お題:オレだよオレ、悪役 制限時間:15分 読者:444 人 文字数:578字

悪役として――。
 僕は父親を亡くした。
 見るも無残な姿だった。まだ物心がつくかつかないかという年齢だった僕もあの姿だけは忘れようとしても忘れられない。
 父さんはワルモノに殺された。大きな大きなやつに殺された。
 大きな大きなやつは何度も何度も父親を踏みつけた。もう死んでるのはわかってる。
 誰もがそう思ってもワルモノは父親を踏みつけるのをやめなかった。
 100回は踏んだだろうか。満足した表情でワルモノは姿を消した。
 泣いた。涙が出ないくらい泣いた。
 父を亡くしたという悔しさと何も出来ない自分へのいらだちがあふれ出てきて、僕は叫ぶことしかできなかった。
 言葉になんてできなかった。

 僕はそれからワルモノを倒すことだけを考えてきた。
 大きな大きなワルモノの足をよけるために瞬発力を鍛えた。
 大きな大きなワルモノに対抗するには自分で捨て身の攻撃をするしかない。
 毎日毎日壁にあたって特訓した。

 そして、ワルモノはやってきた。
 僕は必死につっこんだ。もう命なんて惜しくなかった。ただワルモノを倒しさえすれば――。

 ただ今回のワルモノは踏んづけてはこなかった。
 その代わりに僕の方にやってきたのは炎だ。

 なすすべがなかった。

 俺はだんだん体が焼け焦げてるのがわかった。
 目の前には巨大な赤い帽子で髭の男がいつまでも立ちすくんでいた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:高遠 お題:オレだよオレ、悪役 制限時間:15分 読者:386 人 文字数:634字
「どうしてイヤホンってすぐ絡まるのだろう」 10秒で忘れてしまうようなくだらない会話の途中、友だちのイノがふっと真剣な顔つきになっていった。 私も「それはもはや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梨子 お題:オレだよオレ、悪役 必須要素:入れ歯 制限時間:15分 読者:249 人 文字数:455字
「オレだよ」そう言われて顔をあげると、俺を縛り上げていたのは確かに見知った顔で。ぼろぼろになって拘束されている俺を見て、とても楽しそうに笑っていた。「なあ、オレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:肌寒い社会 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:883字
しばらく自分のものでない思考の海をさまよっていた。行ったことのない馴染みの店で、見たことのない恋人と、今夜食事をするらしい。自分ではない男は緊張している。大切 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:東京の失敗 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:887字
大都市東京。世界有数の大都市だった東京はわずか数十年でその見る影もなくみすぼらしい姿になっていた。理由は一つ。高度なAIによる雇用の喪失だった。単調な作業を人間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:四畳半カバネ お題:潔白な秘部 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:519字
自身の理想とは、果てなく脆い。際限なく求めてしまう。しかし現実がすぐに水を差す。そして悟るのだ。自分はいかに矮小であるかを。正しさを求めていた。誰もが正しさを重 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:穏やかな魔物 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1013字
窓から差し込む柔らかな日差しが、教室中に降り注ぐ。単調なリズムで読み上げられる古文の調べは、昼食を終えたばかりの生徒たちにゆっくりと、かつ確実に魔物の侵略を許 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鐘辺 完 お題:俺の秋 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1020字
「秋なんです」「今は冬ですよ」「私は秋なんです」「わかりました。あなたは秋なんですね。それでいいです。話を続けてください」「今は私以外が秋でなくても秋の食べ物が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふす お題:楽観的な帝王 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:451字
「もう、嫌だ」そのだだっ広い空間にコットリ国の帝王の声が響く。何を言っているんだ?またか、この王は…と大臣たちはいつもの事だとでも言うようにため息を飲み込んだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:当たり前の子犬 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:557字
サンタクロースが来たことはなかった。保育園のお遊戯会や、お友達とのお話で出るその人は、地球上を一晩で回りきり、世界中の子どもたちの夢を叶えてくれるらしい。私の家 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:i お題:当たり前の子犬 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:588字
君は子犬になるといいよ。これからは僕の犬だ。私の人権を無視したその発言が、私を救ってくれたなんて誰にも言えるはずがない。かわいそうだね、と笑いながら私を拾い上げ 〈続きを読む〉

すみやきの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:愛すべき螺旋 制限時間:15分 読者:492 人 文字数:464字
朝起きると、私は螺旋の上に乗っていた。 いつものことだ。 私はいつも目覚めると螺旋の上にいて、ただひたすら人を待つ。 昔はもっと私のように螺旋に乗ってるやつも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:389 人 文字数:504字
びしょ濡れなんてもんじゃなかった。 濡れる……というよりもう自分自身が水分になった気分。 ひたすら汚れた俺にとって久々のシャワーだ、なんて喜んだのは一瞬のこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:意外な扉 制限時間:15分 読者:390 人 文字数:559字
「ドラえもーん。スネ夫が新しいゲームを買ってもらったんだって! 僕も新しいゲームが欲しいよー」「まーた、のび太くんはそんなことばかり言って! しょうがないだろ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:右の洞窟 制限時間:15分 読者:422 人 文字数:613字
我々探検隊は今決断の時を迎えている。 左の洞窟に入るか、右の洞窟に入るかだ。 見た目は全くかわらない。同じような洞窟が2つ。おそらくこれは自然にできたものでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:いわゆる洞窟 制限時間:15分 読者:441 人 文字数:695字
気がついたらびしょ濡れだった。 自分がびしょ濡れだと言うのに、なぜか全く寒くはなかった。逆に少し暖かいくらいだ。 周りを見渡すと真っ暗だった。ただ自分が生暖か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:赤い吐息 制限時間:15分 読者:479 人 文字数:707字
「はあ……今日も叱られちゃったよ。 だってしょうがないじゃん。 電話対応してて、不意にタメ語がでちゃうのだって。 別にこっちはわざとしてるわけじゃないんだからさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:オレだよオレ、悪役 制限時間:15分 読者:444 人 文字数:578字
僕は父親を亡くした。 見るも無残な姿だった。まだ物心がつくかつかないかという年齢だった僕もあの姿だけは忘れようとしても忘れられない。 父さんはワルモノに殺され 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:最後の馬鹿 制限時間:15分 読者:365 人 文字数:281字
片目をつぶった男は葬儀に遅れてやってきた。 遅れてきたのにその男は悪びれる様子が一つもない。 仏を前にしても涙を流すわけでも、悲しみをこらえるわけでもない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:10の諦め 制限時間:15分 読者:432 人 文字数:690字
「ねえ、ねえ、もうああきらめようよー帰ろうよー。 絶対ないって絶対。ね? 人生あきらめが肝心。そう思わない? みんな! だってそうじゃん。もう、ずっと探してるけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:オレだよオレ、借金 制限時間:15分 読者:434 人 文字数:740字
「おい! いるのはわかってんだぞ」 やつは僕の部屋をひたすら叩く。「オレだよ。オレ。なあ、わかるよなあ。オレが来たら何をしなきゃいけないかがさあ!」 ドアを叩く 〈続きを読む〉