お題:未熟な情事 制限時間:15分 読者:543 人 文字数:1279字

重ね合うもの
 私たちは、あまりに幼すぎて、あまりに若すぎたんだ、きっと。

 付き合いだしたのは大学に入ってからのことだった。
 幼馴染同士。おうちが近所。両親はよくお互いのことを知っているし、両親同士の親交も厚い。
 そんな二人がお互いを異性だとして意識しだしたのは、いつからだったのか。
 高校まで同じ学校で、そんなこと考えてみたこともなくて。
 大学を、進路を考えているときに、ああ、離れ離れになるんだな、そう思い至った時、はじめて気づいたのかもしれない。
 ずっとこの胸のうちで育ってきた、恋の芽に。


「ねぇ、なんでいつになっても手を出してくれないの?」
 からかうように、彼のベッドの上で腰掛けて、私が言うと、赤面して、武は目をそらした。
「アホ。もっと色気が出てきてから言え」
「結構、これでも人気あるんだけど」
「男女関係なく、友達として、だろ」
「悪かったわねー」
 ぶー、と口を尖らせて、近くのぬいぐるみを抱きしめる。

「ねーキョーちゃん、タケシ酷いよねー」
「ぬいぐるみに話しかけるな、気色悪い」
 武は、私の相手はほどほどにして、机に向かって勉強を続けることにしたようで、もうこちらを見てすらいない。

「タケシがあんまりにも、私の言うことを聞いてくれないんだもん?」
「お前なんて日本語通じないだろ」
「あ、ひどーい」
 もちろん、からかうだけの言葉のアヤだと分かっている。こういう口が悪い子なんだ、っていうのも、長年の付き合いでよくよく知っているのだから。
 でも、時折、いじわるしたくなるのが乙女心。

「他の人のところにいっちゃおうかな」
 その瞬間、武の手が止まる。先ほどまで、テキストのページをめくったり、何かを書いたりと、手が止まらなかったのに。止まっても、目は動いていて、物音が止むことなどなかったのに、それが止んだ。
 その沈黙で、自分が何か地雷を踏んだことを、酷く思い知らされた。

「あ、あの、タケシさーん……」
 次の瞬間、私は天井と、武の顔のアップを拝顔することとなった。
 強く強く握られた腕が痛い。こんなことしなくても、逃げはしないのに。
「ちょ、ちょっと?」
「冗談でも」
 私の言葉を遮るように、彼は言う。酷く、熱の篭った声で。
「冗談でも、そんなこと、言うな」

 私の腕を拘束していた腕は、自然と、腰の方へとくだってゆく。
 その熱に、色んなステップを走り飛ばして、何をするつもりなのか、と、ゆでダコのように、それらの予想をしては打ち消し、勝手にヒートアップしているところで、彼は私から離れた。
「ふぇ……?」
「嫁入り前だろ」
 それだけ言って、武は、また机に戻る。何事もなかったかのように。
 彼の真っ赤な耳、それだけに痕跡を残して。

 ベッドから起き上がり、彼の耳たぶに軽くキスをすると、女の子のような悲鳴が上がる。笑わずにはいられない。
「別に、嫁入り先なんて決まってるのに?」
「そういう問題じゃない!」


 ああ、今日もなんて幸せなのだろう?

