お題:彼と湖 制限時間:15分 読者:570 人 文字数:1463字

現実の狭間
 私の部屋からは、いつもその湖が見えた。
 時には小鳥たちが水を求め、時には動物たちの憩いの場になり、時には子供たちの遊び場所となる、そんな、大きくはないけれど、私にとっては大事な湖。

 そんな中で、時々、朝もやのなかにその影を見る。
 ぽつんとひとつだけ浮かんでいる、さみしそうな小舟。
 気になって窓から手を伸ばしても、無論、届くことなどない。そして、足を運ぶことも、できやしないのだ。

 私は部屋から出ることができない。
 生まれ持った呼吸器官の病気。それが私の体力をことごとく奪っていた。
 療養としてこの地に移り住んだはいいが、寝たきりの生活になれたこの体は、寝台に縛られ、動くことを未だ躊躇っていた。

 ある日、私の誕生日に、それが贈られた。
 可愛らしい、女の子のためにしつらえたと分かる装飾、赤いチェックの座布団の、車椅子。
「せめて外を見られたら」
「気分転換ができるように」
 そういった、暖かい両親の配慮からのものだった。
 早速座って使ってみせると、寄り添い合って、両親はいたく喜んでくれた。
 虚弱なこの体が、自力で歩くことを諦めた、そう受け取っている自分がいるのが、酷く心苦しかった。

 次の日、朝もやの中に、また小舟を探した。
 私の世界、私の窓から見える、いつも変わらぬそれ。
 水辺に遊ぶ小鳥も、動物も、子供たちも、いつも私をおいていく。
 けれど、その小舟だけは、いつも同じ時間に現れ、消えていく。
 まるで、私の心のようだと。そう、勝手にシンパシーを感じていて。

 車椅子は早速役立ってくれた。
 我が家は元々あまり段差のないつくりだったのもあって、一人で「初・車椅子デビュー!」も、そこまで苦ではなかったのだ。

 湖のほとりに出向くと、あの影はより近くに見えた。
 声をかけようと思うと、自分の喉が思うように動いてくれないことに気がつく。
「あーあー……」
 試しに少しずつ声を出して分かったが、しばらく大きな声など使わぬ生活をしていたためであろう、声帯が大きな声を出すことを拒んでいることに気がついた。

 ならば。呼びかけることが叶わぬのなら、自分から近づいていくしかない。
 私は意を決すると、より近い陸地を求めて、車椅子を走らせた。



 少年は、毎朝ここで散歩をすることが趣味だった。
 ここは亡くなった父と、よく語り合いに来た場所だった。魚を釣りながら、二人で他愛もないことをよく話していたものだ。
 しかし、ある日突然父は死んだ。交通事故だった。母はとうの昔に、他の男と消えていた。
 自分を引き取るといった親族は、自分のことをあまりよく思ってないことは明白だった。
 嫌なことばかりだから、ここに逃げ込んでいる。その自覚は、あったのだ。

 そんな日課の中、陸で、誰かの声が聞こえた。小さな声だったが、叫び声のような気がした。
 不審に思って陸地に止めると、いかにも少女趣味な車椅子が横に倒れ、少女が立てもせず、横たわっている。腕で起き上がろうとしているようだったが、無理だったようだ。

「大丈夫ですか」
「え、いや、あの……」
 彼女は恥ずかしそうに目を伏せた。



 いつも小舟に乗っていたのはあなたですか。
 そう少女が問いかけると、その少年は不思議そうに頷いた。
「そうだけど……」
「あの、あのですね!」
 少年は、黙ったまま。

