お題:赤い吐息 制限時間:15分 読者:438 人 文字数:707字

アラシの出る幕がない。
「はあ……今日も叱られちゃったよ。
 だってしょうがないじゃん。
 電話対応してて、不意にタメ語がでちゃうのだって。
 別にこっちはわざとしてるわけじゃないんだからさー。
 それをくどくどくどくど……はぁ……怒らなくったっていいじゃん。
 それもみんなの前でさ。そういうのは、裏でこっそり叱ってくれればいいじゃん。
 何? それ、できる上司アピール。やめてよー。そういうので新入りの僕をいじってもしょうがないじゃん。
 しかも、それと一昨日の寝坊の件を引き合いにださなくったっていいじゃーん。
 そりゃ寝坊は悪いことですよ。俺が悪いですよ。しかも寝坊の原因がゲームですから。それも悪いですけど、それにしたってさあ。そんな三日三晩毎日怒らなくたっていいじゃーん。
 はぁ……それで、散々説教した後、飲みにさそうんでしょ。勘弁してくださいよ。そんな昔の自分の武勇伝とかどうでもいいって、『西高のトビウオ』って言われてた話を永遠と三時間でしょ。誰がそんな話しよろこんで聞くってんだよ。セイウチみたいな面しやがって。
 はぁ……って。あれ? 俺、知らない間に炎だしてた? これ東京中焼け野原じゃん。え? いや、これさすがにやりすぎでしょ。あ、ウルトラマン来ちゃった。あれー気迫が違いますけどー、いやー勘弁してくださいよー。あ、ゾフィーまで呼んじゃった? いやいやいやいや、こっちそこまでマジでやってねえですから。しょうがないって。今のため息なんだって。それがたまたま一兆度の炎になっちゃうんだって。いや、東京焼け野原にしたの謝るけどさ。いや、あのご兄弟目がマジですよ。え、え……」

最終回 「さらばウルトラマン」 (完)
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:赤い吐息 必須要素:「ひょえー」 制限時間:15分 読者:300 人 文字数:397字
ほつりほつりと解けていくような夕。降り始めた雪が肩を冷やす。 手を摺り合わせ暖を取りながら家路を急いでいた。 足が縺れる。 喉と頭は無闇矢鱈と熱い。 しかし芯 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ユリイカ お題:赤い吐息 必須要素:にゃんまげ 制限時間:30分 読者:209 人 文字数:1157字
「にゃんまげ!」 スプレーアーティストの猫目小太郎は思いつくままの奇妙な言葉を時折叫びながら、 スプレー缶から漏れた赤い吐息を無機質な灰色のキャンバスに吹きかけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:これはペンですか?違うわ、それはロボット 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:434字
これはペンですか?これはペンです。 「そんな英語どこで使うの」と誰かが言っていたが、あれは文法を学ぶためにあるんじゃないだろうか。 実際使う機会は少ないだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:鋭い電撃 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1408字
最高裁判所は異例の速さでこの世の中がすべて間違いだったと認めた。すなわち、魔法使いの存在そのものが不適切で、赦されるべきではないと言うことになった。 それで、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモと美弥花 お題:冷たい人体 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1071字
疑うものは救われない。 信じるただそれだけを行う。たった一人、一人だけ信じる。 それだけで行きてく。ボクはそうしなければ意味を持たない。 産まれた時からこの運 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:来年の狼 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1017字
今から遡ること数百年、世界に、人間が狼になるウイルスが蔓延した。そしてその病気は人狼病と呼ばれるようになり、現在の世の中ではウイルスを保持していない人間はいなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:君の反逆 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:341字
「……家出してきた」「なるほど、頑張れ、じゃあな」 涙目になる友人、しかしながら助けてやる気はこれっぽっちもなかった。「泊めてくれよ!」「ごめん、うち家訓で人を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
すず ※未完
作者:菅田 翔 お題:大好きな夜 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:331字
凛々と風に吹かれ風鈴が鳴いている。残暑の厳しい夏の終わりに、ひと休憩を入れるかのように夜は涼しく心地が良い。雲一つない夜空を見上げて頭を空っぽにする。さて、明日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:とんでもない食事 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:835字
さまよう。 フォークで何を刺すべきか。 刻々と時間を刻む音だけが室内を満たしていく。辛うじて自らの荒くなりつつある呼吸音が隙間を縫って聞こえる。 随分と、この 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつと螺旋 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:335字
疲れて休んでいた時だった、突然目の前に渦が生まれた。 やがて渦と思われたそれは徐々にこちらへと近づいてくる螺旋だとわかった。 私は混乱した、それが噂に聞いてい 〈続きを読む〉

すみやきの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:愛すべき螺旋 制限時間:15分 読者:441 人 文字数:464字
朝起きると、私は螺旋の上に乗っていた。 いつものことだ。 私はいつも目覚めると螺旋の上にいて、ただひたすら人を待つ。 昔はもっと私のように螺旋に乗ってるやつも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:343 人 文字数:504字
びしょ濡れなんてもんじゃなかった。 濡れる……というよりもう自分自身が水分になった気分。 ひたすら汚れた俺にとって久々のシャワーだ、なんて喜んだのは一瞬のこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:意外な扉 制限時間:15分 読者:346 人 文字数:559字
「ドラえもーん。スネ夫が新しいゲームを買ってもらったんだって! 僕も新しいゲームが欲しいよー」「まーた、のび太くんはそんなことばかり言って! しょうがないだろ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:右の洞窟 制限時間:15分 読者:378 人 文字数:613字
我々探検隊は今決断の時を迎えている。 左の洞窟に入るか、右の洞窟に入るかだ。 見た目は全くかわらない。同じような洞窟が2つ。おそらくこれは自然にできたものでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:いわゆる洞窟 制限時間:15分 読者:393 人 文字数:695字
気がついたらびしょ濡れだった。 自分がびしょ濡れだと言うのに、なぜか全く寒くはなかった。逆に少し暖かいくらいだ。 周りを見渡すと真っ暗だった。ただ自分が生暖か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:赤い吐息 制限時間:15分 読者:438 人 文字数:707字
「はあ……今日も叱られちゃったよ。 だってしょうがないじゃん。 電話対応してて、不意にタメ語がでちゃうのだって。 別にこっちはわざとしてるわけじゃないんだからさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:オレだよオレ、悪役 制限時間:15分 読者:400 人 文字数:578字
僕は父親を亡くした。 見るも無残な姿だった。まだ物心がつくかつかないかという年齢だった僕もあの姿だけは忘れようとしても忘れられない。 父さんはワルモノに殺され 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:最後の馬鹿 制限時間:15分 読者:326 人 文字数:281字
片目をつぶった男は葬儀に遅れてやってきた。 遅れてきたのにその男は悪びれる様子が一つもない。 仏を前にしても涙を流すわけでも、悲しみをこらえるわけでもない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:10の諦め 制限時間:15分 読者:390 人 文字数:690字
「ねえ、ねえ、もうああきらめようよー帰ろうよー。 絶対ないって絶対。ね? 人生あきらめが肝心。そう思わない? みんな! だってそうじゃん。もう、ずっと探してるけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:オレだよオレ、借金 制限時間:15分 読者:388 人 文字数:740字
「おい! いるのはわかってんだぞ」 やつは僕の部屋をひたすら叩く。「オレだよ。オレ。なあ、わかるよなあ。オレが来たら何をしなきゃいけないかがさあ!」 ドアを叩く 〈続きを読む〉