 体を重ねなくたって、心は重なっている。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:壱華 お題:未熟な情事 制限時間:15分 読者:192 人 文字数:1031字
心臓が潰れてしまいそうだった。いつもの数倍大きくて忙しない音を立てている。どくんどくん。そんな言葉で表現していいのだろうか、それさえ不安になるような、そんな大き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
hihuu ※未完
作者:匿名さん お題:未熟な情事 制限時間:15分 読者:227 人 文字数:435字
橙色の柔らかな光が部屋を照らしている。 宇佐見蓮は部屋の真ん中に鎮座するテーブルに頬杖をついて、カウンターを隔てた先のキッチンに立つ友人の背中を眺めていた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:未熟な情事 制限時間:15分 読者:265 人 文字数:531字
そっと、手を伸ばして頬に触れた。彼女は子供のようにシーツをかき寄せて、小さな寝息を立ている。触れた指でそのまま頬を撫ぜると、絹糸のように細くなめらかな髪が顔から 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:未熟な情事 制限時間:15分 読者:318 人 文字数:239字
人のふりをした獣のようだと思った。目の前の男は、幼稚で、単純で、脆い。まだ人になりきれていないような、男として完成していないような。そんな若さに惹かれた。周りの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:奏多 お題:未熟な情事 制限時間:15分 読者:262 人 文字数:350字
今日もまた私はあの席に座る。 自分はまだ学生の身分で成人という枠の手前に立たされている。今日もまたあのクラスは騒がしかった。クラスメイトの男女は言葉を交わしてい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
少年の決意 ※未完
作者:匿名さん お題:未熟な情事 制限時間:15分 読者:227 人 文字数:532字
「よしっ」 あの人の部屋の前、今日こそはと僕は意気込んだ。そうやって意気込んだ僕の頭に、あの人の余裕そうな顔がちらつく。あぁ、むかつく。何よりカッコよくて、想像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:辛嶋 匁 お題:未熟な情事 制限時間:15分 読者:262 人 文字数:660字
休みどころに着いた二人の男と女が居た。女は漆黒の髪に柔らかな白いワンピースを床に捨てた。「はじめてね、貴方とは」男は喉に詰まった苦しくも甘い息をのむ。「ああ、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:永坂暖日 お題:未熟な情事 必須要素:爆弾 制限時間:15分 読者:239 人 文字数:864字
女の子は夢を見る。 素敵な男の人と出会って恋に落ち、結ばれていつまでも幸せに暮らす。 そんな夢を見る。 でも、夢を見ているだけじゃあそれが叶わないことを、わた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:北極星のなりそこない お題:未熟な情事 必須要素:爆弾 制限時間:15分 読者:179 人 文字数:768字
「ごめん」 終わってから最初に耳にした言葉が、それだった。彼はしょんぼりと肩を落として、まるで怒られた猫のようで、いつもの明るい調子からは想像もつかない。「痛い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藍さん お題:難しい天才 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:611字
僕には色覚がない皆が綺麗な赤色と言っても、僕には灰色にしか見えないし、新緑の綺麗な緑と言っても、暗い灰色としか見えない昔は、他と同じでないということに不満を覚え 〈続きを読む〉

幾山アカリの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:阿修羅探偵 制限時間:15分 読者:589 人 文字数:1678字
[ジャンル:現代?] 阿修羅という単語がある。 仏教やインド神話、様々な場所に出てくる単語だが、元来は神の一人の扱いであった。 しかし、徐々に「神に敵対するもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:生かされた運命 制限時間:15分 読者:547 人 文字数:1608字
[ジャンル:ファンタジー?] 生きている人間が、生き残った人間がするべきこととはなんだろうか。 僕は、焼け野原の中心に立ち尽くして考えた。 僕は、よくある田舎の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:いわゆる悪魔 制限時間:15分 読者:495 人 文字数:1656字
ジャンル:現代 さて、私の目の前にいるものはなんであろうか。 ……小学生の頃から、おまじないなどには興味があり、すきあらばそういったことにチャレンジしてきていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:純粋な夕飯 制限時間:15分 読者:788 人 文字数:1759字
ジャンル:現在 こんな異常な状況は、初めてだった。 そして、こんなにもマトモな食事は、久しぶりだった。----------------------------- 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:魅惑の冤罪 制限時間:15分 読者:654 人 文字数:1656字
ジャンル: 私は罪を侵してなどいない。 燃えるような民衆の瞳、眼差しの集まるその頂点で、私は一人、佇んでいた。 私の後ろには十字架がある。 それは私の体を縛り付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:可愛い町 制限時間:15分 読者:1001 人 文字数:1889字
[ジャンル:ファンタジー] そこは、甘い町。 屋根はチョコレート、扉は砂糖菓子。 庭に生えている木はマシュマロで、その幹は飴でできている。 もちろんグミの実だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:誰かのつるつる 制限時間:1時間 読者:782 人 文字数:6395字
[ジャンル:ファンタジー] 私は冒険者だ。 世界中の遺跡や魔物が棲むという危険な洞窟、様々な場所を行き来してお宝を手にしてそれを売買することを生業としている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:君とクレジットカード 必須要素:文学フリマ 制限時間:15分 読者:739 人 文字数:1824字
[ジャンル:現代] 使っても使っても、現金がなくならない。 そんな錯覚を覚えていた。 そんなわけがないのに、私はクレジットカードというものの罠にすっかりハマって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:思い出の雑踏 必須要素:文学フリマ 制限時間:15分 読者:803 人 文字数:1792字
[ジャンル:現代] 懐かしい思いを噛み締めながら、私は雑踏を歩く。 周りの人々は一様に、多少の差はあれどにこやかな笑顔だった。 手にわたあめを持ってはしゃぐ子供 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:今度の電撃 制限時間:15分 読者:997 人 文字数:1656字
[ジャンル:現代] ライトノベルという単語が出来たのはいつの頃だっただろうか。 それまで小説というのは小説という単語以外は存在しておらず、コラムだとか社説だとか 〈続きを読む〉