「私と、友達になってくれませんか」

 少女が恐る恐ると差し出した手を、少年はにっこりと微笑み、握り返した。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ʅ(‾o◝)ʃ お題:彼と湖 制限時間:15分 読者:207 人 文字数:424字
家の裏に広がる深い森。白樺の木々を抜け暫く進むと深い霧に包まれた湖がある。そう、ここは貴方との思い出が眠る場所。湖の存在を知ったのは子供の頃。満月の夜、お祖父様 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼と湖 制限時間:15分 読者:211 人 文字数:359字
毎年、決まった時期に彼は訪れるのであった。 「今年も来たよ」 誰も居ないあの森の奥地にある湖。花束をかかえ、石の前にささげる。 「いつまでも、ここにありますよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:俺様のcensoredに酔いな お題:彼と湖 制限時間:30分 読者:259 人 文字数:935字
「黒鳥だ」「コクチョウ?」 柔和な微笑を浮かべて、彼は湖を指差した。「黒い白鳥がいるんだよ」「嘘だあ」 指差す先の鳥は確かに黒い。嘴が赤く、かたちは確かに白鳥と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろくたは菌類になる お題:彼と湖 必須要素:ゴキブリ 制限時間:15分 読者:165 人 文字数:707字
氷柱が、軒下にキラキラと輝いていた。彼はぼんやりと湖畔に立ち、薄氷の張った水面を眼前に、ただぼんやりとたっていた。「なあ。知っとるか」追いついた僕は、飯店から手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シャンディガフ森本 お題:彼と湖 必須要素:ゴキブリ 制限時間:15分 読者:207 人 文字数:993字
不思議なもので、終電よりも、一本前の電車のほうが乗客は多い。 なんとか座れた三人掛けの真ん中の席は、尻を半分つっこむのが精一杯で、とうてい落ち着きも出来なかっ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
虹とゴキブリ ※未完
作者:匿名さん お題:彼と湖 必須要素:ゴキブリ 制限時間:15分 読者:208 人 文字数:460字
彼は一人歩いていた。生まれなじんだ故郷を捨てて。故郷は遥か彼方にあった。彼らの一族は二つの脚を持つ強きものどもに追い出されたのだ。あたたかな家屋の温もりをうしな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おまつりわっしょい!! お題:彼と湖 必須要素:ゴキブリ 制限時間:15分 読者:175 人 文字数:748字
サスペンス劇場のラストシーンと言えば断崖絶壁だろうが、今僕は湖の畔に立っている。そういえば、あれは推理小説だったと思うけど、湖から両足だけを突き出した死体が有名 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あざと お題:彼と湖 必須要素:ゴキブリ 制限時間:15分 読者:198 人 文字数:771字
草が揺れた。大きな甲虫が足元を横切っていく。少し離れた草むらにそれは消えていった。一匹、もう一匹。彼らにも家族があるのだろうか、と首をひねる。 人間と違って脳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早瀬六藻 お題:彼と湖 必須要素:ゴキブリ 制限時間:15分 読者:501 人 文字数:634字
「秘境の湖にて巨大ゴキブリを見た! 捕まえに行こうぜ!」 彼はいつも俺に無茶ぶりをするが、今日は一段とハードな内容のようだ。俺はダッシュで教室を逃げだしたが、あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:12月の小説上達法 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:597字
12月、師匠は走りジングルベルは鳴り響き猫はこたつで丸くなるそんな季節。もっと簡潔に言うと年末年始の年末である。そんな誰もが忙しい季節に果たして小説のウデを上達 〈続きを読む〉

幾山アカリの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:阿修羅探偵 制限時間:15分 読者:631 人 文字数:1678字
[ジャンル:現代?] 阿修羅という単語がある。 仏教やインド神話、様々な場所に出てくる単語だが、元来は神の一人の扱いであった。 しかし、徐々に「神に敵対するもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:生かされた運命 制限時間:15分 読者:590 人 文字数:1608字
[ジャンル:ファンタジー?] 生きている人間が、生き残った人間がするべきこととはなんだろうか。 僕は、焼け野原の中心に立ち尽くして考えた。 僕は、よくある田舎の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:いわゆる悪魔 制限時間:15分 読者:528 人 文字数:1656字
ジャンル:現代 さて、私の目の前にいるものはなんであろうか。 ……小学生の頃から、おまじないなどには興味があり、すきあらばそういったことにチャレンジしてきていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:純粋な夕飯 制限時間:15分 読者:837 人 文字数:1759字
ジャンル:現在 こんな異常な状況は、初めてだった。 そして、こんなにもマトモな食事は、久しぶりだった。----------------------------- 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:魅惑の冤罪 制限時間:15分 読者:694 人 文字数:1656字
ジャンル: 私は罪を侵してなどいない。 燃えるような民衆の瞳、眼差しの集まるその頂点で、私は一人、佇んでいた。 私の後ろには十字架がある。 それは私の体を縛り付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:可愛い町 制限時間:15分 読者:1035 人 文字数:1889字
[ジャンル:ファンタジー] そこは、甘い町。 屋根はチョコレート、扉は砂糖菓子。 庭に生えている木はマシュマロで、その幹は飴でできている。 もちろんグミの実だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:誰かのつるつる 制限時間:1時間 読者:845 人 文字数:6395字
[ジャンル:ファンタジー] 私は冒険者だ。 世界中の遺跡や魔物が棲むという危険な洞窟、様々な場所を行き来してお宝を手にしてそれを売買することを生業としている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:君とクレジットカード 必須要素:文学フリマ 制限時間:15分 読者:760 人 文字数:1824字
[ジャンル:現代] 使っても使っても、現金がなくならない。 そんな錯覚を覚えていた。 そんなわけがないのに、私はクレジットカードというものの罠にすっかりハマって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:思い出の雑踏 必須要素:文学フリマ 制限時間:15分 読者:846 人 文字数:1792字
[ジャンル:現代] 懐かしい思いを噛み締めながら、私は雑踏を歩く。 周りの人々は一様に、多少の差はあれどにこやかな笑顔だった。 手にわたあめを持ってはしゃぐ子供 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:今度の電撃 制限時間:15分 読者:1029 人 文字数:1656字
[ジャンル:現代] ライトノベルという単語が出来たのはいつの頃だっただろうか。 それまで小説というのは小説という単語以外は存在しておらず、コラムだとか社説だとか 〈続きを読む〉