お題:オレだよオレ、悪役 制限時間:15分 読者:427 人 文字数:578字

悪役として――。
 僕は父親を亡くした。
 見るも無残な姿だった。まだ物心がつくかつかないかという年齢だった僕もあの姿だけは忘れようとしても忘れられない。
 父さんはワルモノに殺された。大きな大きなやつに殺された。
 大きな大きなやつは何度も何度も父親を踏みつけた。もう死んでるのはわかってる。
 誰もがそう思ってもワルモノは父親を踏みつけるのをやめなかった。
 100回は踏んだだろうか。満足した表情でワルモノは姿を消した。
 泣いた。涙が出ないくらい泣いた。
 父を亡くしたという悔しさと何も出来ない自分へのいらだちがあふれ出てきて、僕は叫ぶことしかできなかった。
 言葉になんてできなかった。

 僕はそれからワルモノを倒すことだけを考えてきた。
 大きな大きなワルモノの足をよけるために瞬発力を鍛えた。
 大きな大きなワルモノに対抗するには自分で捨て身の攻撃をするしかない。
 毎日毎日壁にあたって特訓した。

 そして、ワルモノはやってきた。
 僕は必死につっこんだ。もう命なんて惜しくなかった。ただワルモノを倒しさえすれば――。

 ただ今回のワルモノは踏んづけてはこなかった。
 その代わりに僕の方にやってきたのは炎だ。

 なすすべがなかった。

 俺はだんだん体が焼け焦げてるのがわかった。
 目の前には巨大な赤い帽子で髭の男がいつまでも立ちすくんでいた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:高遠 お題:オレだよオレ、悪役 制限時間:15分 読者:377 人 文字数:634字
「どうしてイヤホンってすぐ絡まるのだろう」 10秒で忘れてしまうようなくだらない会話の途中、友だちのイノがふっと真剣な顔つきになっていった。 私も「それはもはや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梨子 お題:オレだよオレ、悪役 必須要素:入れ歯 制限時間:15分 読者:243 人 文字数:455字
「オレだよ」そう言われて顔をあげると、俺を縛り上げていたのは確かに見知った顔で。ぼろぼろになって拘束されている俺を見て、とても楽しそうに笑っていた。「なあ、オレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:茶色い小説の書き方 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1047字
なんでこんな会社に勤めたんだろうかと数年前を思い出すが、やっぱりこの仕事しかなかったなと思う。めんどくさいことは不得意だし、淡々と同じことをするのはしようにあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Mazzn1987 お題:茶色い顔 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:486字
エイトビート。 裏拍。 下がるのではなく、スネアのタイミングに弾むように。 西日が差し込むサークル棟の部室で青年はギターを弾いていた。 定期考査を控えた大学の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dソルト@『永久パピルス』 お題:茶色い顔 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:805字
テイラーは地面に張り付いたかのように動かなくなった。肉が、骨がという状態ではない。地面にという絨毯に描かれたグロテスクな模様になったのだ。ナンシーはそれを見てあ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:黄色い人 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:952字
娘の通っていた幼稚園の参観日に行った時のことだ。 少し時間が早かったので、わたしは娘のいる教室の前に張り出された絵を眺めることにした。 恐らくは、自分と友達を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
壊れた戦車 ※未完
作者:表田 圭 お題:戦争とガールズ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:615字
遊具など一つもない、だだっ広い公園。ベンチがいくつか設置されているくらいで、散歩の途中の老人やランニング中の人、犬と散歩をしている人がぽつりぽつりと点在してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
お茶会 ※未完
作者:ぽつタイプライター お題:奇妙なお茶 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:536字
「匙の先が上に向いているやつは睡眠薬が入っているので、飲まないように」 事前にそう伝えておいたはずだったが、娘はこちらを挑発するように睨み、真っ白い手を一番に盆 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ねじれる世界 ※未完
作者:雷藤和太郎 お題:ねじれた屍 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:896字
遺体は無残にも水を絞られた雑巾のようにねじられて、その亡骸は実際に干からびていた。「むごい……」 あまりの様子に口をおさえて呟くが、いまいちそれが人間の遺体に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:神野 お題:やわらかい表情 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:667字
彼女は、いつも何を考えているのか分からない表情をしていた。俺も以前は他のクラスメイトと同じく『人の思考が読めるという理由から恐れられている人』という認識であった 〈続きを読む〉

すみやきの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:愛すべき螺旋 制限時間:15分 読者:473 人 文字数:464字
朝起きると、私は螺旋の上に乗っていた。 いつものことだ。 私はいつも目覚めると螺旋の上にいて、ただひたすら人を待つ。 昔はもっと私のように螺旋に乗ってるやつも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:382 人 文字数:504字
びしょ濡れなんてもんじゃなかった。 濡れる……というよりもう自分自身が水分になった気分。 ひたすら汚れた俺にとって久々のシャワーだ、なんて喜んだのは一瞬のこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:意外な扉 制限時間:15分 読者:369 人 文字数:559字
「ドラえもーん。スネ夫が新しいゲームを買ってもらったんだって! 僕も新しいゲームが欲しいよー」「まーた、のび太くんはそんなことばかり言って! しょうがないだろ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:右の洞窟 制限時間:15分 読者:406 人 文字数:613字
我々探検隊は今決断の時を迎えている。 左の洞窟に入るか、右の洞窟に入るかだ。 見た目は全くかわらない。同じような洞窟が2つ。おそらくこれは自然にできたものでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:いわゆる洞窟 制限時間:15分 読者:415 人 文字数:695字
気がついたらびしょ濡れだった。 自分がびしょ濡れだと言うのに、なぜか全く寒くはなかった。逆に少し暖かいくらいだ。 周りを見渡すと真っ暗だった。ただ自分が生暖か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:赤い吐息 制限時間:15分 読者:468 人 文字数:707字
「はあ……今日も叱られちゃったよ。 だってしょうがないじゃん。 電話対応してて、不意にタメ語がでちゃうのだって。 別にこっちはわざとしてるわけじゃないんだからさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:オレだよオレ、悪役 制限時間:15分 読者:427 人 文字数:578字
僕は父親を亡くした。 見るも無残な姿だった。まだ物心がつくかつかないかという年齢だった僕もあの姿だけは忘れようとしても忘れられない。 父さんはワルモノに殺され 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:最後の馬鹿 制限時間:15分 読者:354 人 文字数:281字
片目をつぶった男は葬儀に遅れてやってきた。 遅れてきたのにその男は悪びれる様子が一つもない。 仏を前にしても涙を流すわけでも、悲しみをこらえるわけでもない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:10の諦め 制限時間:15分 読者:413 人 文字数:690字
「ねえ、ねえ、もうああきらめようよー帰ろうよー。 絶対ないって絶対。ね? 人生あきらめが肝心。そう思わない? みんな! だってそうじゃん。もう、ずっと探してるけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:オレだよオレ、借金 制限時間:15分 読者:416 人 文字数:740字
「おい! いるのはわかってんだぞ」 やつは僕の部屋をひたすら叩く。「オレだよ。オレ。なあ、わかるよなあ。オレが来たら何をしなきゃいけないかがさあ!」 ドアを叩く 〈続きを読む〉