわけでもない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:10の諦め 制限時間:15分 読者:403 人 文字数:690字
「ねえ、ねえ、もうああきらめようよー帰ろうよー。 絶対ないって絶対。ね? 人生あきらめが肝心。そう思わない? みんな! だってそうじゃん。もう、ずっと探してるけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:オレだよオレ、借金 制限時間:15分 読者:401 人 文字数:740字
「おい! いるのはわかってんだぞ」 やつは僕の部屋をひたすら叩く。「オレだよ。オレ。なあ、わかるよなあ。オレが来たら何をしなきゃいけないかがさあ!」 ドアを叩く 〈続きを読む〉